調所笑左衛門広郷(ずしょ しょうざえもん ひろさと)

1776(安永5).2.5〜1848(嘉永1).12.18

 

安永5年川崎主右衛門兼孝の子として生まれ、13歳で調所清悦の養子となる。23歳で江戸詰となり

元藩主島津重豪(しげひで)付きの茶道となり、御茶道頭、御小納戸頭取、御取次見習といった重豪と

藩主島津斉興(なりおき)の連絡役を勤めた後、47歳で町奉行に就任し初めて諸政を担当する。

50歳で再び君側に復帰した3年後の文政10年、重豪から自分の代理人として財政改革の大任を奉じ、

家老中にも指示せよとの上意が下る。目的は(1)10年間で50万両の積立金を作る(2)500万両に及ぶ

借金の証文を取り戻すことである。その後、改革資金調達に死力を尽くす姿に感銘を受けた、浜村孫兵衛ら

大阪商人達や財政家佐藤信淵など、武士、町人といった身分の上下を越えた協力を得て改革を押し進める。

改革開始から8年目の天保7年、500万両に及ぶ藩債の250年賦償還法を大阪で施行し、事実上の借金

踏み倒しに成功。その後も引き続き改革を行い、財政改革、農地改革、交通網、治水の整備、軍制改革など

を推進するが、嘉永1年、江戸桜田藩邸で毒をあおり自殺。享年73歳。

 

注目理由

 薩摩が維新の時に他の藩と違って新型の蒸気船や鉄砲を大量に保有し羽振りが良かったのは、一世代前に

500万両に及ぶ借金を踏み倒し、すべての責任を取って自殺した家老が居たからだと聞いたことがあり

ました。しかし、誰だかわからないまま10年、ようやく担当者「調所笑左右衛門広郷」を発見。

調べていくと、500万両の借金(ちなみに薩摩藩の年収は12〜14万両、年間利息だけで年80万両を

越えるから、こんな借金払える訳無い)は踏み倒したのではなく、無利子250年払いにさせて明治5年

まで35年間真面目に払ってたり、財政改革や殖産、農業改革にも成功してたり、まさに薩摩の救世主。

 

しかも、彼は借金踏み倒しの責任を取って死んだのではなく、島津藩主(島津斉興)とその息子(島津斉彬)

の権力抗争の矢面に立ち、その憎悪を一身に受けたためだったのです。斉彬は父から権力を奪うための最後

の手段として幕府老中阿部正弘に薩摩が行っている「密貿易」の秘密を密告したため、責が藩に及ぶのを

防ぐために、調所は自ら毒をあおらざるを得なかったのです。おいおい、斉彬、それはやっちゃ駄目だろ。

 

その後、斉彬派の西郷や大久保が明治維新の立て役者となったため、調所家は徹底的な迫害を受け一家は

離散します。歴史は勝者の物という訳ですかね。また調所が使えた、それぞれに苛烈な個性を持つ3人の

藩主(重豪、斉興、斉彬)も興味深いですね。

 

参考文献

(1)幕末の薩摩 悲劇の改革者、調所笑左衛門 原口虎夫 中公新書

調所を世間に紹介した本であり、比較的手に入れやすい本。調所の功績だけでなく、西南諸島の

砂糖栽培における奴隷化の推進や農地改革の際に新たに検地を行わなかったこと、商品作物栽培

のための農民への過酷な要求なども書かれており、ちゃんとした研究書である。特に、500万

両踏み倒しを断行し、貨幣不足対策に偽金作りまで行う藩主「島津斉興」が恐い。重豪似の斉彬

が浪費することで起こる財政再崩壊を恐れて、彼が40歳を過ぎても代譲りしなかったのだから、

名君の誉れも高い斉彬ですら斉興から見れば危なっかしい子供に過ぎなかったわけだ。しかし、この親子の対

立故に斉興は調所と共に斉彬派の手によって歴史から抹消されたのであるから、ほとんどとばっちりの様な気

もする。

 

(2)文政十一年のスパイ合戦 検証・謎のシーボルト事件 秦新二 文春文庫

著者によって発見されたライデン大学所蔵のシーボルトの日本コレクションを元に虚飾に

彩られたシーボルトの本当の姿を暴き出し、シーボルト事件の真の目的を指摘した作品。

学術研究的内容でありながら、真実の持つ力ゆえ通常小説などより遙かに面白い本。この本

ではシーボルト事件を、将軍家斉が、妻の父親であることを笠に着て、平気で鎖国の禁を破り、

中国、オランダとの密輸を繰り返す島津重豪の動きを封じ、自己の政治基盤を確固たる物に

することが真の目的であったとしている。島津重豪の当時の政界における影響力の大きさと、オランダ館長

と共謀し平気で密輸を行うような破天荒さがよくわかる本。常人の何倍も頭が良く、度胸もあるが、殿様なの

で経済のことだけはちょっと苦手。気に入らない部下はバンバン切腹させる。この殿様に部下として仕えた

人はさぞかし大変だったことでしょう。( -o-).O

あとシーボルト事件で捕らえられた人物に「西丸裏御門番頭男谷彦四郎組同心 浦野五郎」って人が居ますが

この上司、男谷彦四郎は勝小吉の兄ちゃん(長兄)だね、たぶん。

 

(3)林蔵の貌(上)(下) 北方謙三 集英社文庫

(2)の本による最新資料を基に、水戸の徳川斉昭による蝦夷地開拓計画をからめて書かれた「林

蔵−シーボルト事件」小説。この本ではシーボルト事件は、重豪に男の夢を殺された復讐として

林蔵が起こしたとしている。そして事件により密輸を厳禁され、幕政への影響力も奪われた重豪

は薩摩が財政的に立ち直る可能性をすべて奪われ憤死したとする形で終わる。

しかし実際には、シーボルト事件勃発とほぼ同時に重豪は調所へ財政再建を命じてます。事件に

より密輸への監視は厳しくなるものの、その他の改革は順調に進行しており、事件摘発の5年後に重豪が死ぬ時

には、結構将来を楽観して死んだ気もしますねぇ。北方謙三の歴史物としての出来は中くらい。ベストはいまだ

に北畠顕家を描いた「破軍の星」だと思ってます。間宮林蔵については彼の項目参照の事。

 

(4)南国太平記()() 直木三十五 角川文庫

直木賞の由来となった作家直木三十五の代表作。重興の側室「お由羅の方」が自分の息子

久光を島津藩の藩主とするために斉彬と彼の子供を呪詛したとの噂を発端にした「お由羅騒

動」を描いている。こんな噂が出ること自体、斉彬とお由良派(=重興)の権力抗争の激し

さが世間に喧伝されていたことがよくわかる。ちなみに、お由羅方の陰謀を阻止しようと

活躍する主人公は「益満休之助」。

 

(5)島津重豪 芳即正 吉川弘文館 

調所に天保の財政改革を指示した大隠居『島津重豪』の始めての伝記。中国語がぺらぺら

で、植物学、鳥類学、天文学、医学と和洋中を問わない広範な知識欲には驚嘆しますな。

鹿児島の盛り場「天文館」って重豪が作った天体観測施設が基になってるのね。だいたい、

当時の日本では日の出から日の入りまでを等分割して1刻を決めていたため、夏と冬では

1刻の長さが異なるのを非合理的とし、西洋式の24時制に変えちゃうってのが凄い!

 普通、納得がいかないからって、時間の基準単位をいじったりはしないよなぁ。(^^;

また、借金が急増した原因を、120万両ほど有った借金を重豪の時に踏み倒したため、商人がお金を貸し

てくれなくなり、高利貸しから借りざるを得なくなったため、雪だるま式に借金が増えたとのこと。今で

言えば、メインバンクに見捨てられてサラ金に金を借りたのと同じか。そらー、破産するよな。

 

(6)調所広郷 芳即正 吉川弘文館 

(1)以降に出た、もっともまとまった調所の伝記。出版は(5)より後だが、こっちだけが

絶版になっているため、入手はちと困難。調所がずっと重豪付きだったと言う従来の説の

間違いを指摘し、比較的早くから斉興の下に使えていたことを示す資料や改革前の借金の

増え方など、新たな指摘も多い。調所の図版も2枚(像を含むと3枚)載っている。

薩摩では、一向宗がキリスト教徒同様に「禁教」とされており、信者が本山(西本願寺)

に寄進することで、藩からお金が流出するのを防ぐために、必要以上と思われる(石抱かせたり、木馬

に乗せて叩いたり等)過酷な弾圧を行っていたことを、この本で始めて知った。

この弾圧により多くの農民が逃散し、農地の荒廃を招いたことが、調所の改革中、農政改革があまり

大きな成果を上げることが出来なかった原因としているが、そりゃそーだろって感じッス。(^^;

 

(7)肥後の石工 今西祐行 講談社文庫 

調所の残した業績の一つに鹿児島の甲突川に5つの美しい眼鏡橋をかけさせたことが、

(1)  の本でも取り上げられているが、この物語の主人公はその石橋をかけた伝説的石工

の頭領「岩永三五郎」。その卓抜した技術だけでなく、雨の日に川底に潜り、建設中の

橋脚がしっかりしているか確認するなど、職人の鏡として伝えられている。

しかーし、この物語では殿様(島津斉興)により、部下の職人達を橋の秘密を守るため

 殺され、ただ一人命を助けられた悲劇の人物として描かれている。この話が史実かどうかはわからない

が、斉興はやりそうで恐いなぁ。(^^;

日本児童文学者協会受賞作とのことなので子供向けと舐めていたが、読み出したらすんげぇ面白いの。

まぁ、定番の展開とはいえ、改心して三五郎の元で働く人斬り専門の侍のキャラなどとても出来がよい。

中学生の読書感想文なんかにどうでしょ?

 

(8)二本の銀杏 海音寺潮五郎 文春文庫 

肥後の石工」で描かれた石橋の工事同様、調所の改革時に行われた川内川開削。船の

往来を阻害する岩々を爆砕して船による運送を可能にする工事を指揮した郷士が主人公。

前半は調所改革を底辺で支える、若く精力的な下級武士の活躍を描いているが、後半は

上司の妻との不倫が主体になっちゃって、調所ファンとしてはちっとがっかりするかも。

まぁ、これが海音寺潮五郎の作風といえば作風か。実在のモデルを持つ主人公のキャラ

単純だが、豪快でいい感じ。調所はかなり物分りの良い家老として登場する。南国太平記で不思議

だった「山伏」の存在が、薩摩には武士と山伏を兼任し敵の呪詛調伏を行う「兵頭家」という身分の者

がおり、社会的にその地位を認められていた事がわかって、ちょっと嬉しい。

 

(9)益満休之助 直木三十五 角川文庫 

南国太平記」の続編で江戸でのテロ活動から彰義隊討伐での死までを描く。とはいえ

真の主人公は益満ではなく「南国〜」で片腕を切断されたスリの庄吉。愛情と意地の為に

惚れた女を殺し、すべてを捨てて上野の山に飛び込んでいく姿を、愛惜と深い感情移入を

持って描いている。「粋(いき)」という概念が「色−意地−諦念」の高い次元での

バランスによって成っているとすると、その「粋」の悲しい面を抽出したような作品で、

個人的には「南国〜」よりずっと好き。文中で益満に「調所の改革によって資金を蓄えていたからこそ、

薩摩による回天(討幕運動)が可能だったのだ」と語らせているが、当時としては他の誰も考えていな

かったような視点であり、その先見性は大したものである。

 

(10)調所笑左衛門−薩摩藩経済官僚 佐藤雅美 人物文庫 

調所が単品で主人公になっている貴重な小説。とはいえ前半ほとんどは藩の財政建て直

しに奮闘する重豪の姿を描いていて調所はほとんど登場しない為、内実を知らない人には

ちとキツイかも。調所のキャラは、経済官僚としての調所の面を強調しすぎていて、農地

改革や兵制改革にほとんど触れていない事や、実際は50〜70歳の人物が30〜40歳にしか

感じられない点など有るものの、感情移入もしやすく良いのでは。調所を主人公にして書

いた場合、必ずそうなってしまうのだが幕末の名君「島津斉彬」が、卑劣非道な人物としてきっちり

描かれている点は小気味良い。蘭癖大名の嚆矢ともいえる重豪を「学問嫌い」でくくってしまうのはい

かがなものかとも思うが、重豪と斉興のキャラは秀逸。特に30年近くそばに置きながら、調所が「使え

る人物」だということ気がついていなかったのだとしたら、自分は頓馬もいいとこではないかと感じ、

調所に辛く当たる重豪は実に良い。調所ものとして読んで損は無い作品でござる。

 

(10)薩摩燃ゆ 安部龍太郎 小学館文庫 

ついに登場した笑左衛門を主人公にした小説の決定版。作者の安部龍太郎さん、本当に

骨太な立派な作家になられましたねぇ。安部さんあっしの大学の先生の先輩でしたが、

「読んだけどたいしたこと無い。」って言われちゃっており、当時はあっしも「確かに

その通りだな。」と思ったものですが、最近の作品にはそんなことを言わせないだけの

力がありますよねぇ。豪重の先見、出雲屋の侠気、斉興の聡明さと残虐さ、世に英

明君主として仰がれる斉彬の世間知らずのボンボンっぷり(笑)と、登場人物のキャラクター立て

はほぼ完璧。その上、砂糖地獄、門徒衆の弾圧、偽金作りなど、笑左衛門の功績だけではなく修羅と

も言うべきダークサイドを書ききったところが凄い。ラストは好き嫌いの別れる所だと思いますが、

あっしは最後の最後までドキドキさせてくれたという意味で評価してます。斉興の気分が悪くなる位

の悪役っぷりも素敵。西郷や大久保を引き立ててるのはやり過ぎとは思うが、まぁ、そこは小説の面

白さ優先と言うことで。後書きを子孫の方が書いているのもグッドな超おすすめ作品。あと「文政十

一年のスパイ合戦」は読んでおかないと、ちょっと訳わかんない所有ります。映画にしてもいいと思

いますが、主人公が爺さんなのがネックか。(苦笑

 

関連人物

・島津重豪 ・島津斉興 ・島津斉彬 ・間宮林蔵 ・阿部正弘 

 

戻る