山上宗二(やまのうえ そうじ)

1544(天文13)..〜1590(天正18).4.11

 

安土桃山時代の茶匠。利休の一番弟子。堺の山上に住んだので山上を姓とした。屋号は薩摩屋。

瓢庵と号した。父は堺の数寄者山上宗壁。名は三二。利休に茶を学ぶこと20年、利休茶道の極意を

皆伝された。信長に茶を持って仕え、李安忠の「馬の絵」「紹鴎小霰釜」「雀の絵」を拝領して、愛顧

を得ていたことが知られる。信長の死後は秀吉に仕え、元正10年(1582)正月の姫路城、同年11月の

山崎妙喜庵の侍庵等の茶会で茶頭をつとめている。秀吉の茶頭八人衆の四位に数えられたのもこの頃

である。同11年以降、宗二は浪人をするが、「長闇堂記」はその原因として容貌が醜い上に毒舌家で

あったからだとしている。浪人中は相模小田原に下り、北条氏の客分となって関東に茶湯を広めた。

しかし、秀吉に対して毒舌を吐いたのであろう。耳と鼻を削られ、斬刑に処せられたという。

霊昭女の絵、虚堂の墨跡、宗壁肩衝などを所持した。著述に「茶器名物集」「山上宗二記」がある。

 (茶道人名辞典より)

大徳寺の古渓宗陳は宗二の一周忌に当たり、その年の2月に宗二の師であり、古渓の盟友である

利休が秀吉から切腹を命じられて果てたにも関わらず、宗二の息子伊勢屋道七に「瓊林(けいりん)」

という、宗二の諡号を書き与えた。「瓊林」とは、「玉のように美しい人」の意とのこと。

 

注目理由

たぶん茶道のことで秀吉に逆らい続けて都を追われ、関東の北条家に拾われたものの、

秀吉の北条攻めの際に捕まり、耳と鼻をそぎ取られて処刑された人物。

って、一介の茶人の分際で天下人の秀吉に逆らうかぁ、普通

近衛前久の所でも書いたけど、秀吉はそれまでの日本の歴史では考えることも出来なかったほどの

超絶絶対君主」だぞ。だとすると、日本史でもまれな「強情者」ですね。

しかし、北条家が滅びた要因として「京から来た宗二つー奴のせいで、家中に茶のブームが起こり

武士の本分を忘れるほどはまってるのが大勢居る」と言われたほど、死の直前まで茶の打ち込んで

いた様であり、その激しい生き様とガッツが気に入ってます。(^^)

 

参考文献

(1)山上宗二記の研究 桑田忠親 河原書店

著者は茶道研究史及び安土桃山期の歴史研究で有名な人物。その活躍ぶりは参考資料

(1)〜(5)までが同じ著者の本になっちゃったことからも伺えることでしょう。(^^;

それまで茶道の奥義書としてもっとも権威が高いとされていた「南方記」が江戸時代

に書かれた偽書であると判明する以前から、その資料的価値に対し疑問を投げかけて

いました。そして写本が何通か伝わるのみだった「山上宗二記」を年代順にまとめ上

げて、利休直系の茶道の奥義書としての存在を世間に知らしめたのがこの本。

おいらは宗二個人が気になっていたので購入したが、「名物茶器」の写真も豊富で、茶道に興味のある

人ならかなり楽しめる本だと思います。

宗二には息子(伊勢屋道七)がいるんですが、この息子も時の最高権力者「徳川家康」の茶の作法

に、けちを付けて追放されてます。おいおい、親の死に様を知ってるんだから、学習しろよなぁ。

しかし、その息子を通じて利休→宗二と伝わった数寄の奥義は江戸時代に盛んになった「石州流」

の中に受け継がれていったのです。宗二の死によってすべてが失われたわけじゃないんですね。

良かった、良かった。

 

(2)茶道の歴史 桑田忠親 講談社学術文庫

茶道の歴史について行った講演内容をまとめた本。その時代を代表する茶人を例に

挙げて説明しており、とてもわかりやすい。著者の本の中では押さえておくべき

1冊だと思います。これを読んでおくと他のお茶関係の本を読むときとても楽です。

この本の中でも「山上宗二記」が最良の資料として取り扱われています。

 

 

(3)茶道人名辞典 桑田忠親 東京堂出版

宗二のことが載ってないかと思い購入。少しとはいえちゃんと載ってたので一安心。

かなーりマイナーな人物も載っており、別に茶事のことだけ書いてるわけでもないので

当初考えていたより使える本。もっとも「茶道」人名辞典と呼ぶには茶に関する記載が

少なすぎる気もする。(^^;

 

 

(4)千利休 桑田忠親 中公新書 (→高山右近 細川忠興

著者の本の中でもっとも有名で広く読まれている本。利休の死の原因を、身分の明確化

を図る秀吉にとって、町人でありながら非常に大きな権力を持っていた利休と堺商人ら

「町衆」の存在自体を許すことが出来無くなっていたためであるとし、茶道の美意識上

の対立説や利休の秀吉毒殺説等を否定している。

フロイスの「日本史」にも堺商人への弾圧が描かれており、刀狩りに見られるような

身分制度の固定化が中世と近代とを大きく区別する要素の一つであることを考えると、この結論は

妥当かつ説得力がある説と考える。あと、秀吉の弟「秀長」が利休処罰の直前に亡くなっていなければ、

利休は切腹ではなくを追放程度で済んでいた可能性はあるよな。

 

(5)古田織部の茶道 桑田忠親 講談社学術文庫

宗二と同じく利休から紹鴎流の茶の秘伝を伝授された人物。「山上宗二記」とほぼ同じ

内容の物が「古田家数寄之大事」として伝わっている。

利休の茶を厳密に継承したらしい宗二と異なり、織部は自己の美意識を積極的に茶道に

取り入れ、利休の「わび茶」より華やかで明るい美と空間を作りだしています。

「織部焼き」の茶碗の意匠などが今でも有名ですね。利休好みの茶碗と異なり、大胆で

力強い「わかりやすい美しさ」が特徴です。

将軍秀忠の茶道指南役として権勢を振るった彼も、大阪夏の陣で豊臣が滅んだ後、豊臣方に荷担した

罪を問われて切腹してます。うーん、この人も真っ当に死んで無いなぁ。

ちなみに茶人として有名になる前は右近の宿敵「中川清秀」に仕えてます。清秀の義弟(妹婿)なんで

すねぇ。右近の所で書いたように、「荒木村重の乱」の時に清秀は右近の意見に反対し信長に対する徹底

抗戦を説き、村重と右近を死地に追い込みながら、自分はさっさと信長に降服しちゃうんです。(^^;

この時、清秀の気を変えさせたのが妹婿の織部だったようです。宮沢りえ主演の「豪姫」では仲代達也

が演じてたはずです。

 

(6)茶将高山右近 浅田 春陽文庫 (→高山右近) 

珍しく宗二が何度か登場してくる小説。資料の絶対量が少ないので、所詮このページに

書いてあるようなエピソードしか出てこないが、歯に衣着せない生意気な若造ッぽさは

出てます。せっかくだから、秀吉にどのように楯突いたかをちょっとで良いから書いて

欲しかったなぁ。それを描くことで、主人公「高山右近」や利休の生き方と対比するこ

とも出来たと思うんだけどなぁ

 

(7)細川幽斎・忠興のすべて 米原正義 新人物往来社 

細川一族についてざーっとまとめた本。この中の忠興の茶道について書かれた項に、

忠興が最初に茶を学んだのが「薩摩屋宗二」こと山上宗二だったことが記されてます。

三斎こと忠興の茶は利休のわび茶を厳格に受け継いだ、「強い」茶として知られています。

忠興の師は宗二と利休だけのようですから、宗二の茶もわびに徹したシンプルで強い茶

だったのでしょうねぇ。まぁ、この辺りはもろキャラクターが出るんでしょうけど。(^^)

 

(8)武将と茶道 桑田忠親 講談社文庫 

著者唯一の短編小説集。宗二研究家として知られる人物だけあって、宗二を主人公と

した1編を収録。著者の思い入れの深さもあり、宗二をひたすら茶道に邁進した人物

として過不足無く描いており、満足感のある作品に仕上がっている。たぶん作者も、

お気に入りの作品だったに違いない。(^^)

 

 

(9)千利休とその妻たち 三浦綾子 新潮文庫 

千利休とその後妻“宗恩”こと“おりき“が出会い、結ばれ、死によって分かたれる

までを描いた作品。宗二はいつまでも世間ずれしない純粋で真摯な頑固者として登場。

他の本と比べても格段にかっこよく描かれてます。その分、利休がかなり泥臭くなっ

ちゃってますね。いい意味で言うと人間味にあふれており感情移入しやすいキャラで

すが、茶道関係者からは不評だったろうなぁ・・。キリシタンへの肩入れが、ちとき

 ついですが、かなーりいい雰囲気で終盤まで楽しめました。でもラストは、利休の死の描写といい、

三成が宗恩を殺しちゃったりと、ちょっとそれは無いんじゃねーのって感じ。宗恩死んでねーし。

歴史小説としては駄目駄目だが、壮年男女のロマンティックな恋愛小説としての出来はなかなか

のもの。おいらは三浦さんのこの手の作品結構好きですね。

 

(10)千利休−無言の前衛 赤瀬川原平 岩波新書 

勅使河原宏から映画「利休」のシナリオ執筆を挑まれた原平さんが、裁判という最も

縁遠い形を取ってまで向き合った前衛芸術の「創作者」としての視点と、路上観察や

トマソンに代表される「目撃者」、「新たな価値の発見者」としての目から、利休とい

う存在に取り組んだエッセイ。芸術家or目撃者として最前線で苦闘し、絶望した経

験に裏打ちされている所が、いつものお気軽エッセイとは若干異なる。パウル・クレー

のタッチを真似ようとして断念した若き日の自分の体験を、利休が人の真似をするのではなく自分

だからこその事をやれと警告し続けたことと絡めたりと、何となく岡本太郎の「今日の芸術」

ような匂いのある、なかなかの作品。実行を重視し、自らは書を残さなかった利休が、その寡黙さ

故に、利休の茶を定義付けようと苦闘する宗二を自分の一部として好ましく見ていたのではないか

という説は面白い。とはいえ、原平さんの他の作品を読んだことが無い純粋に茶道畑の人だと、

さっぱり意味不明で不愉快にすら感じるかも。(^^;

 

(11)へうげもの−1 山田芳裕 MORNNING_COMIC(講談社) 

宗二が何と漫画に登場!「デカスロン」の頃は正直勢いだけでしたが「ジャイアント

」でキャラクターの魅力も含め、漫画家として大きくなったなぁと思わせた山田氏の

最新作は、齢30を過ぎてさしたる武功もなく国持ち大名に出世しそうな気配も無いが、

茶の湯をこよなく愛する“数寄者古田佐助(織部)”を主人公にした戦国時代もの。

歴史ものの主人公にするにはマイナーな佐助の、出世には縁の無い小物ではあるが、

実直な視点で、武と数寄、策謀と実直の時代を描く。宗二は利休門下の兄弟子として、茶道に透徹し

ているが鼻持ちなら無い第一印象を抱かせる数寄者として登場。現在連載中の歴史漫画では「

風魔ハヤセ」と並ぶ、非常にお気に入りの作品だが、雑誌での人気が微妙か。何とか小田原攻めまで

もたせて欲しいものですが、どうかなぁ。個人的には氏の描く性格のきついおねーちゃんキャラが

好きなのでこの作品でも出してほしいです。(笑)

 

(12)山上宗二記−天正十四年の眼 五島美術館 

山上宗二記に取り上げられた名物212点のうち現存するもの約30点。それらを

集めて平成七年に催された五島美術館開館三十五周年記念“山上宗二記−天正十

四年の眼”展の図録。山上宗二記の記載に従い、現存する名物を大判のカラー

写真で示し、同時代の茶会日誌を列記することで、当時の茶人達がその中に見い

だした価値をわかりやすく示している。また、山上宗二記として新たに見つかった

巻子本である不審菴本の印影と翻刻を掲載している。豪華でわかりやすく、資料的価値も高い図録。

やっぱ、これだけしっかりしたカラー写真があると素人のあっしが読んでもかなり面白かったです。

この本はマジお薦め。“山上宗二記“自体、13種、50余冊もの写本が伝わっているとは思ってなかった

です。

 

(13)へうげもの−5 山田芳裕 MORNNING_COMIC(講談社) 

一時期、すっかり新説本能寺の変みたいな流れになってて、それはそれで面白かったも

のの、もう宗二は出ないのかなぁと思ってた“へうげもの“ですが、なんとこの巻では

宗二出奔を1話分を用いて描いてます。高山右近の追放と同じ扱いですから、かなりの

大抜擢。堺の町衆を圧迫し、武力に任せて名物茶器(唐物)を没収して回る武士階級に

対し、わびという新たな美と価値観を示すことによって、それに振り回される武士達を

嘲笑し、精神的には武士を越えんとしていた師の下からの一大決心の上の出奔。自らの新しい美意識を

知らしめるために秀吉らを利用し、時には妥協する利休と、数奇の道こそが堺の町衆にとって最後に

残された命の賭処(戦場)だと意地を通す宗二。これなら、小田原編まで書ききってくれそうな予感。

山田先生、頑張ってください!

 

(14)山上宗二記−付 茶話指月集 熊倉功夫校注 岩波文庫 

いやぁ、ぼーっとしてるうちに“山上宗二記“が岩波文庫から出ちゃってました。

底本は不審菴本とも称される表千家本。宗二直筆との説もあり、初心者向けに

書かれた本底本は文庫本とするには良い選択かと。本文の下段に注記の段を設け、

注記を確認する為のページ間の移動を不要とすることで、山上宗二記を当方の様

素人でも通読しやすい構成となっている。巻末の宗二についての論考や山上

宗二記研究の紹介もわかりやすくて良し。利休に関する説話を集めた“茶話指月集“共々、手

軽に読め、持ち歩くのも楽ちんです。まぁ、山上宗二記を持ち歩くというニーズがあるかどうか

は、別にして。(笑

 

(15)日本の茶書1 林屋辰三郎、横井清、楢林忠男編注 東洋文庫 

茶とその文化の歴史を日本で書かれた代表的な茶書をもって示す、日本の茶書の

第1巻。普通茶の歴史と言えば、太平記時代の闘茶か栄西による喫茶養生記(抹茶)

から始まることが多いが、本著では唐滞在30年を超え最澄と共に帰国後、自ら茶

の栽培を行い、喫茶(團茶)の習慣を中華マニアの嵯峨天皇に紹介した僧“永忠

の紹介から行っているのが凄い。その後、抹茶文化と禅宗の関係、利休らによる

茶の湯の発展、江戸中期に永谷宗円(お茶漬けの永谷園の先祖)によって生み出され我々の生

活に最も密着した茶である“煎茶“の誕生、永谷宗円とも交流のあった“売茶翁”の系譜を引く

煎茶道”の流行など、明治までの日本における茶の歴史を詳細に紹介している。その中で利休

によって確立された茶の湯の貴重な同時代資料として取り上げられているのが”山上宗二記“。

底本は堺市史第四巻資料編に“山上宗二記”の名で初めて取り上げられ、戦災によって失われた

南家本”。注記もわかりやすく、こちらも通読するにはさほど苦が無い構成。宗二だけでなく

茶の歴史を包括的に押さえるには最適な書です。

 

(16)利休と山上宗二 中田善明 京都書院 

宗二を主人公とした歴史小説。秀吉とそりが合わない宗二が、同じく秀吉が天下人

になることを快く思っていない今井宗久の使い走りをやっていたという設定は

ちょっとアレだが、それ以外は秀吉と宗二の対立を茶道における価値観(美意識)

の相違とする視点で描いた作品の中では、それなりに出来の良い作品。息子の伊勢

屋道七が家康の茶道になっていることを考えると、徳川家と北条家の橋渡しを勤め

ていたとする本書で描かれた家康と宗二の関係は興味深い考察だと思います。ただ、宗二を純な

茶人として書けば書くほど宗二があれほどまでに心酔した利休が“ぬるい人物”になってしまう

という弊害を避け切れていないのが惜しい所でしょうか。

 

(17)山上宗二記−茶の湯秘伝書と茶人宗二 神津朝夫 角川学芸出版 

“山上宗二記“を複数の底本から再構成して注釈を記した第一部と宗二及び山上宗

二記を新たな視点で解説した第二部からなる。秀吉が信長から茶会を開く許可を

得た極初期から宗二が秀吉の茶頭であり、宗二の号“瓢庵”と秀吉の旗印の類似性、

秀吉によって追放されていたとされる前田家御奏者時代にも秀吉に上賀茂神社への

寄進の嘆願を秀吉に行っていること、その後秀長の茶頭となり、出奔したとされて

いる高野山でも秀長と対面したと考えられる事などから、宗二と秀吉の間には従来言われていた

ような対立関係は基本的に存在せず、宗二は秀吉にとって監視の必要がある勢力に派遣される

“情報収集担当官兼外交官”の役割を担っていたのではないかという指摘は説得力もあり大変

興味深い。また、正月本と二月本の差異を実子など長年宗二の茶に接している上級者に向けた内

々の版と、生活の糧である茶の宗匠として、高い授業料を支払ってくれる初心者達向けのちょっ

ともったいぶった指導書である版が有るに過ぎないと言う指摘も興味深い。このところ立て続け

に読んだ宗二関連本の中では一番面白かった書です。題名に入門と銘打ってますが、まずは岩波

文庫版を読むなど一通り古典的宗二像を押さえてから読んだ方が本著をより楽しめると思います。

 

(18)山上宗二記研究一、二、三 茶の湯懇話会編 財団法人三徳庵 

五島美術館開館三十五周年記念展にて公開された不審菴本の発見を契機に進んだ

山上宗二記の最新研究成果を三徳庵(大日本茶道学会)の協力によりまとめた

研究書。第一巻が「総論」「研究史」「茶道具」「茶室」、第二巻が「所載情報」

「道具評価」「茶の湯論」「諸本比較」の論考、第三巻が平成7年11月21、22日に

五島美術館で行われた山上宗二記シンポジウムの記録となっている。桑田忠親氏

による“山上宗二記の研究”から長足の進歩を遂げた広範囲な研究の成果が取り上げられている。

個々の研究者のカラーも垣間見えて、しっかりした読み応えのある研究書であり、宗二に興味の

ある方はいろんな意味で必読かと。個人的には一巻の総論と研究史が大変面白かったです。

 

(19)草庵に光さす−山上宗二異聞 斎藤史子著 淡交社 

宗二の息子で伊勢屋の養子として真っ当な商人として生きる道七は、茶道に執心し、

家族を省みることなく、秀吉の怒りを買って惨殺されたとされる父、山上宗二の死

の真相を知る人物を探す旅に出た。宗二の生死を早い段階であっさり明記しちゃう

のはちょっとアレだが、なかなかしっかりした構成の宗二関連小説。愛人の創作は

不要じゃね?、とも思うが、著者が女性なので意見を仮託する人物が途中までは必

要だったのかと思うので、仕方なしか。

 

(20) へうげもの−7 山田芳裕 MORNNING_COMIC(講談社) 

宗二死すの巻。宗二ものの小説を読んでいて気になっていたのが、宗二を自ら

の意地を張り通し、自らの美意識に殉じた人物として描いてしまうと、利休が

その時点では現実や権力と妥協した小人物となってしまい、宗二が利休に心

していた事実と矛盾してしまうことでした。この矛盾を消化するのは難しか

ろうと思ってましたが、本著では見事に解決。そうか、怒ればよかったのか!

あの裏も表も知り尽くし、常に冷静さを失わない利休が、自らの身も社会的地位も破壊して

しまうほど激しく怒れば、それで万事説明がつく訳かと。ここまで踏み込んで描いているのは

小説も含めて、この作品だけなんじゃないですかね。山田先生、お見事です。ちなみにさりげ

なく宗二に北条氏康の助命をさせているのも中々です。

 

関連人物

・千利休 ・豊臣秀吉 ・古田織部 ・久保長世

 

戻る