高山右近(たかやま うこん)

1552(天文21)..〜1615(慶長20)..

 

摂津高山に飛騨守(洗礼名ダリョ)の長子として生まれる。幼名「彦五郎」。永禄7年(1564)父の

命により洗礼をうける(洗礼名ユスト、義の人を意味する)。父飛騨守が和田惟政の家老となり

高槻に移るが和田氏は戦死。天正元年(1573)クーデターを起こし、和田氏の遺児を退けて高槻城を

奪取するも、右近は戦闘で全治数ヶ月に及ぶ重傷を負う。完治後、隠居したダリョの跡を継ぎ高槻

城主となり信長に仕えた。

 

 天正6年(1578)直属の上司である荒木村重が信長に反乱を起こす。反乱を思いとどまるように村重

を説得し続け、妹と長男までも人質に差し出すが、交渉は決裂し反乱に巻き込まれる。

反乱が成功する可能性は皆無だが、大儀と将来性を取って信長に付けば、妹と長男と荒木方に付

いた父ダリョの命を失うことになるという苦渋の選択を迫られる。さらに信長は荒木方に付けば、

日本中のキリシタンを迫害すると脅しはじめた。悩んだ末、家督を父に返上して自分は修道士に

なるとすべてを捨てて出奔。右近配下の高槻城が信長方に付いたことにより反乱は収束し、人質

の命は助かり本領も安堵。ダリョは右近の助命により死を免れ、北荘(福井)への配流ですんだ。

 反乱後も信長軍の指揮官として活躍する傍ら、布教活動、教会を建てるなど日本キリスト教会の

重鎮として活動する。

 

 天正10年(1582)「本能寺の変」勃発。秀吉軍と共に中国攻めに出ていたが、秀吉の中国大返しに

同行。「山崎の合戦」以降の明智攻め、秀吉の天下を決定付けた「賤ヶ岳の合戦」では常に最前線

で戦い武将としての有能さは秀吉他、万人の認める所となる。また、この頃から千利休の高弟と

して茶人としても活躍し、茶を介して深くつきあうようになった他の武将達の多くをキリシタン

に改宗する手引きをした。秀吉の厚遇をうけ「小牧長久手の合戦」では秀吉の身辺警護に当たり、

高槻4万石から明石6万石と加増、転封。

 

秀吉に従い九州攻めに従軍していた天正15年(1587)、キリシタン禁令の発令と共に棄教を迫ら

れる。友人達の取りなしを受けるが棄教を拒否。小西行長の手引きで淡路島、小豆島に隠れる。

翌年、右近の才を惜しむ前田利家の斡旋で加賀に引き取られ、軍事顧問として小田原攻め、関ヶ

原の役で活躍。利家の死後は後継者利長の顧問として政治にも参加。家老扱いを受け、金沢城

修築、高岡城築城など建築の才も示す。利休高弟として茶を広める一方、追放されたキリシタン

武将(内藤如庵、宇喜多休閑)を前田家客将に世話するなど、ささやかながら布教活動を続けた。

 

 慶長19年(1614)、家康はキリシタン禁令を発令。宣教師、信者等の海外追放を命じる。右近は

 追放者の筆頭として挙げられ、家族と共に前田家を辞し長崎に集められ、ジャンクに乗せられて

 マニラに追放された。マニラでは「偉大なキリストの騎士」として市をあげた大歓迎を受けるが、

 到着直後から体調を崩し、翌年の63歳で病没。全マニラ市による10日間に渡る葬儀の執行を受

けてマニラのイエズス会墓地に葬られた。

 

注目理由

 秀吉によるキリスト教棄教を迫られて、あっさり明石6万石の大名の地位を捨てちゃった人物。

 大名でいるのに疲れていたとかじゃなくて、バリバリ仕事してるし、能力も秀吉に認められてる

 時なので、純粋に大名と宗教を比較して宗教を選んだわけだ。秀吉も、出世コースに乗っていて、

次は30〜50万石の大大名になろうかって時だったので、まさかあっさり大名辞めちゃうとは

思ってなかったようで、急遽、千利休に説得に行かせてます。確かに普通の人なら大名は辞めない

よな。たとえて言うなら、政府の後押しで急成長中の一部上場を果たしたばかりの会社の社長が、

すべてを捨てて出奔したようなもんですものねぇ。

 

 当初は単に「生真面目なキリシタン」ぐらいに捉えてましたが、調べていくと右近は上司(信長、

 秀吉ら)や同僚(前田利家、細川忠興、徳川家康、黒田如水ら)から非常に信頼され、愛されて

いるんですね。戦闘は強いし、築城技術も高い。民政は最高だし(「本能寺の変」時も高槻だけ

は暴動が起きてない)、ポルトガル語は使えるし、当時の最先端技術(鉱山開発等)も詳しくて、

茶人や文化人としても超一流。西洋の科学知識も豊富なようなので、当時の日本で彼に匹敵する

ほどの知識を持ってた人は居ないんじゃないかなぁ。

友達思いで面倒見が良く、しかも絶対裏切らない。これなら誰だって好きになるよな。

 だから今は、漫画「花の慶次」の主人公「前田慶次郎利太(とします)」や三国志の関羽の様な

キャラクターをイメージしてます。右近は二人よりずーっと知識レベルが高いですが、戦国時代を

生き抜いた戦人(いくさにん)達に「自分もこのように生きられたら・・。」と羨望の念を抱かせた

涼やかな人物って感じでしょうか。ジュストって洗礼名は、たぶん「ジャスティス」の意。

キリスト教の精神云々は別にして、すっごくゴーインマイウェイな所が気に入ってます。(^^)

 

 個人的には右近もだけど、彼のパパ「ダリョ」こと高山飛騨守がお気に入り。

 「難癖付けて潰したろ・・」と策謀してキリスト教徒を呼びつけ、話を聞いたらもっともなので

あっさり洗礼を受けたり(←単純!)、領内でキリスト教徒が死んだら、貧乏人でも自分と右近で

棺桶を担いだり(←熱血)、戦争で死んだ部下の遺族の生活保障に奔走したり(←情が深い)と

面白すぎます。特に「村重の乱」の際、右近出奔を知った後の暴れッぷりは最高!!長刀を振り回し

て暴れ回り、閉じこめられた部屋の扉を力で破壊して脱出。門も強行突破して城外に脱出するも、

城に「コンタツ(十字架)」を忘れたことに気づいて、従者に取りに行かせるの。

おいおい、オッさん。今メチャメチャ暴れた後やんけ。(^^;

もっとも、この時ダリョは孫と娘達のために死を覚悟していたらしく、村重の城に付いたら、

服を脱いで、門の前に座り込み、「自分が責任とって死ぬから、娘と孫の命は助けてやってくれ。」

って言うの。くーぅ、ダリョパパ最高〜!(^^)

 

参考文献

(1)高山右近 海老沢有道 吉川弘文館

初版は昭和33年発行。イエズス会の資料を基にこれまであまり知られていなかった

「高山右近」と言う人物を一般に知らしめた本。資料も非常に豊富であり、これと

言って新しい資料も発見されていないので、現在でもNo.1の右近本。

秀吉のキリスト教禁令の原因を日本副教区長「コエリョ」と日本史を書いた「ルイス

フロイス」らイエズス会強硬派が、教会の元に九州のキリシタン大名を統合し秀吉に

協力させる、また朝鮮出兵に南蛮軍艦を提供する用意がある等と言ったため、秀吉がかつての本願寺

勢のように宗教組織に指揮された武装反乱の危惧を抱いた為ではないかと言う説があげられており

興味深いです。説得力のある説だと思うけど他であまり聞かないのはなぜでしょう?

オルガンチーノの手紙が元だから資料としてもちゃんとしてるのにねぇ。(/_/)) ?はてな

 また、右近の他大名に対する影響力のあまりの強さが、秀吉に危惧を抱かせることになったのかも

しれませんねぇ。

 

(2)高山右近史話 H.チースリク 聖母文庫

著者は上智大学(イエズス会経営)の教授を務め、「ペトロ岐部」の業績を始めて

明らかにする等、キリシタン研究家として非常に高名な聖職者。研究成果やその

知識の広さも凄いが、この本で書かれている日本語の美しさにはちょっとビックリ。

世の中には凄い人居ますねぇ。

とても出来が良い本で、武士としても「卓抜した野戦指揮官」、「民心を掴むにたけ

た為政者」として信長、秀吉からも高く評価されていた右近が、自己の野望と「日本教会の支柱」

としての聖務との板挟みなりながらも、自己の価値観に忠実に生きようと思い至る過程が、上手く

描けていると思います。秀吉による追放後どうなったのだろうと思ってましたが、前田家の食客

(軍事顧問)になり、最晩年まではそれなりに落ち着いた生活を送れたようで一安心しました。

 この本によるとカトリックの福者への嘆願がでていたはずですが、どうなったのでしょうかねぇ。

 あとこの本は長崎の教会が細々と出版してるそうです。良い本なので注文して買いましょう。

 

(3)日本史 ルイス・フロイス 東洋文庫

ダリョ、ユスト(右近)共に日本キリスト教の支柱とも言うべき人物ですから、この

本にはしょっちゅう出てきますが、右近が和田氏に対しておこしたクーデターが興味

深いです。和田惟政の遺児(惟長)が高山親子暗殺を謀っているのを知り、やられる

前にやれと急襲をかけるのですが、暗闇の中での戦闘だったので、部下が間違って右近

に斬りかかって来ちゃって大混乱。なんとか惟長追放には成功するものの、高槻城は全

焼、右近も生きてるのが不思議なくらいの重傷を負っちゃいます。

右近の戦闘能力の高さがわかるうえ、実際の戦闘は個人の戦闘能力だけで決まるわけじゃないんだなぁ

と気づかせてくれます。右近も死にかけた訳ですから療養中は色々思うこともあったでしょうねぇ。

 

(4)日本史 ルイス・フロイス 松田毅一、川崎桃太訳 中公文庫

ようやく買いました。中公文庫版の「日本史」。個人的には、(3)の本より日本語訳が

読みやすいように感じます。本能寺の変以降が特に面白く、明智討伐(山城の戦い)

以降、右近が常に秀吉軍の最前線で戦い、活躍してるのがわかります。非常に優れた

指揮官で、部下や同僚(明智、前田ら)からも信頼され、一目置かれてたようですね。

大名を捨てるのも、信長の葬儀の時に「仏式」での供養を拒否したのですが、拒否した

ことを秀吉に非難されたらすべてを捨てようと決意したことが書かれてます。結局その時はお咎め無し

だったわけですが、その覚悟をずっと心に秘めていたのですねぇ。

あと、右近のライバルつーか宿敵として「中川清秀」が登場。荒木村重の乱、賤ヶ岳の戦いと、二度も

右近を絶体絶命のピンチに引きずり込んでます。性格は裏切り、謀略なんでも有りの、いかにも当時

の戦国武将って人物で、右近とは全くあわなかっただろうなぁと感じさせます。実際、秀吉軍の最前線

で共に戦うことが多いのですが、仲が悪いんだこれが。(^^;

しかし、右近は賤ヶ岳で彼のために部下がほぼ全滅するまで戦っており、清秀の息子とは良い関係だっ

たようです。彼は右近の手引きでキリシタンになってますから。ほかにも、和田惟政を殺した池田氏の

息子も入信してます。宿敵の息子達からも信用される人物って事でしょうか。すげぇな。

 

(5)南蛮太閤記 松田毅一 朝日文庫

(4)の日本史の翻訳者にして、ヨーロッパで発見された日欧交流期(安土桃山〜江戸初期)

の資料を日本に紹介し、日本史に新風(つーか激風)を吹き込んだ非〜常に著名な研究者

の講演議事録。この時代についての紹介と言った感じの書だが、中盤に秀吉のキリスト教

禁令について論考がある。暗殺や裏切りを警戒していた秀吉が大阪城で身の回りの世話を

させる為に多くの日本人信徒を雇っていたことなど興味深い。突然の禁令については複数

の要因を挙げた上で、結局、自己権力の確認行為だったのではという普通の結論に落ち着いてますな。

しかし、こんなに広範囲に深く研究してて、いったい何時寝てるんだと思ってたが、息子さんの話

だと3時間くらいしか寝ずにずーっと研究してたらしい。これまた凄いね。

 

(6)千利休 桑田忠親 中公新書

右近は「台子七哲」と呼ばれる利休のパトロン兼高弟の一人。追放後は出家し「南ノ坊」

と名乗りキリスト教と茶の研鑽に励んでた様です。茶道には「キリスト教」の影響が明

らかに見られますが、それには右近が関与していたと見るのが妥当でしょう。

利休についての本ですが、右近がらみの面白い資料も載ってます。

利休が秘中の秘として名人にしか使わせなかった「1畳半の茶室」を公開する相手として

「高右、飛もじさま、越もじさま、掃部、古織・・」と筆頭に名が出てるんです。ちなみに、飛もじさま

は蒲生氏郷、越もじさまは細川忠興、掃部は瀬田掃部、古織は古田織部でみな利休の高弟にして右近の

親友ですね。特に最初の二人とは仲が良かったようです。蒲生氏郷は右近にすすめでキリシタンになっ

てますし、忠興自身は洗礼を受けなかったものの奥さんの玉はキリシタン「ガラシャ」として有名。

右近の影響力の強さが感じられますね。

 

忠興は本能寺の変、秀吉の治世、関ヶ原の戦いも乗り切った世渡り上手な男ぐらいにしか

見てませんでしたが、追放後の右近との交流や利休が秀吉に追放されるとき、危険を承知で

古田織部と二人だけで見送りに行ったりと、芯が強く、情の細やかな良い奴っぽいです。

でも、奥さんに対しては監禁同様の処置をとってるし、家来には厳しいし・・。

うーん、キャラの掴めない奴。(-_-)ウムー

 

(7)高山右近 アントニオ・セルメニオ著 サンパウロ 

(2)の本と同じくキリスト教系(イエズス会?)の出版社の本。著者も来日神父ですね。

資料と言うより、信者への手引き書なので読み物としてそれほど面白くないですが

右近の子孫を名乗る人物(元大分市長)とその人物の持つ「高山家家系図」という

資料を参考にしてるようです。この本によると和田惟政は右近の「叔父」となって

ますから母方の兄弟って事ですね。惟政はダリョを非常に優遇しており、二人は

「兄弟」とも呼ばれていたことから「惟政はたぶん奥さんの兄弟なのだろう・・。」と考えていたので、

推測が当たって、ちょっち嬉しいッス。(^^)

 ちなみに右近の奥さんは右近の死後、孫を連れてマカオから堺に帰ってきていたそうですし、娘の

旦那や消息不明の次男も居ますので、子孫が日本に居てもおかしくはないですね。

 

(8)細川ガラシャ夫人 三浦綾子 新潮文庫

(6)でも書いた右近の親友細川忠興の奥さん「ガラシャ」こと「お玉」の小説。

作者はクリスチャン(でもプロテスタント)であり、昭和人の視点で見るとこんな感

じだろうなぁってのがわかる。右近はガラシャがほのかにあこがれる男性として登場。

もっとも右近はガラシャの父「明智光秀」を山崎の合戦で敗退させ、母や姉弟等一族

全員を滅ぼした張本人であるが、その辺りはさらっと流しているので、ちょっちもっ

たいない。忠興はかなり好意的に書かれてますね。ただ、歴史資料を小説用に加工している箇所(

ダリョの業績を右近のやったことにしてる等)が何カ所かあり、このため小説で書かれている興味

深いエピソード(忠興が妻のためにカルタを手作りすること、ガラシャの死後妻帯しなかったこと等)

が、史実なのか作者が作ったのかがわからず歯がゆいッスねぇ。作者にとって始めての歴史作品との

ことですが、参考資料にショボイのが多く、ちょっとだけもったいないですね。

 『2004/9/7 カトリック→クリスチャン(でもプロテスタント)に修正』

 

(9)茶将高山右近 浅田 春陽文庫 (→山上宗二

江戸千家が出してるお茶の専門誌で連載していた小説。最近の作品であり、キリシタン

の大旦那としての右近だけでなく、「茶人」「前田家の家老」等、他の本ではあまり描か

れていない分野もきっちり書き込んでおり好感の持てる本。資料の使い方もなかなか

いい感じだが、「右近は実は再婚しており、妻は古田織部の妹」「茶道秘伝書『南方録』

は南坊宗啓から右近に手渡され、右近の追放と共にマニラに運ばれたが、彼の死後日本

にもどされた」としている2点が珍しいつーか他の本では見られない説ですね。

出典がどこか気になります。まぁ、創作って気もしますが・・。

あと、この本によると右近の子孫は大分県と石川県にいるそうです。大分の方は次男の方らしいです。

 次男は中川清秀の息子に使えてたみたいですね。詳細はここを参照。苦労して調べたことのほとんど

が載ってるし。(^^; でも、ダリョについて知りたかったら、地道に本を読んでね。

 

(10)高山右近 吉川英治 吉川英治文庫 

あの「吉川英治」が17〜8歳の勉学修業時代の右近を描く。他の本と異なり、喧嘩は

弱いわ、優柔不断で甘えん坊、女のヒモをして暮らしてるという、一風変わった右近を

見ることが出来る。終戦直後の若者の無軌道ぶりと性的苦悩を好意的な視点で書こうと

していたようで、今読むと大した問題とも思えないことに一々悩む主人公にイライラす

るが、当時はそれなりに若者達に受け入れられていたようだ。佐々井秀嶺氏も若い頃の

愛読書にあげている。

 

(11)まだ見ぬ故郷−高山右近の生涯 長部日出雄 新潮文庫 

高槻城奪取時に幼馴染の和田惟長(太郎)を自らの手で討ち、直後に家来の誤認で自らも

大怪我を負ったシーンから始まる。フロイスの日本史を主参考文献にしつつ、日本史の描

写の不備(背景描写がほとんど無く、事件が突然起こり続けるという実にハードボイルド

でわかりにくい記載)を、小説ならではの緻密な心理描写でうまくカバーしている作品。

右近に誤って重傷を負わせてしまった家臣「能勢弥介」を創作し、彼に現代人的視点もつ

狂言回しの役をさせるつもりだったのだろうが、十分に現代人的な右近のキャラクターに引っ張られて、

途中から出てこなくなったのが寂しい。個人的には、前田家に引き取られてからの生活をもっと書き込ん

でほしかったなぁとか、新資料がほとんど無いなぁとか思ったりもするが、右近ものとしてはかなり読み

やすい本じゃないかな。

 

(12)花鳥の乱−利休の七哲 岳宏一郎 講談社文庫 

利休の七哲と呼ばれる武将&パトロンの高弟たちを取り上げた連作集。とはいえ、七哲

と称される人のうちメジャーな人物のみを無理に組み合わせている感在り。本来なら「

村兵部」や「瀬田掃部(かもん)」といった、歴史の中でここだけに名が残っている様な

人を取り上げて欲しかったが、連載の都合を考えると、そうもいかないか・・。茶道への

造詣もそれほどでも無さそうだし、右近編は正直たいした出来ではないが、フロイスの哀

れさは良く描けていると思う。

 

(13)長崎版−どちりな きりしたん 海老沢有道校注 岩波文庫 

キリシタン教義を意味し、当時の信者たちに最も広く読まれていたとされる書。邦文とロー

マ字版があり、安土桃山期の口語資料としても印刷史資料としても重要。ガラシャも全文

記憶していたとのこと。とはいえ、口語文の中に3割くらいカタカナの専門用語がちりば

められており、相当教義に興味がある人で無いと読もうと言う気にはなるまい。今の出来の

悪いコンピューター言語の本をイメージしてもらうと良い。宗教の教義の深奥を訳すことの

困難さから、そのままにしたのであろうが、正直もうちょっと訳すべきだと思いますねぇ。

合戦中や陣地や城の構築時に教会戒律の除外を認めていることや、日本に残る類本の1つが、摂津高槻の

旧家に伝わるなど、右近との絡みも感じられる。海老沢氏も右近研究で有名ですしね。とはいえ、あっしは

途中で挫折して全部は読めてないんですけどね。(^^;

 

(14)日比合作オペラ 高山右近 加賀乙彦原作、石多エドワード台本、マヌエル.フランバ作曲 

フィリピンへの日本人移住100年と右近の生誕450年に当たる2003年に高山右近を主人公

とした東京オペラ協会主宰、日比合作の市民オペラ。主人公と若干名以外の声量がはなはだ

物足りなかったこともあるが、なにより右近が聖人君子としてかかれてて、自分の右近像と

一般的右近像のギャップを、まざまざと突きつけられた感が大。ごめん、途中寝てました。

右近は最初ッから酸いも甘いもかみ分けた老成した「中庸」な人物ではなく、元々激しい、

自己に絶大な自信を持っていた人物が死や運命と向かい合うことで、論語で言「中庸を知る狂」となった

と思うんですけどねぇ。個人的にはガラシャと忠興のエピソードは無理やり挿入した感もありましたが、

そこそこ面白かったです。

 

(15)ある巡礼者の物語−イグナチオ・デ・ロヨラ自伝 イグナチオ・デ・ロヨラ門脇佳吉 岩波文庫 

バスク地方の貴族の家に生まれ、敗戦必死の篭城戦においても最後まで徹底抗戦を叫ぶ

イケイケの軍人だった青年騎士が、死をも覚悟した戦傷の床で読んだ聖人達の話に感化

され、神と共にある道を歩んだ過程を、後続たちの参考に口述した著。熱っぽいだけの

若者が数奇な運命を経て成長していく過程は宗教に興味が無い人が読んでも、充分に面

白い自伝になっていると思います。個人的には右近ともキャラがかなり被ってる気が

 してます。ここまで読んだら、「霊操 」も読まないといけないのかなぁ。(^^;

 

(16)キリシタンの心 フーベルト・チースリク 聖母文庫 

チースリク師が「キリシタン文化研究会報」や「司牧」に出した小文をまとめた書。

キリシタンと呼ばれた日本における信者たちの“こころ”の在り方を、現在の「愛」に

相当する言葉として用いられた「御大切」と「神と人との個人的な出会い」をキーワ

ードとして読みといていく。右近は多くの章で取り上げられているが、「キリシタンと

茶道について」が特に興味深い。利休の弟子でキリスト教と関わりのある人物として右

近の他に小西行長、蒲生氏郷、細川忠興、織田有楽斎ら著名人だけでなく、牧村兵衛、瀬田掃部の略

歴が取り上げられているのが嬉しい。利休や有楽斎(チースリク師は有楽斎キリシタン説を否定)ら

にとっての茶は、茶道(数奇)の修養を積むことで、落ち着きの中に強さと余裕を併せ持つ東洋的

理想人格形成を目指すのに対し、右近にとっての茶は彼らと同じ経験と訓練を経ることで心を静寂に

し、神と相まみえる事の出来る自己と空間を作り出すのが目的であり、両者の行為が同じであって

目的が大きく異なることを示唆している。茶道を教養の一部ではなく、主と語り合える場の創出と

とらえ、その所作の先に常に神の姿を見ていたとすると有楽斎による右近批判「所作も思い入れも良

いが、「清の病」があって、真の清いということを知らない」という意見が、東洋的ゆとりある人格を

目指す有楽斎にとってはその通りであったろうし、右近にとっては主にまみえるにあたり、一切の落

ち度を自らに許せなかった事もよくわかる気がする。しかし、茶道(数奇)の先に神とのダイレク

トな対峙、対話が有るという考え方は相当衝撃的で、正に目から鱗の思いでした。

 

(17)高山右近研究−逝去三百五十年祭記念 右近列福運動本部発行 

右近の逝去三百五十年にあたり、その2年前から始まった高山右近列福運動(福者と

して祭壇の栄誉を受ける事)を後押しする記念事業の一環として右近列福調査を担う

大阪教区の田口司教を発行人として出版された書。列福というキリスト者として栄誉

ある誓願運動の一環でもあるため、正に斯界の諸権威者がその蘊蓄を傾けて執筆を

快諾した書。チースリク師のハイテンションな紹介文に始まり、シュワーデ師、右近

研究の嚆矢である故ラウレス師、松田毅一氏、ディエゴ師、天野高信氏、片岡弥吉氏と、ちょっと

考えられないほどの超豪華執筆陣によって構成されている。所縁の場所や参考文献の紹介もあり、

超豪華、お腹一杯の内容。お奨めです。

 

(18)へうげもの 山田芳裕 MORNNING_COMIC(講談社) 

武将茶人として知られる古田織部を戦国の世を数奇への愛着と国持ち大名への野心

の間を揺れながら生きた偉大な平凡人として描く痛快(?)漫画。右近研究の謎の

一つに右近の妻(ジュスタ)が古田織部の妹というのがありますが、それをその

まま採用してるので、織部の義弟として準レギュラーキャラで右近が登場。右近

はたかだか400石の織部とは異なり、若いながらも織部の義兄(妻の兄)である中

川清秀と同格の国持ち大名であり、キリスト教を深く信仰しているが、当時の社会的通念からは

ちょっと浮いているポップでファンクな兄ちゃんとして描かれている。(笑)織部もそうだが中

川清秀や織田長益(有楽斎)のキャラクターはかなり秀逸。最後まで描ききれば右近の海外追放

と織部の自決という、自らの信念と美意識に生きた男達が自ら選んだ最後に辿り着く事が出来る。

そこまでの長期連載は難しい気もするが、頑張って欲しいと切に願います。

 

(19)加賀百万石異聞−高山右近 北國新聞社 

大河ドラマ「利家とまつ」の放映を機に北國新聞で連載された加賀藩における

右近の知られざる後半生に迫った書。現在の新聞連載らしく、右近愛用と伝え

られる笠や金色のチョッキなど貴重なカラー写真も抱負。利家の死後、大阪方

との開戦の口実相手として家康に目をつけられた加賀藩が、家康率いる軍との

戦闘に備えて行った、金沢城の内惣構堀掘削の指揮を右近が執り、現在に残

金沢市のグランドデザインを手がけたことは初めて知った。また城郭関連の紹介は、金

沢城の他、右近が一から手がけ現在も城郭以外の遺構がそのまま残っている高岡城など充実

の内容。また、右近の手が入っていると伝えられる金沢城の菱櫓と南蛮絵図に描かれている

織豊時代の京の南蛮寺を写真と図で比較しているが、特徴のある柱の蔽いを含め、なるほど

そっくり。説得力のある紹介法と思いました。そもそも、「利家とまつ」にあわせて右近を

追うってのがただ者じゃないよなと思ってましたが、なるほど納得のできばえで満足です。

 

(20)日本史探訪18−海を渡った日本人 角川書店 角川文庫 

NHKで放送された番組“日本史探訪”、“新日本史探訪”を角川書店がまとめた書。

海外に渡った日本人達を紹介する本巻の冒頭に右近が取り上げられている。コメ

ンテーターは作家の遠藤周作。クリスチャン作家として有名な氏が、小説とし

て右近を取り上げない理由に“始めから終わりまで首尾一貫していて内面的ド

ラマが探りにくい人で、小説には不向き。”とか、“りっぱすぎるんですよ

あの人は。ですから、一緒に生活すると非常にこわいオジさんだったと思います。“とか、

”こっちが昭和の信者ならね、あちらは明治の信者という気がするんですよ。“など、信仰に

厳しい頑固なオジイさんだったのではという視点は、これまで持ったことがなかったですが、

言われてみれば、なるほどなぁと思わせるところがあり、興味深かったです。

 

(21)戦国時代の高槻 高槻市教育委員会 

昭和52年に高槻市教育委員会が発行した小冊子。寺内町である富田や三好長

慶の拠点であった芥川城など高槻城以前の中心地の紹介に始まり、戦国期の高

槻を象徴する高山右近を彼の誕生と追放まで、高槻近郊に残る貴重な資料

共に紹介している。高山親子の恩人と言うべき和田惟政の“前伊丹太守”と

記した墓が残っていること、信長の基本政策に従い、公家、寺社領を安堵して

いること、右近統治時代の年貢の取り立てを記した台帳(高山帳)が残っており、特に年貢

が安いわけではなく、一反あたり一石強と、当時としては一般的な額の取り立てを行ってい

たこと等が記されている。和田惟政のお墓は残っているとは思わなかったので、ちょっとビッ

クリしました。

 

(22)高山右近とその時代−北摂のキリシタン文化、平成10年度特別展 吹田市立博物館 

北摂津のキリシタン遺物、関連資料を右近及び彼と同時代に生きた荒木村重、中

川清秀らを地元の大名らとともに紹介した特別展の図録。右近直筆の手紙(釈文

あり)や中川清秀の画像の他、茨木市千堤寺の東家“開けずの櫃“から大正期に

発見された有名なフランシスコ・ザビエルの画像など充実の内容。高山家の恩人

とも言える和田惟政を討ったのが、荒木村重の従兄弟である中川清秀で、彼の義弟

である古田織部と右近は茶の湯を介して親しいなど、当地での複雑な人間関係も興味深い。また、

大正時代までは右近の旧領地に隠れキリシタンが生存しており、口伝により代々信仰を続けて

いたのには驚きました。

 

関連史跡 → 右近の足跡 

関連リンク 

高山右近資料館・・・まじめな所です

キリシタン大名高山右近が眠る丘・・・・行ってみてぇ〜

加賀百万石異聞 高山右近・・・ひそかに右近ブームか?

 

関連人物

・豊臣秀吉 ・細川忠興 ・蒲生氏郷 ・千利休 ・前田利家 ・小西行長 ・ペトロ岐部

 

戻る