高岳親王(たかおか しんのう)              高丘親王

799(延暦18?)..〜865(貞観7)..

 

 延暦18年(799)頃、平城天皇の第三皇子として生まれる。平城天皇譲位、嵯峨天皇の即位を受け立太子

するが、810年平城上皇が重祚を計った「薬子の乱」が起こり、皇太子を廃される。822年、四品の位を

受け名誉回復が成されるが、これを返上して出家。真如と号す。以後、弘法大師を師として修行に励む。

835年、空海入定(死去)。師の遺骸を他の高弟と共に高野山奥の院に運ぶなど真言宗一派の中で重きを

成す地位につく。855年東大寺の大仏の首が落ちたため、修理東大寺大仏検校となり大仏修復の責任者と

なる。無事修復を終えた直後、地位を捨て回国修行を願い出るが、事前に各地の国司に彼の旅を知らせる

通達が出ていることを知り断念。入唐を決意し、巨勢寺から難波、太宰府を経て壱岐に至る。

 

862年、造らせていた船が完成し唐に向けて出帆。途中嵐に遭うが、明州(今の寧波)に到着。ここで、

2年を過ごす。天台僧、円載の手配により長安で唐の皇帝の拝謁を賜り、青龍寺で密教の教えを受けるが

満足できず、天竺行きを決意。長安から広州に向かい、865年海路天竺を目指し出発したが、その後の

消息は不明。旅の途中、羅越国(場所不明)にて亡くなったと伝えられる。

 

注目理由

 おいらは香川県出身なんで、郷土の偉人「空海」について色々読んでいたら、彼の弟子で教典を求めて

 天竺まで行こうとした人物を発見。しかも元皇太子という貴い身分らしい。つーわけで、その弟子

「真如」こと高岳親王に興味を持ったわけ。まず唐に渡り、そこから船で天竺を目指している途中の

何処かで亡くなったとのこと。天竺まで行こうというその発想が、日本人らしく無くて個人的には気に

入ってます。しかも、こんな無茶をするタイプではなく、基本的に地味な人らしいからよけい驚きです。

 

この人のことを思うと、同じく成功の見込みのほとんど無い苦難に満ちた旅を、己の人生に強いた

ペドロ岐部」や「上温湯隆」を連想します。それを行うことが重要で、成否についてはそれほど

重要視していなかったのかも知れません。

 

参考文献

(1)高丘親王航海記 澁澤龍彦 文春文庫

高岳(高丘とも書く)親王の天竺行を幻想的に書いた作品。個人的には澁澤龍彦をそれほど

評価していなかったが、自らの死を目前にしながらこの作品を書いたということで見直した

会話中にいきなり英語が出てきて、ちょっち興ざめになったりしますが、些少な事は良しと

しましょう。いかにも高貴な生まれっぽい皇子、個性的な異国描写、妖艶な薬子(ルパンの

不二子みたい)などキャラや舞台も丁寧に作り込まれており、何度も読み返したくなる好品

個人的には「蜜人」の話が好き。

 

(2)歴史の群像-12 雄飛 豊田有恒他 集英社

小説家に書かせたテーマ別歴史群像。珍しく高岳親王が載ってたのでゲット。

少ないながらも、結構資料が載っていて参考になる。「高岳親王航海記」に出てくる従者

の名前もちゃんと資料から取ってるんだなぁと気づいたりする。親王の天竺行きの動機を、

天才空海の死によって日本の真言教団から密教教義の深奥が失われたためとしているのは

興味深い。もっともすでにインドでは仏教は滅んおり、唐で円載に会いながら、なお満足

できなかった親王の願望を満たす教典など無かったことを思うと、その努力が悲しい

なお、親王の画像も載ってる。

 

(3)王朝序曲()() 永井路子 角川文庫

高岳親王の父「平城上皇」が起こし、親王が皇太子を廃される原因となったのが「薬子の乱」。

その煩雑でわかりにくい「薬子の乱」が起こるまでを嵯峨天皇のブレーンである藤原冬嗣の

目で描いた作品。「平城−嵯峨」の兄弟対立に「真夏−冬嗣」の兄弟対立が絡められているが、

冬嗣が感情移入のしやすい普通の人として描かれているので、わかりやすく、楽しめる本。

結局、日本の天皇としては珍しいイケイケタイプの桓武帝、この人が悪いんでないかいって

気もするがそれは言いっこ無しだな。

 

(4)伊勢物語(新潮日本古典文学集成) 渡辺実校注 新潮社

高岳親王の甥、在原業平を主人公に見立てた歌物語。高岳親王と同じく「薬子の乱」で中央

政界での栄達の可能性を絶たれた「在原一族」(高岳親王の異母兄 阿保親王の息子達)と

嵯峨天皇が子供を作りすぎたために臣下に下され帝位につく見込みが無くなった「源一族

らの文人グループによって作られたと言われてる。

社会的挫折を経験した男達のささやかな意地と心遣いが感じられるところが良い。

かつては「2段」や「4段」の様な「古伊勢物語」が好きだったが、最近は馬鹿馬鹿しいまでのファンタ

ジーの「65段」がお気に入り。「65段」には「高岳親王航海記」に通じるファンタジーさが有ると思う。

この新潮社版に現代語訳はないが、わかりにくい語句には横に説明が付けてあり原文を気軽に楽しめて

グッド。ただ、内容の解釈がちとシニカルすぎる気がするけどね。

 

(5)海の翡翠 杉本苑子 角川文庫 

高岳親王が登場する数少ない小説の一つ。内容は(3)の本と同じく「薬子の乱」を軸に

桓武帝、平城帝、嵯峨帝を巡る、親子、兄弟の確執を描いた作品。残念ながら高岳親王

は当時子供なので余りでてこないし、活躍もしない。天竺に行った理由についても言及

されていないが、名ばかりの主人公なのでしかたない。

まぁ、この時代について書こうとすると帝位を巡る血の争いに一応の終止符が打たれた

「薬子の乱」を書くことに成ってしまうのは、不可避なことかもしれないッス。

 

(6)シャム・ラオス・安南−三国探検実記 岩本千綱 中公文庫 

明治29年に僧侶に身をやつしてタイ、ラオス、ベトナムを走破した、鉄脚こと岩本千綱と

三無こと山本ユ介の探検調査記。軍事密偵のような使命があったらしいが、それとは別に

高岳親王の遺事についての調査依頼も受けていた。当時、ラオスが羅越国の候補地とされ

ていたため、現地で色々聞いてみたが知る者はなかった。現在は親王遷化の地はマレーの

ジョホール河かシンガポール辺りとされている。ここはまさに徳川義親氏が虎狩りを

行っているところで、親王が虎に身を与えて亡くなったというのも、荒唐無稽と笑うことは出来ない。

岩本氏らも旅の最中でしばしば虎に襲われており、木に登って危うく虎から逃れるシーンすらある。(^^)

また、著者の岩本氏は明治期に日本とタイの交流を盛んにしようと奔走したが、報われることなく亡く

なっている。この本ではそうでもないが、他の本ではかなりのいんちき山師として書かれていることも

ありますね。

 

(7)古代史を彩った人たち 豊田有恒 講談社文庫 

SF作家だった著者による、古代の比較的マイナー人物評伝。高岳親王が載っているので

速攻ゲットしたが、何か読んだことある感じ・・。「デ・ジャビュー?」と思ったりしたが、

中身は(2)の本に書かれていたものと全く同じだった。ショック!(゚;

でもまぁ、この本は比較的手に入りやすいので、高岳親王について知るには良い本。

 

 

(8)空海の風景 司馬遼太郎 中公文庫 

司馬遼太郎氏による空海伝。空海に興味がある人は、この本から入ることも多いと思う。

空海を自分が他の人と異なった特別な存在であると確信している、田舎出の自信家

して描き、人間としての空海に触れさせてくれる作品。それでも、この人の才能と頭脳、

生命力は常人とは3桁も4桁も上にあり、同時代を生きた人たちは彼から受ける威圧感

とコンプレックスにさいなまれただろうな〜と同情せずには居られない。

高岳親王も「もうちょっと、しっかりしてくれないと困る!」としかられていたようで、自信家の外

向的性格である師から見れば、内向的な真如法親王が歯がゆかったに違いない。もっとも高岳親王から

してみれば、自己の才能のみで大唐帝国から日本の宮中まで自由に闊歩している、自分に無いものを

すべて持っている師の姿にあこがれて弟子になったのかも知れないから、怒られても困るよなぁ。(^^;

少しずつでも師にちかづこうとしていたならば、一見、突飛に見える親王の航海も、唐から膨大な教典

と仏具を持って帰ってきた空海の弟子として当然の行動と考えていたのでしょうね。

 

(9)破天−1億の魂を掴んだ男 山際素男 南風社 

高岳親王が唐をでて、天竺の何処に向かおうとしていたかはよくわかっていない。

インド大陸では密教はすでに滅んでおり、そんなことは海のシルクロードの発達した当時

で有れば商人達からの情報からわかっていたのではないか。目的地は永遠に謎のままだが、

おいらは勝手に、日本や唐にある教典や知識に満足できなかった親王は、龍樹菩薩が大日

如来から直接伝えられた密教の根本教典を蔵したと伝えられる「南天鉄塔」を目指した

のだと思うことにしている。(←最近はさすがに無理があるなぁと気付き始めてはいるが・・。)龍樹菩薩

の道場跡と思われる場所は、この本の主人公「佐々井秀嶺」師によって発掘が進められているとか。

 

(10)真言密教両部神法−加持祈祷奥伝 小野清秀 史籍出版 

本来秘伝とされていた、真言密教加持祈祷の原理、効果、修業方法や順序を詳細に

解説、公開し、志のある者に対して入門の手引きを成すことを目的とした本。この手の

参考文献では必ず引用されてますね。真言はカタカナ表記されてますが、印の結び方は

絵で描かれてるわけじゃないので、ちょっと良くわからない。(^^;

「孔雀王」にはまってた当時勢いで買ったものの、空海も修業した聡明な英知を得られ

るという「虚空蔵菩薩求聞持法」が印を結び「オン バサラ ラタヤウン」を100万回唱える(1秒

間に1回で12日!)つーのを読んで、「こんなん読んどらんと、真面目に勉強しよ・・。」と思って

以来、あんま読んでないッス。(^^))てへっ

 

(11)図解 日本仏像大鑑 木村小舟 神宮館 

図入りで仏像の名前と解説を施した書。仏だけでなく、かなーりマイナーな権現や

羅漢等についても記載されており、なかなか役に立つ本。付録に国宝仏像一覧付き。

著者の木村小舟って名前が木村芥舟の関係者か?って思わせるが、詳細不明。

 

 

 

(12)高丘親王入唐記−廃太子と虎害伝説の真相 佐伯有清 吉川弘文館 

よーやく出た感のある入手の容易な高岳親王の研究書。多くの原資料の中から親王の

足跡を拾い出し、その虚実の判定を行っている。最初は三論宗を学んだこと、池辺ノ宮

の名で今昔物語にも出ていることなども興味深い。この本では、いつもの内向的なキャ

ラじゃなくて、企画力と実行力、対外交渉力を持つプリジェクトリーダーとしての親王

が描かれている。たしかに唐へ渡った際は、規模、メンバーの人選、唐での外交を含め、

かなーり大規模で深い計画に基づくミッションであり、ふらりと求法の旅に出たいう認識は間違って

いたようだ。目的地は不空三蔵の西天竺行の故事に倣って、師子国(セイロン島)としている。

当時の唐には不空の直弟子達もおり、西天竺行きが無謀と感じさせない雰囲気があったこともわかる。

本書の主目的である虎害伝説に関しては「なぜ、そのように書かれねばならなかったのか。(真言宗内で

の派閥対立等)への言及がなく、ちと残念。とはいえ、現状手に入る親王関係の書籍では一番の良書

であることは確か。お奨めでござる。

 

(13) 悲運の遣唐僧円載の数奇な生涯 佐伯有清 吉川弘文館 

円仁と共に入唐し、40年の長きにわたり唐で研鑽を積み、入唐時の真如親王一行の面倒

をまめにみている天台宗の留学僧「円載」の研究書。帰国の際、数十年間無事に年に数

回日本と中国の間を往復していた定期貿易船に乗り込んだにもかかわらず嵐に遭い万巻

の書籍、聖典、仏具らと共に遭難死した実に運の悪い人物。仲の悪かった円珍により

破戒僧として伝えられ、抹殺されていた存在を丹念に掘り起こし、その実像を伝えよう

とした書。ちと贔屓が過ぎる気もするが、手際のよい優秀な人物ではある。異国での苦労(廃仏毀釈

に巻き込まれて還俗させられたりしてる)を思うと、その最後はあまりにも無残で哀しい・・。

 

(14)安吾新日本地理 坂口安吾 河出文庫 

「敗戦により剥き出しにされた祖国の実像を大胆に描破する日本再発見大紀行」とある

が、まぁそれほどでもない、安吾の日本漫遊記みたいな本。“飛騨・高山の抹殺“の章で、

大和朝廷に対抗する存在としての、飛騨・高山文化圏の存在とその首領たる両面スクナを

取り上げている。スクナを地方領主ではなく日本武尊や大友皇子のような天皇になれな

かった存在として捉え、スクナが開山し、真如親王が創設したとされる千光寺をその

和解の場としているようだが、当の本人が納得できていないためか、記述が非常に煩雑で、わかり難い

事この上ない。この章が一番わかりにくくてつまらないってのが痛いよな。

他は気楽ないつもの安吾節の作品。この本を読んで飛騨千光寺に行ってみたが、今は円空仏の寺と化し

ており、親王に関連するものは何も残ってなかったッス・・。(T^T)

 

(15)真如親王略傳 中山善教 高野山真言宗総本山金剛峯寺 

高野山にある親王院が広東とバンコクに顕彰碑を遷化の地ジョホールに墓碑を立てる計画

の為、昭和29年に発行されたと思われる小冊子。若干、16pだがさすがに高岳親王ゆかり

の親王院で作られただけあって、実にしっかりした略傳。親王の画像も載ってる。つーか、

やっぱ親王院には、高岳親王ゆかりの品があったんじゃーん。

あぁ、あの時行っていれば・・。(>_<)

 

(16)入唐求法巡礼行記 円仁 深谷憲一 中公文庫 

最初に大師号を受けた「慈覚大師」こと円仁自身が入唐から帰国までを記録した“マルコ

ポーロの「東方見聞録」に匹敵する旅行記byライシャワー博士)“。漢文を現代語訳して

くれてるので、我々一般人でもOK!訳者が研究者ではないため、「これまで取り上げられたすべ

ての説を注に記す」という無茶をやっているが、これはこれで良心的。空海や最長とは異なる、

実直で勤勉だが天才ではない人物が、逡巡の後、皇帝の意に背き、失敗にもめげず不法滞在

敢行。五台山、天台山、長安を巡って学び、武宗の廃仏毀釈によって強制帰国させられるまでの10年間の足跡

淡々と記録している。苦しんだり悩んだり嫌になったりもしたろうが、人を悪く言わず物事を地道に推し進

めていくとこに人柄が感じられ、ちょっと会って見たい気もする。これを読むと、船で唐に渡るというのは、

当時のトップクラスの僧侶としては、それなりに日常的で、おいらがこれまで思っていたほど突飛な行動で

はないようだ。日本でわからなかったから唐へ、唐でもわからなかったから、船で天竺へという流れも、高岳

親王にとっては冒険を含んでいるものの、当然の思考の帰着だったように感じたッス。

 

(17) 円仁唐代中国への旅−入唐求法巡礼行記の研究 E.O.ライシャワー 田村完誓訳 講談社学術文庫 

明治初期の著名な宣教師にして仏教研究家の父を持ち、戦時中は対日文化政策のブレーンとして、

戦後は駐日大使として活躍したライシャワー博士による「入唐求法巡礼紀行」の英語で書かれ

た研究書の日本語訳。本文の「入唐〜」は、これと同時期に英訳されている。外国人が平安時代

初期の日中関係など知るよしも無いので、当時の日本の政治状況や文化など背景も執拗なまでに

書き込んでおり、非常に役に立つ本。何よりこれを読むことにより円仁の旅が身近に感じられる

のが良い。英語文化圏の人にも円仁と彼の旅行記を知ってもらいたいという、著者の円仁に対する深い思い入

が感じられるのもグー。しかし日本人より日本に詳しいこの人物が駐日大使つーのは、思い返してみても

かなり凄いし、ちょっと怖いね。(^^;

 

(18)謎の皇太子をシンガポールに追え 葭原幸造 日地出版 

旅行会社の企画部長だった著者が、マレー、シンガポールの観光調査の際に「千年前の平安

時代にここで亡くなった日本の皇太子が居る」と教えられ驚愕。日本とシンガポールの両方で

高丘親王の事跡を調べていく。何かの手助けになればとシンガポールで開いた「プリンス・タ

カオカ シンポジウム」をきっかけに、親王の墓所と思わしき場所や遺品と思わしき袈裟

発見され、シンガポール観光ビジネスを巻き込んだ大騒動に発展した過程を記す。

正直、どーもいい観光ビジネスの話と素人っぽい人物描写を除けば、実に良く調べて書かれていて好感の持

てる著。軸となっている謎解きのテンポも悪くない。親王の略歴を記した「皇子」の章は必読です。

 

関連史跡 → 高岳親王の足跡 

 

関連リンク

神田雑学大学・・・「謎の皇太子をシンガポールに追え」著者の方の公演記録あり

 

関連人物

・平城天皇 ・桓武天皇 ・空海 ・在原業平 ・円載 ・ペドロ岐部 ・上温湯隆

 

戻る