森寅雄(もり とらお)

1914(大正3).6.11〜1969(昭和44).1.8

 

大正3年6月11日、講談社の創始者「野間清治」の妹ヤスの四男として群馬県桐生に生まれる。

 千葉周作道場四天王の一人森要蔵の血をひき、5歳の頃から竹刀を握り剣道を始める。

大正11年、野間清治の一人息子「恒(ひさし)」の話し相手として望まれ、東京の野間家に引き

取られる。講談社では社員教育の一環として剣道道場を運営しており、関東一といわれる道場で

増田真助ら当時の高名な剣客の指導を受け、その才能が開花。大将として巣鴨中学を全国中等

剣道大会連続優勝に導く。巣鴨中卒業後、野間清治が経営権を持つ報知新聞に将来の社長候補と

して入社。実力日本一を謳われながら、昭和9年、皇太子殿下御誕生奉祝天覧試合の東京予選

決勝で、寅雄は彼らしくない試合運びで野間恒に破れ、日本一の剣士の栄冠は恒のものとなる。

 

昭和12年、剣道普及のため渡米。ハワイ、L.A.で剣道普及活動を続ける傍ら、南カリフォルニ

ア大学でユーテン・ホーフからフェンシングを学び、翌年2月にはカリフォルニア大会で早くも優

勝を果たす。昭和13年、全米フェンシング大会に南加州代表として参加。無敗で勝ち進んだ決勝戦

では、審判の誤判定により破れて準優勝に終わるが、全米に「タイガー・モリ」の名を知らしめた。

しかし日米関係は悪化し、ついに戦争に突入。日系人等の勧めもあり、戦争勃発直前に日本に帰国

太平洋戦争の勃発により、寅雄が目指したフェンシングでオリンピックメダリストになる夢が潰え

ただけでなく、日系人はすべての財産を没収されてコロラドの収容所送へ送られ、北米の剣道組織も

完全に解体される。

 

戦後の困窮期を、進駐してきたかつての教え子ポール・水上の援助で乗り切り、家族で再びアメ

リカへ移住。昭和26年、38才で出場したフェンシングアメリカ西部地区大会全勝優勝

敗戦後日本人がアメリカを破った最初の試合であり、迫害に苦しむ日系人に勇気と希望を与えた。

その後、証券会社勤務の傍ら、日米両国でフェンシングと剣道の指導に尽力。昭和35年には、

オリンピックローマ大会に米国フェンシングチーム監督として参加。東京、メキシコ大会と全

米チームのコーチを務める。証券会社引退後、L.A.に「モリ・フェンシング・アカデミー」を

設立し、全米初のプロフェンシングコーチとして生計を立てる一方、世界剣道選手権大会開催

為に奔走していたが、昭和44年1月8日、剣道の練習中に心臓発作をおこし、54才で亡くなった。

 

注目理由

アメリカに渡りフェンシングの大会で活躍し、ついにはフェンシングの米国オリンピックチーム

監督になった剣道の達人。おいおい、映画や漫画の設定でもそんな無茶なの恥ずかしくて書けな

いぞ・・と思ってたら、本当に実在の人物。(゚;

日本でのフェンシングの普及とレベルアップに多大な貢献をしただけでなく、剣道界に置いても

剣道を国際競技にすべく、世界中で普及活動を行ない、多くの優れた選手を育ててます。

なお、寅雄が果たせなかった全米選手権での優勝は、彼の弟子で娘婿の大川平二郎により、

3連覇という偉業の形で達成されます。大川氏は寅雄の「モリ・フェンシングアカデミー

の継承者でもありますね。

 

参考文献

(1)タイガー・モリと呼ばれた男 早瀬利之 スキージャーナル

 森寅雄についての基本資料。つーか、おいらの知ってるのはこれだけです。(^^;

 著者は最初「日本人剣士が西部開拓時代を舞台に活躍する」という、皆が思いつ

くが成功した人は一人もいない小説を書こうとし、その調査過程で森寅雄と遭遇。

 あまりの面白さに、寅雄を書かずには居られなかったと言ってます。ま、そりゃ

そーだよな。おいらは、寅雄は「突き」を得意技としており、剣道の試合の多くを

「突き」で勝ってるので、フェンシングへの移行が楽だったのだろうなと思ってたのですが、有段

者の話によると「よっぽど実力差がないと、試合で突きなんか決まらない。」んだそーです。突きが

得意という時点で、全然普通のレベルじゃないんですね。(^^)

内容は面白いのですが、フェンシングと剣道の両方で大きな功績を残しているため、話が単純に時

間の流れに沿って書かれておらず、ちょっとだけ読みづらいかなぁ。

 

(2) タイガー・モリと呼ばれた男 松田尚正 早瀬利之原作 講談社

(1)の本を原作にした漫画。実際には叔父の野間清治や恒に鬱屈した感情を持ってい

たであろう寅雄を人を疑うことを知らない純粋なキャラクターにしてあるが、脚色

がうまくいっており、面白い漫画に仕上がっている。戦後、迫害されていた日系米

人に勇気と希望を与えた、全米フェンシング選手権西部予選での優勝も、対戦相手が

寅雄に対する審判のあからさまな誤判定に抗議し、アメリカ人の持つ「フェアーの精

」を示すという形で描かれており、かなり盛り上がる。このシリーズ「日本が狭すぎた男達」は5

冊出てるけど、どれも面白いよ。

 

(3)六三四の剣 村上もとか 小学館

かつて多くの少年を剣道に引き込んだ名作漫画。「RON」の主人公押小路龍のプロト

タイプとも言うべき夏木六四三(むさし)が主人公。でも、おいらのお気に入りはこの

漫画で一番キャラが立ってる二刀流使いの「乾くん」。だから乾くんの活躍するこの巻

だけ持ってます。いいよなぁ乾くん。(変か?)剣道では二刀流の達人ってのは居ない

だろと思ってたら、上記天覧試合で寅雄の従兄弟の野田恒と決勝戦で戦った藤田薫って

選手が二刀流。しかも、乾くんと同じ逆二刀!全国大会の決勝だぞ。(*o*)/ワーォ

なんでも、藤田選手の母校高松中学では伝統的に逆二刀を教えてたとか。たぶん今の高松高校だと思う

が、今でも逆二刀が伝わってたら面白いな。(^^)

 

(4)アキラ! 上前淳一郎 角川文庫

寅雄と同じく、日本人でありながら国際コーチとして海外で活躍した人として、

バレーボールの加藤明を紹介しましょう。

 日本人初のバレーボール国際コーチとしてペルーに赴任。全くの素人集団を0から

鍛え、オリンピック4位にまで育てあげた人物。その後も、ペルーは実力を上げて

今じゃ日本より強くなってますね。(^^;

加藤氏が超一流の人物と言うより、社会人としての挫折を抱えたB級っぽい人物な所がお気に入り。

才能に恵まれていたが故に傲慢さや人間としての弱さを持っていた人物が、自分の情熱を捧げる対象

と出会い、選手を育てていく過程で自らも成長していく過程がいかします。

冒頭で描かれる、敬愛する明の棺を人々が奪い合うようにして掲げ、大きなスタジアムを一周する

シーンや、彼の死後行われた大会でペルーチームが始めて日本を破るシーンなど、感動物です。(T^T)

たまに古本屋で見かけるので、見つけたら速攻買うように!

 

(5)余話として 司馬遼太郎 文春文庫 

冒頭に「アメリカの剣客」の題名で寅雄を紹介。司馬氏はかつて調べたことのある

要蔵(龍馬が桶町の千葉道場で塾頭をやっていた頃、千葉本家の道場の面倒を見ていた

人物。北辰一刀流の四天王の一人と謳われたが戊辰戦争で戦死)の孫、知られざる昭和

の剣客として寅雄を捉えており、彼の記載より祖父の要蔵の記事の方が多いくらい。(^^;

寅雄については厳密に調べてないため記憶違いの記載もあるが、まぁ、気楽なエッセイ

だから、言いっこ無しさ。要蔵の記録としては、貴重かも。

 

(6)昭和の二刀流ビルマに死す−天覧試合の花形藤本薫の生涯 南堀英二 光人社NF文庫 

中学時代の寅雄の前にライバルとして二度の死闘を行い、寅雄が地方大会で破れた

昭和9年の天覧試合にて、従兄弟の野間恒と決勝線で戦った高松中学出身の逆二

刀剣士、藤本薫の生涯を描いた作品。若くしてビルマにて戦死し、戦後活躍出来な

かった為、忘れられた剣士となっていたが、藤本薫は天覧試合で最も気になっていた

人物なので、このような本が出てくれたことは大変嬉しい。六三四の剣における乾

君の描き方が二刀流=異端=悪役という誇張した設定になっているという指摘だけはちょっとピン

ト外れと思うが、元々が故郷を離れ大学で剣道に励む息子に向けた私家版にしては、著者の素人離

れした経歴もあって、藤本の遺族や植田一氏ら県内の著名剣士からの聞き取りも充実した中々の

作品。香川県のローカルな地名描写がちょっと多い気がするが、藤本の故郷仏生山は子供の頃の生

活圏だし、中支で戦死した母方の祖父も同じ第十一師団(当たり前だが)なので、個人的には大変

楽しく読めました。

 

関連人物

・野間清治 ・野間恒 ・藤本薫

 

戻る