間宮林蔵(まみや りんぞう)

1780(安永9)..〜1844(天保15).2.26

 

  安永9年常陸国の農家に生まれる。16歳の時その才能を見込まれ江戸へ出府。幕府測量方村上島之

允に師事する。20歳で師に従い蝦夷地(北海道)に渡り、21歳で正式に幕府役人(普請雇役)となる。

引き続き蝦夷地の測量、新道開拓に当たっていた文化4(1807)年、ロシア使節レザーノフ指揮下の軍

人フォストフによる択捉島シャナ会所襲撃に遭遇。防戦に務めるが敗走し、責任者2名はその場で自決。

 江戸に上り取り調べを受けるも、交戦を主張したことが認められお咎め無しとなる。蝦夷地勤務と樺太

探検を仰せつかり、松田伝十郎の部下として樺太を北上、樺太が島であることをほぼ確認する。一旦、

宗谷に帰り見聞結果を報告した後、単独での再調査を志願し認められる。文化6年まで行った調査で

樺太が離島であることを確認し、さらに東韃胆に渡りロシアの勢力範囲が満州地域に及んでいないこと

を確認。翌年、樺太の地図と旅の記録(東韃地方紀行)を幕府に提出する。その後、幕府に捕らえられ

たロシア軍少佐ゴロウニンの尋問を行うなど外交の専門家として活躍する一方、伊能忠敬の教えを受け

蝦夷地の測量に従事する。

 

文政11(1828)年、シーボルトから小包が林蔵宛に届くが、幕府の法に従い勘定奉行に提出。この年、

帰国荷物から禁制の品が見つかったことでシーボルト事件が発覚、幕府天文方高橋作左衛門らが処罰

され、シーボルトは国外追放になるが、ヨーロッパに帰ったシーボルトの手により樺太と大陸間の海峡

は「間宮の瀬戸(間宮海峡)」として世界に伝えられることとなる。

晩年はその知識と経験を慕われ川路聖謨、徳川斉昭らの知遇を受ける一方、幕府からは隠密として

長崎や西国筋に派遣されたり、海防掛を命じられるなど、外国船に関する情報収集とその対策の仕事に

従事していた。59歳頃から長年の激務が祟り病床に付きはじめ、天保15年2月26日江戸本所外手町の

寓居にて65歳で没した。

 

注目理由

  カラフト(樺太)が半島ではなく島であることをヨーロッパに先んじて確認し、当時残っていた

地理学上の空白を埋めた人物。ロプノール湖や楼蘭の発見で有名な「スウェン・ヘディン」の業績と

同じような感じと思ってくれい。

最初は樺太探検とか聞いても「ふーん」ぐらいにしか思わなかったが、知れば知るほど過酷な旅だ。

まず、探検地のほとんどは日本領ではなくどちらかといえば清国の支配地にあり、役人の権限など通

用しない地を、個人の裁量と能力だけで凌ぎながら、よく最大限ともいえる成果を得た物だと感心し

ます。旅の過酷さもハンパじゃなく、植村の北極行もこれほどはきつくなかったと思う。独力で現地人

に協力を依頼し、少ない資金で、餓死や凍死の危機、東韃胆ではレイプされて殺されそうになったりと

何度も生命の危機に晒されてますからね。しかも、林蔵は始めて歩いたところの地図を作りながらこの

旅を続けているんだもんな。

 

当初、彼をこの過酷な旅やその後も続く北海道内陸部測量、幕府隠密としての鹿児島潜入など、常人

では考えることさえ不可能な危険な仕事を続けさせた原動力というのがおいらにはさっぱり理解できま

せんでした。開発前の北海道内陸なんかホント凄いとこだよ。鹿児島だって当時は調所笑左右衛門の改

革真っ最中(密貿易、偽金作り有り)だから、見つかったら速攻抹殺されちゃうもんね。

 

最近はこの人は「誰にもなめられたくない」だから「俺と同じことが出来る物ならやってみろ

行動で示し続けるタイプの人なんじゃないかなぁと思ってます。択捉襲撃を受けた直後の樺太探検や

伊能忠敬と会った後の北海道内地測量などにそれを感じます。キャラ的には植村と被る部分がありますね。

かなり押しの強い、部下としては扱いにくい性格だったのは植村と異なりますが、これは自分の業績と

能力に対する自信+実家に帰って農業をやれば飢えることはないという余裕から生まれているのでしょう。

後のシーボルト事件の密告者として後世の評判は必ずしも良くないですが、シーボルトも処罰された

高橋作左衛門も彼の目から見れば所詮「他人の褌で相撲を取ってる」唾棄すべき人物でしかないのだから

彼らに対する事務的な態度もしかたないのでしょう。

 

探検家、測量家、文化人類学者、幕府隠密、外交問題専門家など多くの顔を持つ、「世界地図に名前を

残す唯一の日本人」の激しい生き様は要チェックだ。

 

参考文献

(1)間宮林蔵 吉村昭 講談社文庫

冒頭を林蔵が巻き込まれたロシア船による択捉島襲撃から書き始めているのが、凄く良い

着眼点で作者の実力を感じますね。林蔵の人生には実際に銃を撃ちかけられた人間の持つ、

異国人(ロシア人)に対する不信感と対抗意識がうかがえますから。林蔵を主人公にして

書かれた数少ない本の一つですが、調査もしっかりしており良くできた作品だと思います。

林蔵について知りたければこれを読んどけ、と言いたいのですが結構入手困難かも。

しかし、この本の通りだとしたらかなり寂しい人生だよなぁ。(-_-)ウムー

 

(2)東韃紀行 間宮林蔵原 大谷恒彦訳 教育社

林蔵最大の業績、択捉島及び東韃胆の探検記の現代語訳。これを読むと林蔵が役人や測量家

としてだけでなく文化人類学者的視点も兼ね備えた人物だと言うことが分かる。絵心もかな

り有るようで、ビックリ。林蔵研究者が現代語訳をしており、林蔵の包括的な資料としての

出来も良い。この本によると、林蔵の故郷には林蔵の北海道測量を影で支えたアイヌ女性の

存在が伝えられているとのこと。寂しく厳しい印象しかない林蔵の人生にもその様な存在が

いたのかと思うとちと救われたような思いになる。しかし、相当良い題材だと思うのに小説家の人が使わ

ないのは何でかな?また、北海道に林蔵直系の子孫が残っていたりしないのだろうか。すげぇ、気になる

んですけど。(^^;

 

(3)文政十一年のスパイ合戦 検証・謎のシーボルト事件 秦新二 文春文庫

調所笑左右衛門でも紹介した本だが、シーボルト事件について語る際には、もう外す

ことの出来ない本。上司である高橋作左衛門経由で送られたシーボルトからのプレゼ

ントすら決まりに従って処理する姿に、林蔵の幕臣として自分を律して生きている様

子がうかがえる。つーか、シーボルト自身が隠密御用も務める林蔵から見れば怪しく

ってしかたない人物だし、普通幕府にそのまま差し出すよな。気付よ、高橋作左衛門。

 

(4)未踏世界の探検-間宮林蔵 赤羽榮一 清水新書

間宮林蔵の生家のある村に生まれた著者が林蔵について長年に渡って調査し、その結果

をまとめた本。かなり林蔵贔屓で推論による断定もあるが、(3)の本以前に書かれた本の

中ではかなりまとまっている本だと思う。(1)、(2)の本でも参考資料に使ってるとか。

 

 

 

(5)林蔵の貌 北方謙三 文春文庫 

シーボルト事件を『林蔵の島津重豪に対する復讐』として描いた作品。徳川斉彬による

水戸藩士の蝦夷移住計画や島津藩の抜け荷、シーボルト事件に絡む幕府内での暗闘など

史実資料を上手く使っている。林蔵の『冷たくて、頭が切れ、強い』という性格描写の

中に実力がありながら身分社会ではその実力に値する地位を得ることが出来ない人物を

上手く描いている。この林蔵が惚れる人物を配し、敵として生まれながらの大名で『

然として悪を成すことの出来る』島津重豪を置くことで、前半の荒唐無稽さを補って余りある骨太な作

品に仕上がっている。やっぱ、読んでいて腹が立つくらい絶望的に巨大な敵がいる作品は面白いよね〜。

 

(6) 日本滞在記 レザーノフ 岩波文庫

林蔵の人生を変えた大事件、ロシア船による択捉島襲撃を指示した人物の日本滞在記。

上にも書いたように襲撃の現場に居合わせたことが、林蔵を苛烈な探検行に駆り立て

たと思われるのですが、これを読むと林蔵には悪いが、そらー襲うよって感じ。

エカテリーナU世の知遇も得ていたレザーノフは日本との通商を行うことでシベリア

開発を押し進めたいという夢を持って、家族と別れ、安逸な生活を捨てて、命がけで

来ていたのですから。大黒屋光太夫を送ってきたラクスマンの後を受け、日本にやって来たものの、

半年あまりも長崎に足止めされたあげく、手ぶらで追い返されてます。しかも日本からの食料が得ら

れなかったため、アラスカの基地では食糧不足により17名が死亡し、択捉島襲撃は日本に開国を迫

る非常手段だったようです。貿易を行えば日露双方が得をするという真意が日本側に伝わっていない

のが、その後の日露関係を象徴するようですな。可哀想なことにレザーノフは家族の元に帰ることは

出来ず、イルクーツクで亡くなっていますしね。

 

(7)閉じられた海図 古川薫 文春文庫 

林蔵が遠国隠密として摘発し、家老2名切腹、陪臣と船主が処刑されて終わった浜田藩

密貿易事件の物語。余り知られていないが主人公の船主、会津屋八右衛門は鎖国時代にも

関わらず和船(!)でルソンやジャガタラに渡って交易をしている。密貿易が摘発された

原因を藩主松平康任と水野忠邦の幕府内での権力争いと絡めてあり、林蔵は同じく海外に

夢を馳せる者として八右衛門に共感を抱く、結構良い奴に書かれている。

やや薄っぺらな感もあるが、登場人物が皆いい人なので、さわやかな読後感の本。

 

(8)間宮林蔵 瓜生卓造 山と渓谷社 

山渓の編集部からの依頼を受けて書かれた作品なので、正直、著者の思い入れというか、

熱いとこのあまり無い作品。まあ一応、林蔵の全体像は追っかけてるし、図版も多いので

それなりといったところか。やはり人物を描く上では思い入れって大事だよなぁと再認識。

 

 

 

(9)北方探検の英傑−近藤重蔵とその息子 久保田暁一 PHP文庫 

平山行蔵、青木俊蔵(のちに間宮林蔵と差し替えられる)と共に「蝦夷の三蔵」と謳われ

た英傑。幕府の命を受け、数度にわたり千島方面を探検。択捉島に「大日本恵登呂府」と

の標柱を立たことは、後の日露交渉にも大いに役立った。若い頃からその才能を認められ

将来を嘱望されていた男が、傲慢さゆえの社会適合性の欠如から出世コースからはずれ、

最期は息子の犯した殺人の咎を背負って謹慎先で果てる悲劇を、その悲しみを抱いたまま

流人として八丈島で明治維新を向かえた息子と共に、愛情を持って描く好著。

一種の異能者(魔人)としての重蔵と、父の重責から逃げ出そうともがく、温厚だが常人の息子とを

等価に描いているところが良い。はっきり云って、超お薦め。短大の先生で本職の物書きでは無いが、

これだけ読ませる作品は中々無いでござるよ。

 

(10)最上徳内 島谷良吉 吉川弘文館 

青木俊蔵、近藤重蔵、間宮林蔵らと共にほぼすべての蝦夷地、北方探索のミッションに

参加。軽輩ではあるが、明晰な頭脳と強い肉体、卓越した行動力を持つ事もあり、常に

先頭に立って困難な指名を成し遂げた人物。いっちゃぁなんだが、ある意味上記3名より

ずっと優秀。北方探検の真のキーパーソンといっても良い。有能で強靭だが社会性に欠け

る重蔵や林蔵と異なり、晩年は特に敵(松前藩は別)を作る事も無く、私塾を開き後進の

育成に努めた。またシーボルトとも深く交流し、彼と共に「日・独、蘭・アイヌ語」の辞典を作成し、

欧米における語学研究にも貢献。国禁を犯してシーボルトに北方を含む地図を贈与した。この老学者と

の約束を守り、徳内が確実に亡くなっている25年後まで地図の公開を控えたというエピソードは野心

満々なシーボルトをあまり評価して無いおいらでもジ〜ンと来るものがある。

 

関連人物

調所笑左右衛門 ・シーボルト ・島津重豪 ・高橋作左衛門景保 ・伊能忠敬 

 

戻る