ライオンズ伝

(超個人的 人名辞典)

 

一般的には知られていない、又は忘れ去られたお気に入りの人物を紹介する場所。

まずは、比較的メジャーどころから始めて、だんだんマイナーにする予定。

と思ってたんですが、みんな、めっちゃマイナーだな。(^^))てへっ

 キャラ集めのコンセプトは「凄いけど、かなりネジはずれてる」ってことだったのですが

最近ちょっと選定が真面目すぎかなぁとも思ってますわ〜。

 

    星一 (野口英世の親友、自主独立の心で戦い抜いた経営者)

    甘粕正彦 (闇と志を併せ持つ満州の影の帝王)

    張学良 (抗日の英雄、実在の鉄仮面)

    勝小吉 (生涯を無頼に生きた勝海舟の父)

    石光真清 (報われることの無かった日露戦争の影の功労者)

    調所笑左衛門広郷 (西郷らに抹消された薩摩の救世主)

    高岳親王 (天竺を目指しながら南海に消えた皇太子)

    堀栄三 (マッカーサー参謀と呼ばれた男)

    植村直己 (日本人の心を世界に示した冒険家)

    大島育雄 (エスキモーになった日本人)

    ペトロ岐部 (自力でローマにたどり着きながら、日本で果てた殉教者)

     アテルイ (坂上田村麻呂と戦った蝦夷の英雄)

    エミール・ド・ジラルダン (高度資本主義社会を作り上げた男)

    ヘンリー・キャベンディッシュ (謎の天才科学者)

    ジャン=ジャック・ルソー 18世紀ヨーロッパ最強のアジテーター)

    間宮林蔵 (世界地図に名前を残す唯一の日本人)

    ジム・モリソン (詩人にあこがれたロックスター)

    近衛前久 (天下統一に奔走した貴族)

    マクシミリアン・ロベスピエール (フランス革命高揚期を象徴する清廉の士)

    ジョン・ミルトン (清教徒革命を生き抜いた盲目の詩人)

     森寅雄 (オリンピック米国フェンシングチームの監督になった剣道の達人)

    小日向白郎 (3つの名を持つ日本人馬賊王) 

    高山右近 (多くの戦国武将達に愛された、キリストの騎士)

    山上宗二 (秀吉に逆らい惨殺された、利休第一の弟子)

    細川忠興 (右近の親友、自信に満ちた戦国武将) 

    杉山龍丸 (樹を植えた男、インド『緑の父』) 

    徳川義親 (革命家の魂を持った、最後の殿様)

    杉山茂丸 (政界の黒幕、経済感覚に富んだアンチ国粋主義者)

    佐々井秀嶺 (龍樹老人に導かれし、インド仏教の指導者)

    上温湯隆 (サハラ砂漠単独横断に賭けた青春) 

    井上清直 (開国により日本を守った、徳川幕府最良の文官)

    リチャード・F・バートン (驚異的知性と冒険心を併せ持つ男)

    藤沢武夫 (世界のホンダを作った偉大なNo.2)

    柴五郎  (日英同盟成立の影の功労者、リュテナン・コロネル・シバ)

    A・デュマ (三銃士、モンテ・クリスト伯よりスケールの大きい人生)

    西岡京冶 (ブータンに残る、日本国際協力最高の成果)

    龍造寺隆信 (杉山家の祖、戦国期九州一の暴れん坊)

    斉藤実 (海難防止、遺族救済に命をかけた男)

    結城無二三 (後半生を伝道と子息の教育に捧げた、新撰組の生き残り) *

 

題名は「獅子の巣穴(Lion’s Denn)」とかけてるつもり。(^^;

  感想など有りましたらこちらに → 掲示板@ライオンズ伝

 

 

Top