近衛前久(このえ さきひさ)

1536(天文5)..〜1612(慶長17).5.8

 

  天文5年関白太政大臣近衛稙家(たねいえ)の長男として生まれる。5歳で元服し正五位下に叙せら

れた後、11歳で後奈良天皇の猶子となる。同23年、関白、氏長者、左大臣となり19歳にして官位を

極める。しかし朝廷に実権が無いことに失望、西国への下向を試みるが反対を受け断念。永禄2年(15

59)、上洛してきた上杉謙信と血の盟約を交わし、彼と共に天皇、将軍家を中心とした支配秩序を回復

する事を望む。永禄3年から2年間越後で謙信と共に過ごすが、関東平定すら夢物語に過ぎず、失意の

うちに帰洛。

  永禄11年、織田信長が足利義昭を連れて上洛。義昭との確執から、関白を罷免され大阪に出奔。こ

の後7年間の流浪を余儀なくされる。義昭が追放された後、信長のとりなしを受けて帰洛し、信長の

旧体制派政策(天皇公家社会、室町幕府、本願寺、守護大名等)のキーパーソンとして、信長の下で

外交、調停工作に奔走。石山本願寺の和平交渉合意、島津家による九州争乱の調停などに活躍する。

信長の武田攻めに従軍した天正10年、信長は本能寺の変で自害。後継と目された織田信孝、羽柴秀

吉と隙を生じたこともあり剃髪し「龍山」と号す。本能寺の変に関わったとの疑いを秀吉から受けた

ため、かつて改姓の労を執ったことから親しくなった徳川家康を頼り、浜松へ下向。後に許されるが、

秀吉と家康の間に「小牧・長久手の戦い」が起きたこともあり、政治的立場は微妙となる。

 官位により自己政権の正当化を図ろうとした秀吉の強要により、秀吉を猶子とし関白就任の道を開く

事になる。関白就任後、秀吉は豊臣の姓を創始して近衛家との関係を切り、公家社会は武家政権に飲み

込まれる形となった。のちに子息信尹の薩摩配流などがあったが、慶長3年(1598)秀吉は死去。同5年

に起こった「関ヶ原の合戦」後には、敗軍となった島津家の落人を保護したうえで、家康との和平交渉

に奔走し、同6年8月家康から島津領安堵の確約を取り付けた。家族に囲まれた穏やかな日々を送り、

信尹の関白就任を見届けた後、同17年(1612)77歳で亡くなった。

 

注目理由

朝廷の政治、経済的地位が最も地に落ちていた時期に「公家社会最高の家門や朝廷最高の官職は、政

治権力の重要な一翼をになうもの、政局に対してそれなりの影響力を行使すべきものであり、そうする

ために自分は積極的に武家とかかわろう」(参考文献(1)より)という志を持って激しく生きた人物。

 上杉謙信が何度も上洛していたのも初耳だったが、信長の本願寺工作、秀吉の関白就任過程、関ヶ原

の戦い後、何故島津家は潰されなかったのか等、歴史認識の上で疑問に思っていた箇所を埋めてくれる

人物であった。自らが望んだ「朝廷最高の官職が実際の政治を行う」ことが、彼の考えを遙かに越えた

権力を持つ秀吉の登場により逆説的に実現してしまったとき、前久は自分の人生に何を思ったのでしょ

うか。信長の死により人生での栄華を諦めたとはいえ、心苦しい物があったに違い有りません。

彼の死後も、朝廷と公家社会を「伝統文化の担い手」として政治機構と完全に切り離そうとする徳川

幕府との戦いは彼の孫に当たる「後水尾天皇」らによって続けられます。そして彼らの敗北により、政

治機構としての朝廷は永い眠りにつくことになるのです。

 

参考文献

(1)流浪の戦国貴族近衛前久 谷口研語 中公新書

前久についてまとめられている唯一の本。時代の変遷と、自ら望んだこととはいえ、その時

代に振り回される前久の人生を上手く描ききっており、前久についてはこの本を読んでおけ

ばOK。謙信と血で全文を記した契約書をかわした青年期の激しさや、信長の外交官、数少

ない友人として過ごした日々、お互いに志を持って助け合い激しく生きながらも、晩年、敗

残の苦さを共有せねばならなかった島津義久との交流など、面白さの中にも胸を揺さぶるも

のがあります。

もっとも、息子の信尹は彼の放浪につきあわされたため、若い頃に宮中での儀式などについて詳しく学

ぶ機会があまり無く、苦労させられ続け、かなり不満を持っていたようです。そら、そーだよな。(^^;

まぁ、歳をとるに連れて前久の抱いていた志や苦労に思い至り、和解できたのは良かったですね。

 

(2)安土往還記 辻邦生 新潮文庫

信長について書かれた小説の中でおいらがNo.1と信じて疑わない作品。宣教師オルガン

チーノと一緒に来日したイタリア人の理知的で客観的な目を通して、峻烈な中に豊かな人

間性を持つ信長像を描ききっている。おいらがイメージしている信長像が、必要最小限の

分量の中に描ききられており、最初読んだときは相当ショックを受けた。

辻氏は作品の主題として深遠な心理描写と壮大なロマンを描きうる希有な作家であり、自

分の作品を常に「芸術作品」として意識し、その空気の希薄な高みで生き続けようとした彼の姿自身を

信長に投影して居るのだろう。後期の冗長な作品と違い一気に読めるのも良い。おいらは辻氏の作品を集

めているが、個人的には一番好き。ぜひ読むべし!!

 

(3)織田信長中世最後の覇者 脇田修 中公新書

信長について感じていた謎の一つ「楽市楽座」をどうやって考え出したかを教えてくれた本。

別に信長が考え出したわけでは無く、彼の支配地の近郊には「楽市」を実施している自由都

市が多く存在していたんだね。「楽座」も強制ではなく座を安堵した例も多いとなどの実例を

挙げ、革命家ではなく中世社会の改革派として信長をとらえている。信長政策の中世性は、

秀吉政策の近世性と比較することで、説得力を持った形で展開されており、一般的信長像の

虚構性を廃した後に現れた、革新的でありながら緻密で堅実な政治家姿は、おいらの持っていた疑問を多

く解決してくれた。前久もちょっとだけ出てくるが、信長にいいように使われてる頭の悪い貴族達の代表

って感じ。まぁ、別に間違っているわけじゃないんでしょうけどね。

 

(4)花と火の帝(上)(下) 隆慶一郎 講談社文庫

江戸初期を舞台に、朝廷の独立的地位を守るべく徳川幕府と戦い続けた「後水尾天皇」を守

る八瀬童子等「天皇の隠密」と、幕府との暗闘を描いた作品。後水尾天皇は後陽成天皇と前

久の娘前子と間に生まれてます。彼は譲位の意向をスト権のように振りかざし幕府の強制と

正面から戦った珍しい天皇です。

彼の激しい性格は、朝廷の立場が時の支配者の意向に振り回された時代のせいでもありますが、

朝廷の権威回復を目指し国家統一に奔走した前久の血と考えることも出来ますねぇ。文化人としても有能で

和歌の他、「生け花」を芸術としての「華道」に高めるのに大きな影響を持ったと言われています。

作品は日経で連載していながら隆氏の死去により未完。おいらが隆氏の最高傑作と見る「影武者徳川

家康」と比べるとかなり荒唐無稽な作品だが、連載で読んでいた人に言わせると「凄い面白かった。」

らしい。確かにテンポが良いので、単行本より連載で読んだ方が面白いだろうね。しかし、隆氏はこの

作品をどう終わらせるつもりだったのでしょうか。(/_/)) ?はてな

 

(5)吉原御免状 隆慶一郎 新潮文庫

それまで脚本家として活躍していた隆慶一郎氏の小説家としての処女作。処女作らしく後

に隆氏の書く内容(影武者徳川家康、秀忠悪人説、道々の輩、公界、後水尾天皇、裏柳生)

がぎっしり詰まった作品。フィクション性は強いがその分物語としての面白さを持ってます。

武蔵の剣「二天一流」を使う主人公の松永誠一郎は後水尾天皇の落とし胤。ってことは、

前久の曾孫ですね。ところで、隆氏の作品は男性に絶大な人気がありますが、女性はこの人

の本を読んで面白いと感じるのでしょうか?ちょっち、想像できないな。(^^;

 

(6)信長燃ゆ 安部龍太郎 新潮文庫 *

本能寺で信長を討った黒幕を、信長が自らの猶子である五の宮を即位させ、太上天皇となって

朝廷の上位者として君臨するのを許せなかった「近衛前久」して描いた作品。実力差がありすぎ

て物語として成立しないだろと思い、文庫本になるまで読みもしなかったが、これが凄い面白い!

安部氏のこれまでの作品が正直小粒(というかニッチ物)だったので侮ってました。すんません。

これまでの本能寺ものは、自らの心の声にのみ従って疾駆する「血と暴虐の魔王」たる信長に対し、

彼を討った光秀はもとより、黒幕扱いされる秀吉や家康すら小物の感が否めないのが難点でしたが、前久を朝廷

の復権と擁護のため全知全能を持って抗う、信長と同格の「知と謀略の魔人」として描くことで、互いに鎬を削

りあう強力なライバル像を提示するのに成功してますね。信長の死を冒頭に持ってきた為か、ラストが本能寺の

変直前で唐突に終わってるのだけが残念。信長亡き後の前久や、晴子、誠仁親王について後日談の形で一章設け

れば、さらに余韻のある作品に仕上がったと思うのですがねぇ。

 

(7)信長の親衛隊−戦国覇者の多彩な人材   谷口克広 中公新書 *

信長の業績は、天下を統一しようとしたことだけでなく、中世から続く権威やシステムと破壊、修

正し、政治、経済、交通などの面で近世への道を切り開いた点が持って高く評価されて良いと思い

ますが、一般に知られているのは武将(=軍人)としての彼の部下たちだけです。この本は文官や

行政官として信長の近くに在り、彼の手足として働いた近臣、近習達について書かれた本。有名な

森蘭丸はもとより信長お気に入りの仙見万千代らマイナー人物の記載も充実。信長の祐筆件外交官

僚として、老体に鞭打って働きづめに働かされてる村井夕庵に至ってはほとんど可哀想。本人も結構泣き入って

ます。安土城址は近所にあってよく散策に出かけますが、あの急でバカ長い安土城大手道のかなり上の方にある

夕庵宅を見るたびに、「お爺ちゃん、これはマジ大変だったよねぇ・・。」といつも思います。(^^;

 

関連人物

・後水尾天皇 ・ヴァリヤーノ ・島津義久 ・オルガンチーノ

 

戻る