勝小吉(かつ こきち)

1802(享和2)..〜1850(喜永3).9.4

 

本名 勝左衛門太郎惟寅。旗本男谷平蔵の三男(妾腹)に生まれ、7歳で禄高40石/年

(実質取り分40俵/年)の貧乏御家人勝家の養子となる。

14歳の時、養家の祖母との確執から出奔。4ヶ月に及ぶお伊勢回りの乞食旅を経て帰宅。

旅で得た怪我が元で2年ほどは外に出ずに過ごす。その後、無役から役付きになろうと

運動するが果たせず、剣(直新影流)の鍛錬と喧嘩、吉原通いに明け暮れる。

借財で身動きがとれなくなり21歳で再び出奔。甥の新太郎(後の剣聖男谷精一郎)に

説得され帰宅するが、父によって丸3年間座敷牢に押し込められる。

出牢後、再び役付きの運動をするが実現せず、生活費は処道具の売買、刀の目利きなどをして

自ら稼ぐこととなる。その後、深川本所の顔役のような存在となり、生涯無役として

市井に埋もれた。37歳で隠居、夢酔と号す。嘉永3年49歳で死去。死因は脚気といわれる。

 息子麟太郎義邦は後の勝海舟。娘お順は佐久間象山の妻。

 

注目理由

歴史に名の残った人物の父親が偉人どころか喧嘩好きの愚連隊の親分みたいな存在だった

らしいと聞き及び、学校の図書館にあった自伝を読んだらすげぇ面白かった。

 アラン・シリトーの「土曜の夜と日曜の朝」や「長距離走者の孤独」とかと似た面白さ。

 ただの無頼の徒ではなく、息子の剣の師匠として自ら選んだ島田虎之助に付けたり、

 蘭学禁止の風潮を物ともせず、蘭学修行を続けさせたりした布石が勝海舟のバックボーン

を構成することとなり、日本を本格的内乱の危機から救ったと考えると興味深い。

 幕末の口語だから、原文でも最初は違和感があるが、慣れれば普通に読めます。

 

参考文献

(1)夢酔独言他 勝小吉 東洋文庫

小吉が42歳にして鶯谷に庵を結んだおりに孫子の戒めとするために書いた自伝。

学の無いのが幸いして自分を美化することなく、率直かつダイナミックに書かれて

おり、日本人の自伝としては無類の面白さを持つ。勝海舟はかなり早い時分から

「幕府解体」を口にしているが、これは子供の時から生活費は父親や自分が独力で

稼いで得た物であり、幕府の世話になった覚えがないと考えていたからであろう。

 

(2)平子龍先生遺事(夢酔独言 東洋文庫に併録)

 小吉が若い時分に師事した平子龍こと平山行蔵についての思い出を記した書。行蔵は微禄の伊賀同心と

いう家柄ながら、祖父から三代続いた武辺者として、また学識の高さで有名であった人物。

当時問題になっていた、ロシア人に対する蝦夷の防備案として、死罪の決まった囚人共を自分の配下に

つけて蝦夷に送って欲しいと訴えたことで、間宮林蔵、近藤重蔵と共に「蝦夷の三蔵」と呼ばれる。

 布団を用いず普段は甲冑を着込んで土間にそのまま寝てたり、相撲取りの雷電と力自慢をして勝った

りとエピソードには事欠かない。小吉はこの人物に至極気に入られていたらしく、しばしばその元を訪れ、

 英雄、豪傑の話などを聞くのを楽しみにしていたらしい。時代のせいもあるのだろうが、人生において

情熱を傾ける方向が変にずれていて、ちょっともったいない気もする。

 

(3)夢酔独言−勝小吉自伝− 勝部真長訳 角川文庫

小吉研究の第一人者による現代語訳。現代語訳とはいえ、漢字の間違いを正したり、

説明を補ったりしただけで文体にはほとんど手を入れていないうえ、原文でも十分

読めるのであまり意味が無い気もする。ただ、現代語訳の後に付けてある解説は参考

資料として面白く、年表、家系図共に非常に便利である。男谷精一郎によるペリー暗

殺計画もこの本に書かれてます。

 

(4)おとこ鷹(上)(下) 子母沢寛 新潮文庫

小吉を主人公にした江戸の市井もの小説。小吉が江戸っ子っぽい軽さはあるものの、

欠点のない聖人のごとく描かれており、夢酔独言の拗ねた影のある小吉像とは異なる

感もある。もっとも、子母沢寛の描く幕臣像は常に義理人情に厚い好人物であり、

そこが書きたいところなのだから仕方ない。世間に小吉を知らしめた功績は大きい。

 

 

(5)父子鷹(上)(下) 子母沢寛 新潮文庫

上と同じく、小吉、麟太郎親子を主人公にした作品。連載はこっちの方が先。

表紙を見てもわかるように、最近、松本幸四郎が小吉役でTVドラマにもなってます。

悲しいかな視聴率はそれほどでも無かったみたい。

 

 

 

(6)勝海舟 1〜6 子母沢寛 新潮文庫

題名通り勝海舟を主人公にした作品だが、1巻は事実上小吉が主人公。子母沢寛の最長

連載作品であり何度も手直しをしている。子母沢寛は小吉に幕臣であり鳥羽伏見の戦いに

参戦し、後に北海道に移住した亡き祖父「梅谷鉄太郎」の面影を重ねており、滅び去った

江戸文化への哀惜と肉親への思慕の情が作品に込められているのがわかる。

この作品では、小吉親子の他に西郷隆盛の命を受け、薩摩の間諜、反幕テログループの

リーダーとして江戸で暗躍した「益満休之助」が作者の感情移入度合いの高い人物として書かれている。

 

(7)遺臣伝 子母沢寛 新潮文庫

最後の剣客といわれる直真影流『榊原健吉』が主人公なんだけど、師匠が男谷精一郎

信友。若い頃は小吉と一緒に町人に喧嘩ふっかけて歩いてた困った兄ちゃんでしたが、

小吉の長兄の養子になってからは、真面目になり、幕末を代表する剣豪になりました。

もっとも真面目すぎるため、幕府が外国の武力に対抗する為の幕臣養成機関の講武所で

西洋式調練を行うのではなく、剣術や槍の訓練を大真面目にやっちゃったり、ペリーと

の第一次交渉に参加した後、「国の為にならないから、今度やってきたときには、交渉の時に刺し違え

ようと思う。」とまで思い詰めちゃったりします。2回目の交渉時に担当役から外されなかったら、

日本の歴史はどえらいことになっていた所でした。こんな達人に襲われたら絶対に助からないです

ものねぇ。(^^;

 

(8)蝦夷物語 子母沢寛 中公文庫 

勝小吉をメジャーにした作家『子母沢寛』がその祖父の半生を描いた作品。彰儀隊

に参加して北海道まで渡り、人生を時代の敗者として生きた祖父への愛惜に満ちた

名作。星新一氏の「人民は弱し〜」に相当か。個人的には子母沢寛の作品の中で

一番好き。最近、めっきり見かけないので、見つけたらゲットしておくように。

 

 

(9)ふところ手帖 子母沢寛 中公文庫 

子母沢寛の歴史系エッセイ集。冒頭に男谷精一郎信友が取り上げられている。遺族

から聞いた事例が並んでおり、貴重な資料でもあり興味深い。言い伝えによると、

小吉は親戚の間で「柄のぬけた肥びしゃく」と呼ばれていたとのこと。これは

「どうにも手が付けられない」意味だが、実に酷い言われようで、小吉が親戚から、

心底もてあまされていたことがよくわかる。

 

(10)喧嘩侍 勝小吉 小松重男 新潮文庫 

小吉を鬱屈した性格破綻者としてちゃんと捉えており、子母沢寛の描く小吉像より

ずっと「夢酔独言」の小吉像に近い。個人的にはこっちの小吉の方が好き。金貸しの

父親に旗本の株を買って貰って武士になった「そろばん侍」の父が小吉の暴力沙汰

に困りながらも、内心喜んでいたという説は面白いだけでなく説得力がある。

とはいえ、「夢酔独言」で一番面白い「お伊勢乞食詣で」を小吉の創作として無視し

ているため、荒唐無稽な面白さに欠け、ちともったいない。作中、男谷精一郎(幼名新太郎)を

忠次郎の兄としているが実際は腹違いの弟。亡くなった忠次郎の実兄の名を、あとに生まれた妾腹

の子にそのままつけたため混乱しやすい所とはいえ、この点は残念。まぁ、小説のプロットには

全く関係ないので、問題ないんだけどね。

 

(11)相馬大作と津軽頼母 長谷川伸 徳間文庫 

文字が読めないので,平山行蔵の正式な弟子にはしてもらえなかった小吉と異なり、

行蔵門下でもっとも優秀とみなされた人物が、相馬大作こと下斗米秀之進将真(ま

さざね)。青森県は旧津軽藩と旧南部藩から成っており、戦国末期に津軽藩家祖の津軽

為信がどさくさに紛れて南部藩の一部を横領して独立しちゃって以来、いまだに(笑)

仲が悪いです。そのイライラが最高潮に達した時期に、当時としては一級品の軍事関

連教育を受けた大作による、津軽藩主暗殺未遂事件が世に知られる「檜山騒動」。

手作りの竹鉄砲(殺傷能力は十分にあり)をもって、参勤交代から帰藩中の津軽藩主を襲撃しようと

待ち伏せたものの、武器を製作させた刀鍛冶の直訴により、帰藩経路を変更され未遂に終わりました。

のちに関係者は捕縛され、大作は死罪と成りますが、南部びいきの判決が出た事もあり、本人はそれ

なりに納得してた模様。行蔵門下だけあって、間宮林蔵と親交があったり、北方警護に関する独自の

私案を持っていたようですが、今から見るとつまらない事に命を捨てたような気がしてしまうのがせつ

ないですね。ちなみに、昭南博物館接収で活躍した「田中館教授」は、下斗米家出身で大作の縁者だ

ったりします。

 

(12)勝海舟の嫁 クララの明治日記 上、下 クララ・ホイットニー 一又民子他訳 中公文庫 

海舟の三男で小吉にとっては孫に当たる「勝梅太郎」と国際(出来ちゃった)結婚

したクララさんの日記を海舟の曾孫である一又民子さんらが訳している。日本にやって

きたものの、仕事をドタキャンされて困りきっていた一家に、海舟が援助の手を差し伸

べてたのがきっかけで両家の付き合いが始った。少女の眼で見た明治期日本の上級社会

の記録としても貴重だし、それを抜きに読んでもなかなかに楽しい。初期のキリスト教

活動家たちの記録としても価値があり、末尾の登場人物略歴も役に立つ。

アウトサイダーではあるが生活力に裏づけされた自信をもっていた、小吉や海舟と異なり、梅太郎が

男前だけど生活力が全然無いつーのが困りもの。何でそーなっちゃうかなぁ。あと海舟の娘さんって

幕臣系の海軍関係者に縁付いてるのが多いです。海舟が海軍創設に力があったつーのは、彼自身が作っ

た虚像ですけど、幕臣系の有能な人材を多く送り込んだのは確かなようですね。

 

(13)喧嘩御家人 勝小吉事件帖 風野真知雄 祥伝社文庫 

出奔の咎で座敷牢に押し込められている小吉が、友人らの持ち込む話を元に市井の事件

を直感とちょっぴりの推理で解決する異色の探偵小説。基本設定に無理があり(笑)、

謎とき自体も正直大した内容ではないが、著者の小吉への愛情や思い入れは伝わって来る。

軽い読み物としては悪くないかも。

 

 

(14)海舟語録 勝海舟巌本善治、江藤淳、松浦玲 講談社学術文庫 

ジャーナリストであり教育者でもあった巌本善治が海舟の晩年、死の五日前までに

わたって記録した、『海舟餘波』、『海舟座談』に収められている談話を、時系列に

沿って配列しなおした本。談話の語られた時代背景が明確になることで、単体だと

年寄りの与太や誇張の多い自慢話」感の強い海舟の談話が、話の飛躍や誇張は

あるものの、一貫した主張と実際の政治力を背景に持つものであったことがわかる。

薩摩閥との親密な関係など明治期にあっても実際に政治に関与していたこともわかり、非常に

面白く読めた。正直言って、明治の海舟を見直しましたね。これは、新版の氷川清話も読まねば。

 

(15)梶原一騎伝 斉藤貴男 新潮文庫 

「巨人の星」「空手バカ一代」などの漫画原作者として、大きな影響力を持った梶原

一騎こと高森朝樹の実像に肉迫した評伝。なぜ、小吉のページにこれが出てくるかと

いうと、「巨人の星のテーマが「父と子」にあり、キャラクター造形のイメージが

下母沢寛の「父子鷹」にあると記されているから。つーことは、あの「星一徹」は

小吉がモデル(少なくとも一部)ってことに!!正直、下母沢さんの書く小吉は

 なーりの親バカで、あのスパルタの星一徹とは、いまいち上手く繋がらないのですが、意外な所に

小吉の影が潜んでいるものだなぁと思った次第です。

 

(16)豪の剣−剣豪平山行蔵 永井義男 ハルキ文庫 

小吉がファンだった平子龍こと平山行蔵を主人公にした小説。男谷精一郎、下斗米

秀之進(相馬大作)、行蔵の内弟子で家督をつぐ竹内金十郎ら弟子たちもフル出演

小吉は精一郎と違って正式な弟子じゃないし、出ると暴走しそうな為か登場してませ

ん。(笑)松平定信との親交や雷電との力比べ、精一郎が何故か近所の犬に好かれて

るなど、細かいエピソードもちゃんとかかれてて、よく勉強してるなぁと思わせる作

品。母への「孝」の念にとらわれ、死地に乗り込む友人を一人で死なせたことが後の人生を決定付

けたというエピソードは小説のプロットとしては非常に良いと思います。人物に対して事件のスケ

ールが小さいのは、時代が時代だからしゃー無いけど、もう少し無茶してもいいと思いますね。

 

(17)藩邸始末−剣豪平山行蔵 永井義男 ハルキ文庫 

上記(16)の続編。弟子と一緒にインチキ剣術家と退治→仕返しに来た用心棒とVT

(ヴァリートゥード)勝負→松平定信の内示を受けた討ち入り→終り、と既にパタ

ーン化しているのは如何なものか。オジサン向けのHシーンも取って付けたようで、

これなら無いほうがずっと良い。地力はある人と思うので、もっと大きなスケール

で物語を書いて行って欲しいものです。あと、男谷精一郎とお浦の恋が基調として

ありますが、精一郎って名乗ってるってことは既に小吉の兄の養子になってるはず。確か家付きの

娘が居るはずなので、この先、どうするつもりなのかがちょっと気になります。

 

(18)小説のタネ 下母沢寛 中公文庫 

「ふところ手帳」と同じ傾向の時代小説元ネタのエッセイ。無頼ではあるが名の

知られた剣術使いであった小吉が実力を認め、わが子(海舟)を預けた「島田虎

之助」が登場。中津から自信満々で上京したものの、小吉が道場開きの審判を勤め

た剣客「井上伝兵衛」に敗れて、精一郎への弟子入りを進められるエピソードや若

い時の野山を巡っての修行などが語られている。「夢酔独言」では小吉に吉原を案

内されて魂消たり、狭量な次兄に振り回される人物をして描かれているが、なんだかんだ言って

小吉は虎之助のことが好きだったのだろうなぁと思う。これらを島田の孫弟子や親族(小吉と付

き合いのあった島田の長兄の孫)から直接聞いてるってのが下母沢寛の凄いところか。

 

(19)青春論 坂口安吾 角川文庫 

当方所有の角川文庫版(1970年版)だと「堕落論」に収録。当時殆ど知られて

いなかった小吉の夢酔独言を読んで、全編にあふれる悠々たる不良ぶりに非常

な感銘を受けたことが書かれている。「夢酔独言」の「五輪書」を比較し、夢酔

に比べれば宮本武蔵は平凡でボンクラだとまで言い切る肩入れっぷりだ。

この本を読んで小吉に興味を持った人というのも結構居るのでは?おいらは安吾

ものでは「暗い青春・魔の退屈」がお気に入り。安吾にとっての永遠の恋人たる矢田津世子と

の関係がジッドの「狭き門」を連想させ、「好き合ってるならうだうだ言わずにさっさとやれよ!」

といつも思う。(^^)

 

(20)氷川清話 勝海舟江藤淳、松浦玲 講談社学術文庫 

勝海舟が新聞等に発表した談話を吉本襄がまとめた「氷川清話」から吉本が勝

手に内容を変更していた箇所を削除訂正し、未収録談を追加した最新版。同じ

編者による「海舟語録」が談話を時系列に沿って再配列してくれた為、時事談話

として非常にわかりやすくなったのに対し、表紙の編者名からすら「吉本襄」の

名を削っているにもかかわらず、吉本版「氷川清話」の配列を遵守している為、

話が前後するのはちょっと残念。まぁ題名と構成を買えちゃうと吉本版の「氷川清話」が残っ

ちゃうから、こうせざるを得ないのでしょうけど・・。談話にある「紫田舎源氏」で有名な

戯作者柳亭種彦(幕臣高屋彦四郎の筆名)が小吉と懇意で時々遊びに来ており、海舟にも小説

を書くのを進める話は興味深い。小吉が文章を残そうとしたのも、こういった文人の友人達との

交流が背景にあったのかもしれないですね。

 

(21)私のジョン万次郎 中浜博著 小学館 

勝海舟を乗せた咸臨丸の事実上の航海士は、アメリカ帰りのジョン万次郎こと

中浜万次郎。漁船での漂流の後、無人島にいた所をアメリカの捕鯨船に救われ、

船長の好意によって米国で学んで船乗りとなり、ゴールドラッシュの最中、自ら

貯めた資金を元に船を購入し、自力で鎖国下の日本に帰り着いた不屈の男。英

語の読み書きと最新の海外知識、実戦で身に付けた航海術をもつ万次郎は、幕府

に召抱えられ、著名な洋式兵学者にして伊豆代官である江川太郎左衛門の庇護を得る。当時の

著名な蘭学者は常に攘夷派のテロの危険に曝されており、自らも「錬兵館」を率いる斉藤弥九

郎に守られていた江川は万次郎の結婚相手に小吉の師匠である直心影流宗家団野源之進(真帆

斎)の次女“鉄”を薦める。岳父となった団野は万次郎のボディーガードを勤め、すれ違いざま

抜き打ちに万次郎を切ろうとした刺客を間一髪で切り倒した話が中浜家に伝わっているとの事。

また勝海舟と万次郎は明治以降も親しい付き合いがあった。小吉が海舟の蘭学修行を許容した

事もそうだが、直心影流を含む小吉の周りに西洋文化など新しいものを許容する気風があった

のかなと思う。

 

(22)歴史研究−1982年7月 新人物往来社 

全国歴史愛好家の広場と銘打った歴史研究会の機関紙。会員の研究発表に谷有二氏

の「勝小吉と山口鉄五郎」を掲載。小吉が止めたにも関わらず、性悪な手代の口車

に乗せられて、甲斐市川代官となり、不手際を起こして身上を潰してしまった

夢酔独言」に記されている小吉の元家主“山口鉄五郎”について、当時の資料

を基に調査し、天保の甲斐騒動と呼ばれる事件を詳細に追っている。図らずも小吉

記載と予想の正確さが裏付けられる結果となっているのが興味深い。しかし、「夢酔独言」が

しっかりした歴史研究の資料になるってのが、これまた面白いですよねぇ。

 

(23)日本盲人社会史研究 加藤康昭著 未来社 

近世、主として江戸時代の盲人の社会的地位や組織、職種の発展過程について、ま

とめ上げた専門書。第二部第二節の三に“米山銀一の鍼道学校計画”が取上げら

れている。小吉の祖父で男谷検校とも呼ばれた米山検校(座頭名銀一)は宝暦四年

1754年)、故郷でもある高田藩に“盲人子弟募集の願書“を提出する。貧困無芸

の盲人のうち鍼道望の者を集め、5年間教育する。その期間の生活は寮で行い、学

費他は、米山検校所有の地代から供出する。ゆくゆくは同じ施設を全国に設置し、鍼道を盲人の

安定した収入源とするという壮大な計画。小吉の祖父は、身一つで新潟から上京し、博打の寺銭

を貸したのが契機となって金融業で成功したと書かれる事が多いが、これは伝説(下母澤寛の創

作か)。この本によると当時の盲人医療教育の最高機関である杉山流鍼術を学び、先ず鍼医として

大名家に出入りしている。杉山流は一種の家元制度を取っており学費、免許の発行費用等が高額な

自己負担であった事を考えると、生家がそれなりの財産家であった事が伺える。盲人学校設立計

画は既存の鍼医達の反対にあって潰えるが、お金持ちになっても常に木綿服を身に纏い、貧者に

これを脱いで与える事を例とし、洪水、凶作時には三年連続で施しを行うなど、視野だけでなく

人間としてのスケールも大きい人物だったようですね。

 

(24)幕末浪漫剣 鳥羽亮 講談社文庫 

北辰一刀流の達人で“鬼柘植“と異名をとる好青年の柘植恭之介は、直心影流を

使う不良御家人の勝小吉に誘われ、二人で経営する道場を建てる夢の為に、道場

破りを敢行。更には資金確保の為に首を突っ込んだ尾島藩のお家騒動に巻き込ま

れていく。勝小吉、秋山要助と下母沢寛ものをよく読んではるなぁと思わせる

脇役を配し、ちょっと人を殺しすぎだったり(30人以上を殺して海に流したら、

絶対ばれるよ)、「あー、この娘途中で殺されちゃうんだろうなぁ。」と誰でもわかる展開が

あったりはしますが、それなりにキャラクター設定はしっかりしているので楽しく読めました。

一応、続編も書けそうな終わり方ですが、それはちょっと厳しいか。

 

(25)妖説忠臣蔵女人国伝奇 山田風太郎 徳間文庫 

勝小吉が主人公(?)の指切り地獄”を含む作品集。女房のお産費用欲しさ

に、馴染みの女郎の心中立てや、真剣での道場破りで小指を切らせ、なぜか指を

集めている花魁に一本十両で買ってもらう小吉。花魁の指集めの理由、関わりが

あると思われる怪しい老人と「水の魚」という謎の言葉とキリシタン邪教の影。

とはいえ、バラバラのアイデアととりあえず並べただけといった感じで、風太郎

らしくない相当の失敗作。これは無かったことにした方が良かったんじゃないかな。小吉ファン

も風太郎ファンも読まないで良いです。

 

参考映像

(1)父子鷹 松田定次監督、市川右太衛門主演 東映ビデオ 

下母沢寛原作の「父子鷹」を市川右太衛門が勝小吉、息子の北大路欣也(この作品

がデビュー作)が勝麟太郎を演じる昭和31年の作品。ただでさえ小吉が単純な正義

漢として描かれている原作を、根っから能天気そうな右太衛門が演じているものだ

から、小吉がもの凄く善人に描かれすぎている感はあるものの、全編を通して見ると

涙有り笑い有りの楽しい作品。これはこれで良しと思う。脇を固める役者さん達の

演技は特筆もの。個人的には小吉の兄ちゃん役の月形龍之介と利平冶役の薄田研二が本当に江戸

時代の人のような生活観を醸し出していて最高です。

 

(2)あばれ獅子−勝海舟より 大曾根辰夫監督、坂東妻三郎、山田五十鈴主演 松竹ホームビデオ 

勝海舟」第1巻が原作で名優坂東妻三郎の遺作ともなった作品。これは素晴らし

い、最高!!下母沢寛の描く小吉、お信夫婦像としては共に完璧といって良い内容

小吉の持つ江戸っ子らしい軽薄さと粋と鬱屈を阪妻が見事に表現。「これって、素な

んじゃねーの?」と思うくらい完璧だ。今後、小吉をやる役者さん達がこれと比較さ

れるとレベルが高すぎ、可哀想に思えるほど。お信役の山田五十鈴もこの阪妻に負

けず劣らずの存在感。無茶な夫と出来は良いがトラブルも多い息子を持つ苦労と喜びを抑えた演

技で的確に表現している。ちなみに、勝海舟の妻が芸者上がりの炭屋の娘ってのは、下母沢寛の

創作なので注意の事。題名から小吉が推察できないのがちょっともったいないですが、一見の価

値がある名作ですよ。

 

関連人物

・勝海舟 ・男谷精一郎信友 ・平山行蔵 ・子母沢寛 ・米山検校

 

戻る