石光真清(いしみつ まきよ)

1867(明治元).8.31〜1942(昭和17)..

 

 明治元年(1867)、熊本に生まれる。少年時代を神風連や西南の役の動乱の中に過し、陸軍幼年学校

に入る。陸軍中尉で日清戦争に参加し台湾遠征、ロシア研究の必要性を痛感して帰国、32年特別

任務を帯びてシベリアに渡る。日露戦争後は東京世田谷の三等郵便局長を勤めたりしたが、大正6年

ロシア革命の後再びシベリアに渡り諜報活動に従事する。大正8年帰国後は、夫人の死や負債等、

失意の日々を送り、昭和17年76歳で没した。のち長子真人の手により完成したのが手記(遺稿)

四部作『城下の人』『曠野の花』『望郷の歌』『誰のために』である。(曠野の花、著者紹介より)

 

注目理由

 司馬遼太郎の亡くなった時、彼のもっとも人気のある著作が「龍馬がゆく」でも「燃えよ剣」でもなく

日露戦争を描いた「坂の上の雲」であった事に驚き、日露戦争に興味を持った。

 色々調べていくと、明治の頃は作品のヒットした高度経済成長期と同じイケイケムードの時であるが、

向上心が経済的向上にだけ向けられていた訳では無いところが大いに異なる。

日本人が純粋な祖国愛を抱いていた希有な時代であり、多くの若者が祖国防衛という共通の目的のために

奔走していたことがわかる。その中で、この人は大功を成しながらも報われることの無かった人物として、

文献にしばしば顔を出す。明治から大正にかけての大きな事件の現場に偶然も含め、当事者として

立ち会った見聞の面白さは言わずもがな、明治という時代の若さと、戦争後の失意の日々に目的を

失った日本の姿を象徴的に感じさせる人物。ここにあげた本は、みんな非常に面白いので必読。

 

参考文献

(1)城下の人 石光真清の手記(1) 石光真清著 石光真人編 中公文庫 

神風連の乱や西南の役の渦中で過ごした真清の少年時代から台湾遠征までの青年時代を描く。

これまで神風連の乱はバカな士族の反乱としか捉えていなかったが、当事者達と実際に接した

作者の目を通してみると、彼らは彼らなりに国の将来を憂いていた真っ当な人物であることが

わかる。親友同士が敵味方に分かれて戦わなければならない内乱の悲劇が、無邪気な子供の視線

で描かれており、かえって強い印象を残している。

 

(2)曠野の花 石光真清の手記(2) 石光真清著 石光真人編 中公文庫 

極東への食指を隠さないロシアの脅威に対抗すべく、田村怡与造大佐の後押しを受け露国に赴

いた真清は義和団の乱の影響で起こった「ブラゴヴィエシチェンの虐殺」(清国の砲撃を受けた

ロシア軍が町に住む清国人3000名余全員を黒竜江河畔に連行し皆殺しにした事件)に現地で

立ち会い危機感を強める。より深い諜報活動の必要性から軍籍を離れ、ハルビンに写真館を設立

し満州に対露諜報網を作り上げる。明治の日本人の持っていた、ロシアによる極東侵略への危機

感と身を捨ててでも祖国の独立を守ろうとする愛国心が伝わってくる、日露戦争直前の記録。馬賊の客分にな

り、旅の途中の危機を馬賊組織のネットワークによって何度も救われるのがいかにも中国的で興味深い。

ちなみにこの巻で出てくる清水松月師(花田仲之助少佐)が「龍 RON」に出てくる和尚さんのモデル。

 

(3)望郷の歌 石光真清の手記(3) 石光真清著 石光真人編 中公文庫 

ついに日露の戦いが始まった。真清も満州での諜報活動の経験を買われ、第2軍司令部付副官

として招集され戦地に赴く。多くの同胞をそして親友を喪い、悪戦苦闘の2年間にも及ぶ戦いの

末、尊い血の犠牲によって、祖国は存亡の危機を乗り越えた。しかし、ロシアの脅威が去ったこ

とで対露諜報工作のため心血を注いできた真清は不要者として組織化の進んだ軍から追われる

こととなる。日露の戦いを描いた前半のスピーディかつ哀惜に満ちた描写に対し、戦後軍を追われ

海賊稼業に身を落とすまでになった後半のギャップの差が激しい。これまでを祖国のために全力で生きてきた

著者にとって戦争の終結は目的の喪失を意味し、単に状況に流されるだけの人に成り下がってしまう。信用も

所持金も希望も自信をも失った著者が家族の元へ帰り、慎ましくも確かな幸せを得たことは救いであり、

現在にも通じることとも思う。

 

(4)誰のために 石光真清の手記(4) 石光真清著 石光真人編 中公文庫 

田中義一参謀本部次長の命を断り切れず、軌道に乗り始めた中国での事業を中断し、ロシア革命

の情報収集のため再びシベリアに赴いた真清は軍属として当地の日本人会をまとめる立場に付く。

しかし列強の尻馬に乗った「シベリア出兵」のために戦争の最前線に援護のない形で放り出され、

街を追われ、部下の義勇兵達を戦闘で失い、失意のうちに大陸での軍の諜報活動から身を引くこ

ととなる。日露戦争後、目的を失った日本が迷走するさまが「シベリア出兵」という愚行に当事者

として向き合わなければならなかった真清の苦悩する姿を通じて読みとれる。内地に戻った後、家計のために

再び大陸へ戻らざるを得なくなった著者が見送りに来た息子(真人)に

「お父さんは失敗したんだよ、何もかもね。気が付いているだろう?だが諦めてはいない・・。」

と告白し、後に残していく家族のことを思い列車の中で一人涙するシーンが胸に残る。

 

(5)ある明治人の記録−会津人柴五郎の遺書 柴五郎著 石光真人編 中公新書 (→ 小日向白郎)

会津生まれながら薩長閥の支配する中、陸軍大将にまで上り詰めた人物。後に義和団の乱の際、

北京の列強公使館を囲んだ清国軍に対し、武官として籠城を指揮して凌ぎきり、その冷静沈着な

行動と清廉な人柄は籠城中の欧米人から賞賛された。しかし、幼年期は戊辰戦争のさなかであり、

会津落城の際に母と妹は館に火を放って自害。一家は離散し、配置換えにあった弘前半島で氷点下

20度の極寒の中、壁のないあばら屋で茣蓙1枚被っただけで凌ぎ、死んだ犬の肉を隣人と奪い合

う様な飢餓地獄を体験する。戊辰戦争の際に受けた苦難が会津人にとってどれほど理不尽で苛烈であったかを

この本で初めて知った。同じ日本人に対して行うとは思えないほどの、酷い処置であり、会津の人にとっては

内乱などではなく、家族と祖国を失った「戦争」以外の何物でもなかったことがわかる。最後、西南戦争の際に

著者の兄たちが家族の無念を晴らす機会が来たと欣喜雀躍として薩摩へ「芋退治」に赴く気持ちも理解できる。

ちなみに柴五郎氏は上記の飢餓地獄から石光真清の叔父に当たる野田豁通氏によって救い出された縁で、真清と

晩年にまで及ぶ交友を結んでいる。

 

(6)日本の参謀本部 大江志乃夫著 中公新書

日本における参謀本部の成り立ちとその功罪について書かれた本。この手の本の中では内容が

整理されており、わかりやすく内容も深い。旧日本国憲法が元老という政治、軍事にわたる

絶対権力者の存在を前提として作られているだけでなく、日露の戦いが元老達(山県有朋、伊藤

博文ら)の反対を押し切って、満州鉄道が完成しロシアの極東への輸送力が増大する前にロシア

を叩き、満州を日露の緩衝地帯としなくては日本の独立は守れないとする一部の対ロシア強硬派

により押し進められていたことがわかる。しかし、その中核である田村怡与造が開戦直前に、児玉源太郎が

終戦直後に亡くなったことで真清ら影の仕事に従事した軍属を再び軍にもどす道が絶たれたともいえる。

田中義一が後継者なんだけど、この人は人物は良いかもしれないが、将来へのビジョンと危機時の対応力に

欠けるんだよねぇ。

 

(7)ロシアにおける広瀬武夫(上)(下) 島田謹二著 朝日選書

真清と同じ志を持ち、同時代にロシアに武官として駐留していた人物。

帯のコピーがお気に入りなのでそのまま引用します。

上巻「武骨天使伝 日露戦で壮絶な戦死を遂げた軍神が雪のロシアで送った華麗な青春」

下巻「武骨天使伝 風雲急を告げる日露両国のあいだに流星のごとく煌めいたロシア乙女との恋」

日露戦の旅順港封鎖作戦で自船を沈没させ乗員を退去させるべく点呼した際、杉野孫七上等兵曹

の姿が見えないのに気づき単身艦に戻って捜索中集中砲火を受けて戦死。その勇敢な行為は欧米

でも喧伝され後に軍神として祭られた人物。戦後の軍国教育の否定により忘れ去られたが、東京

大学教授による学術研究書でもあるこの本によって、その爽快な人物像が神ならぬ人間として再び

蘇ったと言えよう。酒は飲まない、女遊びはしない、柔道は講道館四段、武骨一辺倒の九州男児が

異国での経験と人情の機微に触れ、プーシキンやトルストイを愛する一面を持つ情感豊かな奥行

きのある人物に成長していく姿が、豊富な資料を基に作者の入神とも言える熱情をもって描かれて

いる。あとがきにあるように、学術研究書がこんな司馬遼太郎の本のように面白くて良いのかって感じの本。

明治から戦前の頃までの理想の男子像ってのに非常に近い人なんだと思います。ちなみに「マカロニほうれん荘」

で、としちゃんが「杉野はどこだ〜。」ってやってますが、あれがこの人のパロです。

 

関連人物

・柴五郎 ・田村怡与造 ・花田仲之助 ・田中義一 ・野田豁通

 

戻る