細川忠興(ほそかわ ただおき)

1563(永禄6).12.2〜1645(正保2).11.13

 

 安土桃山〜江戸初期の武士。細川幽斎(藤孝)の長男。幼名熊千代。通称与一郎。

 天正6年(1578)越中守に任じ、長岡姓を称す。初め信長に仕えて紀伊雑賀一揆討伐に参戦し、次いで

 松永久英討伐に戦功を表し、信長から自筆の感状を賜った。この時、明智光秀の娘の玉(ガラシャ夫人)

 を妻とした。小牧の役で織田信雄を撃破し、天正13年(1585)従四位下侍従に任じ、羽柴の姓を授けら

れた。同15年九州に従軍、丹後宮津城11万石を領した。朝鮮征伐にも出動したが、関ヶ原戦後は家康

の元で豊前、豊後に領地を賜り、豊前宮津城に入って39万9000石を領した。

 

元和7年(1621)致仕して三斎宗立と号した。和歌、連歌、狂歌、画技、有識故実、その他広くの芸道に

通じた。中でも茶の湯は父の幽斎、利休に学び、利休流の奥義を究めた。利休の没後には、その長男

道安を助けて豊前で300石の知行を与え、また千家再興にもあずかって力があったので、利休七哲の

 一に数えられている。三斎流茶道の開祖とも見なされている。(茶道人名辞典より引用)

 

注目理由

右近の親友。マニラへ追放される右近が長崎から最後に手紙(と形見)をおくった人物。右近と親し

い大名達(蒲生氏郷、小西行長、黒田官兵衛ら)が右近に対して一目置いており彼に兄事するかの様

に付き合っているのに対し、細川忠興だけが気後れも引け目も感じず、常に軽口を叩いているので気

になった。でも、織田有楽斎や荒木村重の様に右近の潔癖さを嫌っているわけでもない。自分とは異

なる価値観があることを認め、理解した上で自分は選択していないと言う自己への自信がうかがえる。

調べようとすると、安土桃山期最高の文化人で稀代のマキャベリストの父「藤孝(幽斎)」や悲劇的な

死を遂げた美人の妻「お玉(ガラシャ)」の陰に隠れて、非常に資料の少ない人物。

資料が断片的であることもあるが、その言動が複雑でキャラが掴みきれない。彼に比べれば父や妻は

「知識人」という比較的現代人にもわかりやすい括弧でくくることが出きると思う。

 

 若い頃の信長に似てると賞されるほど戦場では苛烈。妹婿をおびき出して斬り殺すような謀略にも

手を染めるが、茶は利休がもっとも愛した弟子と言っていい。本能寺の変や関ヶ原のように妻を犠牲

にして、秀吉や家康のご機嫌を取るだけの人物かと思えば、処罰覚悟で死を待つのみの利休の見送り

に行くわ、徳川政権が固まってるのに黒田家と戦争を起こしそうになるわ・・。しかも、これが自己

の状況を理解した上で、確固たる「覚悟」をもって行われてるから凄ぇ、つーか、恐い。

この実力に裏付けされた捨て身の怖さが、家康をして外様大名の支柱と思わせた所以なのでしょう

 あとガラシャとの結婚生活や、子供らの粛正など波乱に満ちた家庭生活も謎ですねぇ。

 

戦国の世を生き抜き肥後細川52万石の基礎を築いた乱世の成功者。キャラが複雑なため、ちゃち

ビジネス書で言及されることは少ないが、こいつはかなーり面白そう。もう少し、調べてみますかね

 

参考文献

(1)江戸城の宮廷政治 山本博文 講談社文庫

「三斎」こと忠興と彼の跡取り「忠利(ガラシャの息子、三男)」との間に交わされた

手紙を元に江戸初期の幕府内情を生き生きと伝えた本。原文(読み下し文)の後に現代

語訳が付く構成で文庫本とはいえ信用できる作りになってます。

忠興は家康同様、城持ちだった戦国武将の気概を保っており、幕府に従順だが決して

卑屈には成らない 姿勢を高く評価されているようです。忠利は名君の誉れも高く、

「島原の乱」でも大活躍しますが、確かガラシャの手で「幼児洗礼」を受けていた気がします。だとす

ると、キリシタンも参加した農民一揆の鎮圧者として名を残したのは皮肉ですな。

 

(2)千利休 桑田忠親 中公新書

右近の所でも書きましたが、忠興も「利休七哲」と呼ばれる利休の高弟です。利休とは

非常に親しかったらしく、死の直前にも手紙を貰ってますし、大阪から追放される利休を

古田織部と二人だけで見送りに行ったりしてます。利休の手紙を見ても「羽与さま(羽柴

与一郎と名乗っていたから)」「越もじさま(越中守だから)」と常に「さま付け」で呼ば

れてますしね。忠興の利休に対する傾倒も尋常ではなく、彼の伝えた茶道流派「三斎流」

は利休の茶のスタイルをもっとも正確に伝えていたそうです。

 右近と異なり「茶道の達人」と言うイメージと、性格の激しさがマッチしないのですが、当時の茶人は

利休、右近、宗二、織部とどの人物を取っても相当激しい「絶対に譲れない一線」を持った人物ですか

ら、そういった人物でなければ戦国の時代にあって茶室の中に「絶対平和、絶対平等」の空間を作り出

すことは出来なかったのでしょう。高い自覚と命を捨てる覚悟があって始めて得られる共感と安息。

そのバックボーン自体に波頭を越えてやってきた当時の宣教師達の聖務との類似があるように思います。

 

(3)細川幽斎 桑田忠親 講談社学術文庫

忠興のパパで足利義昭を信長に推挙して中央政界に躍り出、その後秀吉、家康に仕えた

武将。足利12代将軍の落とし胤とも言われ、剣は塚原ト伝から皆伝を受け、強力無双に

して弓の名手。文化人としては当代最高で和歌は古今伝授の継承者。古今伝授は彼の手を

経て、近衛前久の息子「信尹」や孫の「後水尾天皇」に継承されます。礼儀作法に詳しく、

料理も上手、お茶は利休の兄弟弟子。しかし、なにより混迷の時代修羅場をすべてくぐり

抜けた稀代のマキャベリストとして有名。彼が担ぎ出し、最後に見捨てた将軍義昭は彼の異母弟ですから

見捨てる際には相当の覚悟が必要だったことでしょう。実際にこの時に姓を細川から長岡に変えてます。

忠興と異なり、怒りを内に秘めた外見は常に温厚な人物だったようですねぇ。

まぁ、若い頃は親の生き方に逆らうものですからねぇ。

 

(4)日本史 ルイス・フロイス 松田毅一、川崎桃太訳 中公文庫

この本では、料理に石かなにかが入っていたため、ガラシャがかばおうとした料理人を

忠興がいきなり首を刎ね、それを妻の膳部に据えて「これでも見ながら食え。」と言っ

たりします。妻が顔色も変えず食事を続けるので「お前は蛇のような女だな。」と吐き捨

てる忠興に対し、「あなたの様な鬼には蛇の女房が似合いです。」と言い返す、正気ではな

い夫婦の姿が描かれています。(-_-)ウムー

しかし、やっぱ忠興は家康による1614年のキリスト教禁令以前は、ガラシャの命日には盛大なミサを

催しているようで、ほんとこの両人の夫婦関係はよくわかんないッス。

わかんないのは、俺が独身だからか?(^^;

 

(5)細川ガラシャ夫人 三浦綾子 新潮文庫

この本での忠興の書かれ方は、「右近と比べると、激しやすく、お家第一と言った感が

あるが、その時代ではちょっと考えられないほど妻を愛してる人物」って所。結構良

い奴です。(4)の「日本史」での書かれ方だと相当夫婦仲悪そうなんですけど・・。

日本史を書いたフロイスにしてみたら「奥さんも弟も子供も熱心な信者なのに、

めちゃ迫害しやがってゆるせん!」って感が有るのかもね。(^^;

 まぁ、家を守るためにあれだけ溺愛していた女房すら殺してるんだから、キリシタン迫害くらい

 当然するよな。ちなみに「ガラシャ」って名前はピンときませんが英語で言う「グローリア(神の

恩寵)」のこと。グローリアなら女性の名前として今でも使われてますね。ドアーズも歌ってるし。(^^)

 

(6)朱なる十字架 永井路子 文春文庫

(5)と比べると、お玉と忠興の夫婦仲は「価値観」が根本的に異なっているため全然

良くなく、その中で「人を信じて生きるとなぜ深く傷つかねばならないのか。」という

哲学的な悩みを抱き続けて生きている風にガラシャを描いてます。

忠興は「武骨でお家が一番大事。妻に自意識が有るなど思いも寄らない男」って感じで、

男性が読むにはちと辛いッス。忠興がガラシャを監禁しているのも、彼女がキリシタン

であることを秀吉に知られないようにするためとしていますが、秀吉のキリスト教禁令がすぐに弱まっ

たことを考えると、史実と合わない気もします。まぁ、日本史をそのまま素直に受け取ると、こんな

夫婦関係になるのでしょうが、小説としての面白さが、(5)よりもスケールダウンした感は否めませんな。

 

(7)細川幽斎・忠興のすべて 米原正義 新人物往来社

細川一族についてまとめた、軽い読み物と研究書の境界線に位置する本。細川家の本の

例に漏れず、ほとんど幽斎の本と言っていい。ただ、珍しく忠興の茶に関して言及して

いる章があり、そこには自分の審美眼と美意識に絶対的な自信を持つ武将芸術家の姿を

見ることが出来る。この人ホント自信家だよねぇ。まぁ、経験に裏付けされてるから、

誰も文句は言えないけどね。

 

(8)阿部一族 森鴎外 角川文庫

 忠興の息子忠利の死後起こった、殉死を許されなかった一族の反抗と誅殺の悲劇を描く。鴎外の

代表的な歴史作品であり、小金井喜美子の発見以降、鴎外の息子達のエッセイを結構読んでいたので

中学生の時以来久しぶりに読んでみたッス。当時は教養の一環として無理矢理読んだ為、すんげぇ

つまんねぇと思ったんですが、久々に読んでみたらそーでも無く、結構おもしろい。テンポもキャラ

もいいですね。だだ、物語のクライマックスで阿部家の次男と戦う隣人が良い奴なんだか、単なる

バカなんだか判断に苦しむッス。(^^;

 

(9)魚雁集 細川護貞 思文閣出版 

肥後細川家に伝わる、信長、秀吉らの書状を細川元首相のパパが紹介する本。ガラシャ

の最後を看取った侍女の覚え書きや右近が忠興へ宛てた決別の書などが写真と現代語訳

付きで載っている。ガラシャの最後を記した覚え書きを読むと、夫婦の中は悪くなさそ

うですね。右近決別の書は本文を読むと、たしかに著者の言う通りあまりにも出来すぎ

ていて「偽書」ッぽい気もします。でも、右近のような徳川幕府に目を付けられている

人物の書をわざわざ偽造して保管するのも変だしなぁ。(/_/)) ?はてな

個人的には、秀吉の血判付きの書が伝わってるので、この血からDNAを取り出すことが出来れば

秀吉のクローンが作れる可能性があるんだなぁと思うと、ちょっと楽しいッス。(^^)

 

関連人物

高山右近 ・細川幽斎 ・千利休 ・蒲生氏郷 ・豊臣秀吉 ・山上宗二

 

戻る