堀 栄三(ほり えいぞう)

1913(大正2)..〜1995(平成7).6.

 

 1913(大正2)年生まれ。東京陸軍幼年学校、陸軍士官学校(46期)、陸軍大学校(56期)卒業。

1943(昭和18)年、大本営陸軍部参謀となり、第二部(情報部)のドイツ課、ソ連課、米英課に勤務して

情報任務に携わる。その間、在フィリピン第十四方面軍(山下奉文司令官)の情報主任参謀も務める。

敗戦後、54年に自衛隊に入隊。国外班長、駐独防衛駐在官、統幕第二室(情報室)室長など終始、情報

畑を歩き、67年に退官。大阪学院大学講師を務めたのち、郷里の奈良県西吉野村村長に選ばれ、村政

刷新に活躍中の95年に死去した。(大本営参謀の情報戦記 著者紹介より引用)

 

注目理由

 日本軍は米軍の本土上陸作戦の場所や日時について正確に予測していた。」とか言う話はたまに耳にし

ますが、マッカーサー率いる米軍の行動をぴたりと予測することから日本軍だけでなく戦後米軍からも

「マッカーサー参謀」と呼ばれた張本人がこの人。

 米軍の行動を行動の背後にある「思想」から考えることで、米軍の採る作戦内容を予測するだけでなく

 それに対抗する手段を提示し、一定の成果を得ます。「一定の」というのは戦争に負けたからだけでは

なく、堀氏等の進言した米軍の行動予測や戦闘法により、ペリリュー以降、フィリピン、硫黄島、沖縄と

日本軍の持久的戦闘に巻き込まれて予想以上の被害を被ったことが、米軍に原爆使用を踏みきらせた原因

となったからです。そう考えると、本土防衛の時間を稼ぐために、切り込みによる玉砕すら許されないと

いう過酷きわまりない状況の中で、国に住む家族のことを思い絶望的な戦いを続けた人たちの、その報わ

れなかった努力が悲しいですね。

 

ライオンズ伝には軍人が多いが、これは戦後教育では大学まで行っても前大戦の時代についてほとんど

教えてもらえないので、この時代について自分で調べた結果こうなりました。軍について語ることは戦後

教育最大のタブーなのです。でも、これって変ですよね。「避けて通る」のではなく「正面から見据えて、

反省として活かす」ことが、先の大戦に対する有るべきスタンスだと思います。

うちも母方の祖父が招集されて中国で戦病死したために、母と祖母はえらい貧乏して苦労したのですが

「なんでうちの爺さんが中国で死なないといけないわけ?」という問いに誰も答えてくれないのです。

でも、いざ調べようとすると何処から取りかかって良いかわからないと思うので、その際の参考にでも

なればとの思いもあります。

 

参考文献

(1)大東亜参謀の情報戦記 堀栄三 文春文庫

40年近く沈黙を守ってきた筆者によって書かれただけあって、実体験を元に率直に書か

れており、自己弁護や自己正当化、詭弁に満ちた他の戦記とは異なる読後感を持つ本。

日本軍(特に陸軍)が全く対米戦争の準備をせずに、アメリカとの全面戦争に突入していっ

た様子とか、原爆投下機(エノラ・ゲイ号)の追跡といった戦争秘話だけでなく、戦争指導

軍人と戦闘軍人といった考え方や、堀氏及び堀氏の尊敬する人物達の「いさぎよい生き方」

が胸に残る。あとがきに、堀氏のスタンスとして「他人を傷つけるようなことはしたくない。/ただ、自分

の体験をありのままに語りたい。/そのことで他人と論争になるかも知れないが、それはそれで仕方ない。」

とありますが、実際にはスラッシュで区切られた次の立場に移るまで、それぞれ、長い時間を必要とした

であろうことが本文からも感じられます。

 堀氏にこの本を執筆させるきっかけとなった保阪正康氏の解説も良いです。

 

(2)瀬島龍三 参謀の昭和史 保阪正康 文春文庫

元大本営作戦課の作戦参謀で大失敗に終わったレイテ島決戦作戦、「捷一号作戦」の作戦立案者。

堀氏の「台湾沖航空戦の大戦果は信用できない。」という現地からの電報を握りつぶしたのでは

ないかとされる人物。また、作戦失敗の責を得て関東軍に左遷されて満州で終戦を迎えた際、

秦中将と共に赴いたソ連との停戦交渉の条件に、残留軍人の強制労働が当初から織り込まれて

いたのではとの疑惑に対しても口を閉ざしています。この本で著者は瀬島氏に公人として歴史の

証言をすべきだと主張しています。このソ連軍との交渉への同行は、甘粕も死の直前に依頼されてますが、

自殺を理由に断ったやつです。捕虜をシベリアに送って開発の労働力に使うってのはピョートル大帝の頃から

の伝統ですから、抑留と強制労働の阻止は困難だったと思いますが、なぜその詳細について語ろうとしないの

でしょうかねぇ。(-_-)ウムー

戦後、伊藤忠に入り会社を繊維専門から総合商社へと発展させた立て役者と言われ、中曽根康弘のブレーン

して第二臨調や行革審の影のまとめ役などを歴任しています。政財界での評価は高いのですが、戦後の身の

処し方や歴史認識、折々の発言などを見ても、いろいろな意味で堀氏とは対照的な人物みたいですね。

2000年7月に伊藤忠の特別顧問から引退しました。

 

(3)アメリカ海兵隊 野中郁次郎 中公新書

太平洋で日本軍と白兵戦を繰り広げたのは米軍の中の「海兵隊」。陸、海軍の双方から邪魔者扱

いされながら、自らの存在意義を自らで作り上げ、結果を示すことでアメリカを代表するエリー

ト組織となった海兵隊の歴史について書かれた本。

特に海兵隊の存在意義を「強襲上陸部隊」と定義し、来るべき戦場を太平洋における日本軍と

の戦いと看破したうえで、その準備中に若くして亡くなった天才「アール・H・エリス少佐」が

凄い。米軍の行動の奥にある「思想」を推察し、次に打ってくる手を予測する仕事をしていた堀氏にとって、

彼こそが見えざる宿敵である。しかもこの非常に聡明だが鬱病でアルコール中毒患者という、一般的には駄目

人間の烙印を押されかねない少佐の才能を評価した上司も凄いな。

堀氏の本の内容を米軍側から見た形になっており、両者を比較しながら読むと興味深い。

また、戦争後期の日本軍を米軍が高く評価しているのがわかりますね。特に硫黄島の戦いは米国に留学し、

最後まで対米戦争に反対していた知将が、本土への米軍の上陸を1日でも遅らせるために、「われわれは敵

十人を倒さざれば死すとも死せず、我らは最後の一人となるともゲリラによって敵を悩まさん。」との覚悟

で臨んだ激戦ですが、我々はそんなことを全く教えられてません。今でも「海兵隊史上、最も過酷な作戦」

と位置づけ、アメリカ人の勇気を象徴する戦いとしている米国の歴史認識に対し、単に「無駄死に」としか

後世に伝えていない日本のあり方には、不満が残ります。

 

(4)最後の海軍大将 井上成美 宮野澄 文春文庫 

米内光政、山本五十六と共に三羽烏と謳われ、海軍良識派のブレーンとして協力して軍縮、

日米開戦回避に尽くした人物。山本亡き後は日本国民を救うべく米内海軍大臣と共に終戦

工作に奔走。しかし、「国体護持より国民の命を優先すべきだ。」という当時としては超ラ

ディカルな意見のため袂を分かって野に下り、世間に出ることなく近所の子供達に英語を

教えるだけして亡くなった人物。

キャラ的にもろ堀氏とかぶるが、昭和16年日米開戦直前の段階ですでにアメリカ海兵隊のエリス少佐の

考えを予見し、堀氏の打ち出した対策を含む建議を「新軍備計画論」と言う形で提出していた。航空兵

力の優位性を説いており、南太平洋戦線で日本軍が取るべき作戦要領として、なぜこれが採用されなかっ

たのか今の時点で見ると理解に苦しむが、海軍内に敵も多く採用される要素は少なかったのだろう。

まぁ、エリス少佐の意見を採り入れた海兵隊が凄いとも言えるか。

 

常に強硬派の軍人に命を狙われながらも、日米開戦を避けるべく奔走していただけに、誰も責任感のない

まま戦争に突入し、予想通り航空兵力と国力の差で負け、親友の山本他多くの人命を奪った戦争責任者へ

の怒りと、戦争を避け得なかった自己への無念さが、自分を生きながら墓に埋めたような戦後の困窮生

活に見ることが出来ます。大多数の無責任な時代迎合派の代表とでも言うべき陸軍の「石原完爾」より

2万倍くらい有能な人物です。もっともっと知られるべきですね。

 

関連人物

・瀬島龍三 ・山下奉文 ・D.マッカーサー ・井上成美

 

戻る