エミール・ド・ジラルダンEmile de Girardin

1806.6.21〜1881.4.23

 

1806年6月21日、陸軍大尉アレクサンドル・ド・ジラルダン伯爵と判事夫人との間の不義の子

としてパリに生まれる。存在を隠すために、施設や父の部下の家に預けられ暗い幼年時代を送る。

18歳でパリに出、20歳の時に書いた自伝的小説「エミール」が高い評価を受け、父から「ド・ジ

ラルダン」の姓を名乗る権利を獲得した。剽窃新聞、モード新聞、経済新聞、初の文庫書籍の発行

など出版界における革新的事業を次々と展開して若くして財を築き1831年ロマン派のミューズと

謳われたデルフィーヌ・ゲーと結婚。

1836年7月1日、広告を載せることで従来の半額を実現した新聞「プレス」を発行。新聞の発行

部数を飛躍的に増やし、活字の持つ影響力を増大させてジャーナリズムという新しい権力を作りだ

しただけでなく、広告により購買意欲を引き出し、売買によって大量に流通するようになった資金

が社会を動かすという「高度資本主義社会」の誕生を促した。また1834年、年齢を偽って28歳の

若さで国会議員になり政治家としても活躍。ナポレオンV世の治世下で一時亡命を余儀なくされたが、

1877年共和制か王政かを決める選挙では共和制擁護の陣頭に立ちフランスの共和制を守った。その

後、完全な言論の自由を守る法案の制定等に尽力し、1881年4月23日74歳で死去した。

 

注目理由

  インターネットの登場により「産業革命」とか「グーテンベルクの出版革命」以上の大事件とか

言ってる人が多いですが、情報「革命」の歴史をもう一回調べなおしましょう。「情報革命」と呼ぶ

ことの出来る最も最近の事件はジラルダンらによる「プレス」の発行とそれによるマスコミの誕生

です。ラジオやテレビ、インターネットですら、ジラルダンが作った「広告→新聞→消費者→広告→」

という、システムの上に乗っかっているだけですから。それ以前とは社会のシステム自体が変わって

しまってるのです。

 

  ジラルダン自身の先進性と実行力は、ちょっと凄すぎ。例えば、1848年の段階で彼の会社では8時

間労働(当時は13〜14時間が普通)、天引き貯金、社員共済、積極的な機械の導入による労働負荷の

軽減(輪転機も彼の注文による発明)、労災による有給有り、給与の遅滞無し、社員への利益還元有り

(当時は物価の上昇がほとんど無いので、昇給という考えが基本的に無かった)等々、うちの会社よ

り良いじゃん。しかも、その理由が「そっちの方がよく働くから。」と割り切ってるのがさらに凄い。

性格が慎重で人付き合いが悪いなうえ、あまりにも有能な経営者過ぎるので、理想家の面がほとんど

人に知られず、歴史的には悪徳経営者の代表のように言われてるようです。

個人的には危機には怯まず立ち向かう、心に理想を秘めた有能な経営者と非常に評価してます。

まぁ、こういう生き方も良いなぁと。

 

参考文献

(1)新聞王ジラルダン 鹿島茂著 ちくま文庫

ジャーナリズム(というかマスコミ)を発明した高度資本主義社会の先駆者として

ジラルダンを描いた作品。同年代を描いた著者の作品の中で、最も強い思い入れを

もって書かれており、「利にさとい理想主義者」という一見複雑なジラルダン像を、

複雑な時代背景にもかかわらずとてもわかりやすく提示している。とにかく作者が

深〜く感情移入して書いているので、テンポも良く非常に楽しい本に仕上がっている。

ジラルダンについてはこれ一冊読んどけばOK! b(^^)

 

(2)ジラルダン夫人の生涯 伊藤冬美著 TBSブリタニカ

ロマン派のミューズ、19世紀末の最大のサロン主催者、当時を代表する才女である

ジラルダン夫人デルフィーヌの伝記。ジラルダンとの関係がしっくりいってなかった

頃のラマルチーヌとの関係が「新聞王〜」ではあまり書かれていない箇所でしょうか。

夫人も19世紀末を「代表」する女性ではありますが、ジラルダンは時代を「象徴」

する大人物ですから、本自体のパワーがちと弱いのは否めません。二人の間に子供が

産まれていれば二人とももっと幸せになれていたのではという気もしますが、こればっかりはしゃー

ないね。

 

(3)エミール(上)(下) J.J.ルソー著 岩波文庫

ジラルダンの名前(エミール)の由来となった、ルソーの手に成る大ベストセラー教

育書。エミールってのは教師(ルソー)に教育される、この本の主人公の名前。

ジラルダンの祖父ルネ=ルイ・ド・ジラルダン侯爵は最晩年のルソーを保護し、遺

体を自分の領地の湖水に浮かぶ小島に葬ったほどの人であり、ジラルダン家にとって

「エミール」という名前は、非常に思い入れのこもった特別な名前です。この名前を

付けたところに、私生児である息子の将来を案じていた父のささやかな愛情がうかがえる気がします。

著者のルソーはこの本のおかげで、熱狂的に歓迎されたり、迫害を受けて放浪を余儀なくされてるの

ですが、さすがに古いこともあり、今読むと「それほどの本か?」って気がしますな。

 

(4)フランクリン自伝 B.フランクリン著 岩波文庫 

ジラルダンが「経営者、政治家、社会改革者」として心から尊敬していた人物。ジラル

ダンの事業モデルはフランクリンの事業を参考に、当時の情勢に会うように作り直した

物も多い。またフランクリン自身も新聞の発行で財をなした人物であり、ジラルダンの

政治への志向も彼の影響と考えることが出来る。日本では雷が電気であることを実験で

証明した科学者として有名だが、アメリカ独立戦争時に単身ヨーロッパに駐在し、孤立

無援の情勢から独立容認の気運を作り出した凄腕外交官としてもっと評価されるべき人物でしょう。

独立容認の気運はフランクリン個人が「事業家や科学者として成功したセルフメイドマン」という新

大陸を象徴する新しいタイプの人物として欧州の政治、社交の場で高く評価されていたことが、大きな

影響を与えたと言われています。

 

(5)スカラムーシュ サバチーニ著 創元推理文庫

貴族の不倫の私生児で、田舎の古城に預けられ親の愛を知らずに過ごした孤独で知的

な青年という、主人公の境遇がジラルダンと似ているため「新聞王〜」を読んでいる

ときに真っ先に思い出した本。当時は珍しくなかったって事ですかね。

作品の舞台はフランス革命直前。目の前で革命派の親友を貴族に殺された主人公が、

友人の意志を受け継ぐ事を誓い革命のために戦うといったお話。こう書くと硬派な感じ

ですけど、実際は「友情、決闘、恋、革命、赦し、愛」とたっぷり詰まった冒険活劇物で、個人的

にはデュマの「モンテ・クリスト伯(厳窟王)」に匹敵する位面白いと思ってます。これはほぼ最大級

の賛辞なんだよ。(^^)

とにかく主人公のキャラがお気に入り。是非とも読んでくれい

 

(6)ムッシュウ・寺山修司 九條今日子著 ちくま文庫

寺山の人生のパートナーである著者が寺山の思い出を書いた本。何でここで出るかと

いうと、おいらのお気に入りだからだけではなく、二人の関係がジラルダンとデルフィ

ーヌの関係に似てると思ってるから。結婚生活がうまくいってるとは言いがたいが、人

生に置いて必要不可欠な同志、戦友といったところか。寺山死後の九條さんの虚脱と

喪失感を思うと、デルフィーヌを失ったジラルダンの深い哀しみが垣間見える気する。

本自体は九條さんの明るく温かな人柄が文面に良く出ており、この種の本の中では最高位にランクす

る出来だと思う。はっきり言って寺山の本の中でこれより面白い作品はそんなに無い。ちなみに二人

の間にも子供はいない。読後感の非常によい作品である。

 

(7)ジャーナリズム性悪説 バルザック 鹿島茂 ちくま文庫 

何度も出版事業を興そうとしては失敗し、巨額の借金を抱え込むことになったバルザック

ジャーナリズムへの復讐として出した本。ジャーナリスト分類の最初の項『社長兼編

集長兼社主兼発行人』がジラルダンを揶揄するために書かれているが、他のやり玉に挙げ

られている人ほど酷く書かれてない。つき合いも古いし、それなりに認めていたって事か。

巻末の解説は相変わらずの鹿島節で面白いが、本文はめっちゃ面白い内容は言えず、バル

ザック研究の学生以外は読まなくても良い気がする。

 

(8)馬車が買いたい! 鹿島茂 白水社 

ナポレオンによる帝政以降にパリに出てきた青年たちの野望を、車体価格だけでなく御者、

厩務員、飼料等、今の自動車とは比較にならない維持費がかかる「馬車」を持つ身分に

なりたいと思っていたと看破した鹿島氏初期の名著。馬車を軸に当時の社会構成、生活、

習慣について多くのイラストと実生活者の視点で面々と綴っており、同時代の人物たち

意識構造を理解するには最適。何より「全編が注で出来ている本を作りたかった。」と

記しているように、膨大な量の薀蓄が注釈好きのおいらにはたまらない一品。馬車用語が現在の車やバ

イク用語に引き継がれてるのも興味深い。タンデム(バイクの二人乗り)って馬の並べ方なんですね。

馬と一緒かよ・・。(^^;

 

(9)デパートを発明した夫婦 鹿島茂 講談社現代新書 

産業革命の発達により大量の綿布が生産されるようになり、それまで常に仕立てていた「

が「既製品」として流通し始めた。また交通機関の発達により移動が容易になり、高い品を

お金持ちに少しだけ売る商業形態から「薄利多売」が可能な環境へ移行しつつあった。その

時代の流れを捉え、普段の生活では体験できない「ゴージャスな空間」の中で興味のある

商品を「タダで」楽しむことができ、ディスプレーと洗練されたスタッフによって購買意欲

をそそる、世界最初のデパート「ボン・マルシェ」を作った天才商人ブシコー夫妻の物語。「新聞王〜

情報革命と対を成す消費革命(必要な物を買うから、欲しい物を買う)の転機と、それまでの商店主

から大商店(企業)でそれ相応の地位を目指すという新たな商人のスタイルを作り上げた過程を、著者自

身が楽しんで描いている。デパートという小売だけではなく、「ディズニーランド」のような、純サービ

ス業、エンターテイメント産業の先駆けであり、現代に通じる示唆も多い。

 

関連人物

ルソー ・フランクリン ・ユーゴ ・バルザック ・デュマ ・サン=シモン ・ナポレオンIII世

 

 

戻る