円載(えんさい)

 

 

 密教の教典を得、その教義を「天台宗」に取り込むべく、最澄(伝教大師)の指示で唐に派遣された

留学生の一人。留学生中もっとも優秀で唐の高官等の知遇も得て密教を深く学んでいたが、845年皇帝

「武宗」による廃仏毀釈の法難に巻き込まれる。これは、仏寺4600カ所の破壊と、僧尼の還俗2万人

を勅令によって行ったもので、日本の明治期の廃仏毀釈運動より遙かにすさまじい物だったようだ。

 

この際に一時還俗したことで、天台宗の同輩後輩である円珍円仁(慈覚大師)等からは「転び者」扱い

されている。廃仏毀釈の騒動が落ち着いた後で僧に復帰し、高岳親王が唐に来たときには当時の皇帝に

拝謁する機会を設けるなど奔走している。円珍円仁はあまり評価していないが、入唐後20年を過ぎ

密教の知識もそれなりのレベルにあったと思われるが、高岳親王の要求を満足させるほどでは無かった

ようだ。

 

後に、それまでに集めた教典や仏具を持って日本に帰ろうとするが、嵐に巻き込まれて難破して溺死。

報われなかった努力という点で親王とかぶる所がある。

 

 以前は資料を持っていたのだか、捨てちゃったのでうろ覚えで書いてます。

あくまで参考程度に・・。大筋は間違ってないと思う。

 

(2002.11.10 一部修正)

 

高岳親王