奴隷狩り

 

戦争で捕虜となった日高見国住民は「俘虜、俘囚」と呼ばれ、売買されたり、村単位で国々に労働力

として送られたり、「柵」と呼ばれる前線基地周辺で開墾や労働を強制されるシステムになっていた。

 

ちなみに空海(幼名 佐伯真魚)の実家も讃岐に移された「蝦夷」を使役する立場にあった。

名字の由来は、蝦夷達が異なる言葉を用いるため内容がわからず、単に騒がしく聞こえることから

「さえぎ」→「佐伯」。

 

アテルイ