カウンティングホイール(回転計)

counting wheel

 

(a)において下部のころBは、ばねCの力でピン車の

2本のピンの間に割り込むから、ピン車は正しく1ピッ

チだけ送られる。つめFをもつてこGを1振動させると、

右側のピン車は1ピッチずつ送られる。また、カムE

BおよびFと衝突しない平面にあって、これが左隣りの

車のピン間にはさまると、隣りの車を1ピッチ進ませる。

イギリスの理学者カーベンディッシュ(Carvendish

発明で、軸の回転数を測る機械に応用される。図(b)

は上者の変形で、カムEの代わりに両者にまたがって掛

かるつめを用い、9から0に移る場合に、上位の車を1

ピッチ送る。

 

メカニズムの辞典 伊藤茂編 理工学社 より

 

                                                                      戻る