ジャン=ジャック・ルソーJean-Jacques Rousseau)

1731.10.10〜1810.2.24

 

注目理由

 名前は有名だが何をした人かはあまり知られてないか。フランスの民衆革命の時に、ソ連の社会主義

革命におけるマルクスと同じような役割、「革命を肯定し推進する理論を提唱した」人物と思っておけば

大方あってると思うよ。他にも育児、教育、恋愛とかについても語ってるけど、それはいいだろ。(^^)

 

  ルソーの政治思想はおいらなりに簡単に解釈すると「社会(or組織)という物はその構成員の幸福を

実現するために存在するのであり、そうでない社会(or組織)は打ち倒してかまわない。」って事かな。

 おいらももっともだと思うが、ルソーはこの考えのため、生涯にわたる迫害を受けます。告白の中盤以

降は、「吾輩は猫である」の猫の飼い主「珍野苦斜見先生」並の被害妄想のオンパレードだが、多かれ

少なかれ、これに類した嫌がらせはあったことでしょう。ルソー自身は、「自分が言ってることは正しい

のに何故迫害を受けるのか?」ってことが、当代随一の知性を持ちながら、理解出来ず苦しむのですが、

そうじゃなくて「あんたの言ってることは、いつどんな国でも支配階級からは迫害を受けるんだよ。

と教えてあげたくなります。本人もかなり後になって薄々わかったらしく、金持ちの食客を辞めて、

楽譜の筆写により細々と生計を立てることになるんだけどね。

 

おいらは、道徳の教科書乗っていた「告白」上巻の白眉「マリオンと銀色のリボン」で始めて知りま

した。何気なく盗んだリボンの出所を問いつめられたルソーが、以前から自分が好意を持っていた女中

のマリオンからもらったと答え、彼女に罪を着せてしまう話。このエピソードから中学生に何を考えさせ

るつもりだったのかは謎だが(笑)、好意を感じていたために、図らずもその女性に罪をかぶせることに

なってしまったことと、罪を認めて糾弾される事へのおそれから嘘を付いても恥じなかったことを、老年

に至った今も忘れず苦悩し続けている姿勢が気に入った。誰しもこれに類した経験があるんじゃないかな。

(俺だけ?)

 

んで、告白、散歩者、エミール、社会契約論、人間不平等起源論、学問芸術論などと読み進んでいっ

た訳だが、エミール以降はすべて途中で挫折。まぁ、ルソーは告白だけ読んどきゃぁ良いだろ。(^^;

 18世紀のアンダーグラウンドを代表する知性、自らで自らを作り上げた「セルフメイドマン」の代表

 者、フランス革命の理論的指導者など、彼を押さえると革命期のフランス史がわかりやすくなり、また

 楽しめることと思います。

 

参考文献

(1)告白(上)(中)(下) J.J.ルソー 岩波文庫

当時すでに世界的な著名人であったルソーによる赤裸々な人生の告白の書であり、これ

以降自叙伝というジャンルが確立することとなった記念碑的作品、という言い方もあるが、

個人的には「要領の悪い貧乏人の小せがれのサクセスストーリー」として捉えてます。

子供の頃手癖の悪いのをしばしば注意されるのだが「金持ってないんだからそらー盗るよ。」

と開き直ったり、将来に対する脳天気な自信(大抵失敗する)に、歴史上の人物を始めて

「同じ人間だな。」と感じることが出来ましたね。一応最後まで読んだけど、繰り返し読むのは上巻と中巻

の前半まで。「マリオン」の話や内縁の妻「テレーズ」との出会いのシーンなどを恋愛小説として楽しん

でます。中年期以降の苦悩や熟年の恋について共感できるようになるには、まだ若すぎるな。(^^;

ちなみにルソーは当初音楽家としてデビューします。我々の知ってる童謡「むすんでひらいて」が彼

のオペラ「村の占い師」の一部を編曲した物ですね。

 

(2) 老いたる散歩者の夢想 J.J.ルソー ちくま文庫

自分の考えが自分の生きている内に受け入れられることを諦めた老人による、愚痴と

過ぎ去った日々の美しい思い出を語った書。燃え尽きた後に残った諦念とその奥に潜む

激しい思いがいかにもルソーらしい。比較的暗い本だが、若い頃を思い出すときのいか

にも楽しそうな語り口が、せめてもの救いかな。

この年になっても、内縁の妻「テレーズ」を「家政婦」って読んでるのがちょっと謎。

この後大喧嘩があって、60を過ぎた時点で正式に結婚するんだけど、ルソーの結婚観はちょっと

ピンとこないッス。「僕」という若者が使う第一人称で翻訳されてるけど、慣れるとそんなに気になら

ないね。

 

(3) エミール J.J.ルソー 岩波文庫

ジラルダンの所でも書いたが、乳母の手に預けられて愛情をかけられることなく、虐待

を受けたり、ほったらかしにされていた、当時の育児の方法を否定し、産みの親が直に

子供を育てるという、現在の育児システムの基盤となった名著。なんだけど、「告白」か

ら読み始めたため、どうも読む気が起きない。だって「告白」中の最大の懺悔「実の子供

5人を、生まれたそばから次々と棄てた」って事を知ってるんだもん。いくら中身が良く

ても、説得力に欠けるよなぁ。もっとも最初に子供を棄てたのは貧困のためであり、後になっても、

あの迫害の中で子供を育てていくのはかなり困難だったとは思うけど、やっぱ棄てちゃ駄目だよな。

 

(4) ルソー 桑原武夫 岩波新書

岩波文庫版のルソー翻訳者による紹介書。まぁ、可もなく不可もなくといった感じの出来で、

ちょっち内容が薄いかなぁと・・。著者の桑原武夫は西堀栄三郎の所で出てきた京都グルー

プの中心メンバーの一人で、この人もたしか山を登るはず。この本の中で、ルソーをヨーロッ

パ人にトレッキングやハイキングの楽しさを始めて伝えた人物として捉えてるのが、いかにも

山好きらしいね。

 

関連人物

ジラルダン ・ロベスピエール ・フーシェ ・ディドロ ・ヴォルテール 

 

 

戻る