ジョン ミルトンJonh Milton)

1608.12.9〜1674.11.8(?)

 

1608年、裕福な公証人を父としてロンドンに生まれる。聖ポール学校を経てケンブリッジ大学

のクライスツ・カレッジへ進む。大学卒業後、定職につかず父の援助を受けてロンドンの郊外に

6年間隠棲。その間「コウマス」「リシダス」といった田園詩を作る。1638年から翌年にかけて、

ヨーロッパ各地を周り見聞を深める「グランドツアー」に出かける。この頃から母国語で「叙事

詩」を書こうと思い始める。同時期、イギリスでは国王チャールズ一世と議会の政治、宗教を巡

る抗争が激化。「清教徒革命」へと発展していく。

 

「マーストン・ムアの戦い」「ネーズビーの戦い」でニュー・モデル軍やクロムウェル率いる

「鉄騎兵」が活躍。議会軍は王党軍をうち破り、国王は議会軍により拘束された。国王はワイト

島に脱出した後、スコットランド軍の力を借りて、再び議会軍に戦いを挑むが敗北。軍の影響下

に特別法廷が開かれ、史上初めての国王に対する裁判が行われた。この裁判でチャールズ一世は

「専制君主にして反逆者」とされ、1649年1月30日に処刑された。この処刑を巡り、イギリス国

内は賛否両論が巻き起こったが、ミルトンは革命擁護の立場から国王処刑を正当とする「国王と

為政者の存在権」「偶像破壊者」を発表。この年、クロムウェルの外国語担当秘書官という共和国

公職に就き、外交文書を作成する傍ら、共和制擁護者として論争の最前線に立った。

 

 1652年頃、両目失明の悲劇に見舞われる。革命は独裁の感を強め、1653年クロムウェルは残存

議会を解散し、事実上の王として護国卿(プロテクター)政治を始める。1658年クロムウェルの

急死により、プロテクター政府は崩壊。ミルトンは「自由共和国樹立の要諦」を書き、君主制度

への反対を表明するが、1660年チャールズ二世が帰国して王政復古が成り、革命は無惨な失敗に

終わった。王政復古後、王党派の報復を受け一時身柄を拘束されるが、友人等の奔走もあり釈放

された。著書には焚書扱いになったものもあり、これ以来政治関係の冊子は公刊しなくなった。

 

 公職を退いた直後から約5年の歳月をかけて、母国語、口述による叙事詩「Paradise Lost」を

書き上げた。反逆の咎ゆえに麾下の堕天使の群と共に暗黒の淵に落とされたサタンは、自分たち

の代わりに作られた、楽園に住むアダムとイブを「罪」へと誘惑する。サタンの神への復讐行為

を通して、自由意志に付随する責任と誘惑への自制を聖書世界、ギリシャ神話といったヨーロッパ

文化の精華をちりばめ、華麗かつ激烈に歌い上げている。その後「Paradise Regaind(楽園の回

復)」、「Samson Agonistes(闘士サムソン)」の2作品で、聖書の「ヨブ記」に見られるような神

への信頼に基づく「忍耐」の重要性とそのもたらす栄光を書ききり、1674年65歳で没した。

 

注目理由

英文学史上に燦然と輝く大叙事詩「失楽園( Paradise lost)」の作者。

おいらは漫画の中に引用されていた平井氏訳によるサタンの独白

「さらば、希望よ!希望とともに恐怖よ、さらばだ!

さらば、悔恨よ!すべての善はわたしには失われてしまった。

悪よ、お前がわたしの善となるのだ!」

を見て「か、かっちょいぃ〜」と衝撃を受け、速攻本屋へダッシュ。

んで、岩波文庫版を読むと、これがまた「かっちょいぃ〜」。

原文も良いのだろうが、平井氏の訳が実に優雅で力強く奥行きがある。おいら日本語自体を

見直しちゃいましたよ、ホント。口に出して読むとさらにその良さがわかるよね(←バカ?)

それ以来、読むだけでなく失楽園ものを集めてたりするわけ。

 

また、映画「ブレードランナー」でロイ・バッティ役のルトガー・ハウアーが眼を作っている

技術者の部屋にはいるときに口ずさんでいるのが「失楽園」の詩句だと思うんだけど違うかな?

失楽園のここじゃないかなと思ってた箇所の原文とは違ったんだけど・・・。

原作の「アンドロイドは〜」と異なり、「ブレードランナー」ではロイを創造主に対し絶望的と

知りながらも立ち向かうという、失楽園のサタンに見立ててると思うんだけどなぁ。

 

ミルトンの本意とは異なるが、失楽園の上巻だけでも読んでサタンの激しい生き様を体験してくれ!

 

参考文献

(1)失楽園 ミルトン 平井正穂 岩波文庫

ミルトンのシンプルで力強い原文を平井氏が激情的で華麗な日本語で訳しきった名著。

その美しい言葉の奔流で、ともすれば堅くなりがちな古典を一気に読ませる。氏はこ

の訳で日本翻訳文化賞を取ってますが、当然だろって感じです。

作品は、自らの限界を自覚しながらも絶対者である神に『絶望的に挑む』サタンをまる

で英雄として、シェリーが言っているように、ギリシャ神話の「プロメテウス」のごと

く描いています。ミルトンの考えでは、「忍耐」を知らないサタンは真の英雄足り得ないのですが、失

楽園を読んだだけだとわからないのが、ちともどかしいですね。サタンが主人公である上巻に比べ、ア

ダムを主人公とする下巻の勢いが弱く、名文と呼ばれるのも上巻に集中してます。おいらも、上巻しか

読まないなぁ。(^^;

 

(2)ミルトン 新井明 清水書院

ミルトン研究家による、初心者へのミルトン紹介書。ミルトンの詩人としての成長過程や、

公人としての業績などもわかりやすく書かれてます。なにより、ミルトンの作品は「失楽

園」単品で考えるのではなく、それに続いて書かれた2作品「楽園の回復(復楽園)」「闘

士サムソン」の3部作として考えるべきと言う指摘は、失楽園の終わり方に対する物足り

なさを埋めてくれます。

3作を通して読むことで、「忍耐(神の摂理を信じ、事の結果は神に任し、激情はすべて静めて平静

に耐えること)」の重要性と勝利を歌い上げている訳ですね。この「忍耐」という徳を見つめることで、

ミルトンは、革命の失敗と失明という大きな痛手を乗り越えて、敵の多い現世を快活に生きることが出

来たのでしょう。でも、楽園の回復」も「闘士サムソン」もなかなか手に入らないんだよなぁ。( -o-).O

著者はミルトン研究家で平井氏の訳の前に「楽園の喪失」と言う題で日本語訳も出してます。書き下ろ

しのイラスト(銅版画)もあり、悪くはないんだけど、平井氏の訳に比べるとやや硬直な感じは否めな

いですね。

 

(3)クロムウェルと清教徒革命 今井宏 清水新書

ミルトンがその前半生のすべてを注ぎ込んだ「清教徒革命」の指導者クロムウェルと革命

の推移について書いた本。当初、高い志を持って始めた革命が、進行していくにつれて駄

目になっていくのが悲しい。革命の恩恵を高い階級(ここではジェントリと呼ばれる土地

所有者)で独占し、下部階級を弾圧、不満が高まると海外派兵をして、不満を外に向ける。

王を殺してまで得た「共和制」を解体し、議会を解散、軍の武力を背景とした独裁政府(プ

ロテクター政府)を発足させるものの、指導者クロムウェルの死によりすべてが瓦解し、王政復古が成

る、といった過程は革命の「悪い例」を見るようですな。これと比べると「フランス革命」すら、相当

マシに感じられます。

ミルトンについて理解を深めるには清教徒革命は避けて通れないので、わかり易いこの本はお薦めです。

 

(4)千年王国を目指した革命 岩井淳 講談社選書メチエ

清教徒革命の「宗教革命」的側面により注目して書いた本。もっともこの本だけ読むと、

革命の推移がさっぱりわからないので、(3)の本との併読をすすめる。本気で「神の王国」

を作ろうとしていた、「第5王国派」のメンバーが凄いね。個人的には、肉屋の倅という

低い地位に生まれながら、革命を通じ、軍隊の中で力を付けてクロムウェルの対抗者に

までのし上がった「第5王国派」の指導者の一人「トマス・ハリソン」がお気に入り。

彼は革命が潰えて王政復古が成った後、「国王殺し」として処刑されるときも、他の人の様に国外へ逃げ

出すこともせず、堂々と笑って死んでいったそうです。これも、なかなか出来ない生き方だね。

 

(5)ピューリタン 大木英夫 中公新書 

(3)の本が清教徒革命の成果を否定的に描いているのに対し、宗教革命から起こったピュー

リタニズムが民衆を中世の束縛から解き放ち、自由と平等の概念を作り出したと論じた本。

宗教改革時にルターがそれまで聖職者しか読めない「ラテン語」で書かれていた聖書を、

民衆の使う言葉(ここではドイツ語)に翻訳したことによって、教皇や神父を通さずに、

民衆が直接神の教えに触れることが可能になった。この階級に寄らず、神と直接に繋がって

いるという認識によって始めて「平等」と、教会によって支配された社会からの「自由」を自覚するに

至ったとする論考は鋭く、目から鱗もの。

中世から近世への変遷を示すだけでなく、日本人の自由や平等に対する認識のレベルをも指摘している。

久々に、「いやー、良いもの読んだ。」と感じさせてくれる本。ぜひ読め!絶対読め!

 これ読むなら、(4)とか読まなくて良い。(^^;

 

(6)失楽園もの 

 

関連人物

・クロムウェル ・ワシントン ・ロベスピエール ・ブレイク 

 

戻る