ヘンリー・キャベンディッシュHenly Cavendish)

1731.10.10〜1810.2.24

 

1731年10月10日、病弱だった母親が療養のために滞在していた、南フランスのニースで生まれる。

母親は彼が2歳の時に弟の出産時に死去。11歳でニューカム博士の学校に入学。1749年ケンブリ

ッジのピーターハウスカレッジに入学したが1753年に学位を取らずに退学。王立協会会員で科学に

造詣の深い父チャールズと生活を共にし、これより屋敷に籠もり終始研究に耽った。1760年王立協

会に入会し、1809年までに協会に全18本の論文を発表し高い評価を受けた。父の死後、イギリス王

室に次ぐほどの莫大な財産を継承したが、ほとんど人とつきあわず、自ら設計した高価な研究機器の

詰まった屋敷で密かに研究を続け、莫大な量の未発表原稿を残して1810年2月24日78歳で死去した。

 

1874年ヘンリーの財産を受け継いだジョージ・キャベンディッシュ卿の孫、第7代デヴォンシャー候

の寄付でケンブリッジ大学に実験物理学の研究所が作られた際に、ヘンリーの残した莫大な未発表原

稿は研究所初代所長ジェームス・クラーク・マクスウェルに託された。マクスウェルは研究所所長と

しての多忙な仕事の合間に、書き残したメモ類をすべて清書し正確に実験装置を制作して、ヘンリー

の行った実験を再現した。その成果は1879年「ヘンリー・キャベンディッシュ電気学論文集」として

発表され、ヘンリーの偉大と言うべき業績が明らかにされたが、マクスウェルはその論文集刊行から

数週間後の11月5日に息を引き取った。

 

注目理由

 多くの大発見(クーロンの法則、オームの法則、ゲイ=リュサックの法則、比熱、潜熱の発見、砒素

の発見等)を行っていながら全然発表しなかったという実に変わった人物。じゃぁ科学史に何の貢献も

してないかというとそうでもなく、一般的には「万有引力常数を実験により得た人」として中学、高校

で習いますね。あと電気、化学反応を利用して色々な気体を作りだし、当時すでに水の電気分解や再合

成なんかも行ってます。しかし、有名な万有引力常数の実験も彼自身は「地球の密度を測る」実験とし

て行ったのであり「万有引力常数」という概念は持っていなかったようですが。実験精度があまりにも

高いため、のちの人が常数を決める用途に使うことが出来たというわけ。

 

とにかく自分の楽しみのために研究を行っており、発表しなかったことについても「まぁ、そういう

人だから。」って感じで別に悪い印象は受けません。ここは、ガウスとかと違うところですね。発表して

たら、今頃何かの単位に名前が使われていたろうにと思いますから、ちともったいない気はします。

我々の生活にかかわっている物としては、車とかの機械式の距離計が彼の発明っぽいのですが、ちょっち

あやふや。(^^;

 

 また、彼の研究結果を世界に知らしめることになったマクスウェルは、研究メモの解読と追実験に、

亡くなる前の5年間を費やしています。科学史に偉大な功績を残した天才のリストがあるとすれば50

位以内には必ず入るほどの人物ですから、その期間を新たな研究に当てていれば、非常に大きな成果が

得られたと思うのですが、天才は天才を知るというか、キャベンディッシュの業績を埋もれたままに出

来なかったのでしょう。研究所のパトロンから頼まれた仕事とはいえ、「そこまでやらなくても・・。」

と誰もが思ったそうですから。また、彼の名を冠した「キャベンディッシュ研究所」はのちに所長とな

った「ラザフォード」の指揮の基で20世紀前半に核物理学や量子力学といった新しい分野を切り開き、

多くのノーベル賞科学者を輩出しています。

 

参考文献

(1)異貌の科学者 小山慶太 丸善ライブラリー

4人の個性的な天才科学者の列伝。キャベンディッシュは冒頭に登場し、作者の思い入れ

の高さが感じられる。ヘンリーの人嫌い(特に女性嫌い)は幼くして母を亡くしたことが

大きく影響している気がするが、これについてはあまり言及されていない。ちなみにヘン

リーの資産は当時の平均年収の1万倍以上だから今のお金にすると、数十億円から数百億

円と言ったところか。ビル・ゲイツに匹敵するがビルと違って経営に汲々することなく、

研究だけ出来たのだから彼なりに満足した人生だったのでしょう。あと第2章の「ケルヴィン卿」編に

でてくる「ジュール氏」が気になります。熱量の単位Jとして高校でも習うけど、彼は造り酒屋の息子

で正規の学校教育を受けてないんだね。クーラーの冷却原理「ジュール=トムソン効果」も彼の発見だ

から、クーラーの恩恵を受けている人は彼に感謝を捧げるようにしましょう。(^^)

著者は元物理学者で科学史の第一人者の作品でもあり、非常に読みやすく、専門的な内容もきちんと

「わかって」書いているので好感が持てます。しかし、ヘンリーの発表されなかった業績の凄さには

ホントあきれてしまいますね。

 

(2)道楽科学者列伝 小山慶太 中公新書

学問を最高の道楽として楽しんだ人物達の列伝。キャベンディッシュは第3章の「ラボア

ジェ」編にちょっとだけ登場。知識の快楽というのは他の快楽物質(ドラッグその他)と

違い耐性(最初と同量の刺激では同じ大きさの快楽が得られなくなる現象)が無く、知識が

増えるほど情報のリンク頻度が高まり、快楽が大きくなっていくわけですから、薬やるより

ずっと良いですね。作品として(1)の本と対になっているので、両方とも読むことをお薦め

します。第6章のウォルター・ロスチャイルド卿に興味を持たれたら、彼の弟子で「大東亜科学奇譚

にでてくる蜂須賀侯爵編を読みましょう!彼は日本を代表する道楽科学者で、谷崎潤一郎も彼にはぞっ

こんだったそうです。

 

(3)ケンブリッジの天才科学者達 小山慶太 新潮選書 

自分を含めて13人のノーベル賞受賞者を育てた、第4代所長アーネスト・ラザフォードと

彼を取り巻く若者達による、『キャベンディッシュ研の一番熱い日々』を描く。(1)の本の

続編として読むことも出来ますね。ニュージーランド移民二世として生まれ、奨学金を得て

イギリスへ留学。J.J.トムソンの知遇を得て核物理学をリードする『開拓者魂を持った科学

者』そして『綺羅星のごとき天才達を率いる優れた教育者』の姿が、彼らの居た時間と場所

の熱気を伴って描かれています。内容もあまり難しくないので、お薦めです。しかし、この人が奨学金を

貰えずにジャガイモ農家として暮らしてたら世界は今とずいぶん違った物になってたでしょうね〜。

 

(4)フォン・ノイマンの生涯 ノーマン・マクレイ 朝日選書 

キャベンディッシュと同様『万能の天才科学者』として、物理学、量子力学、数学、経済学、

気象学、コンピューター、原爆の基本設計、米国防衛構想に及ぶ広大なジャンルで、大きな

役割を果たした人物。数学によって複雑な現象を厳密にモデル化し、証明した物が多い。

友人でノーベル賞受賞者達に、自分の能力について酷いコンプレックスを感じさせたり、

「彼は自分たちとは頭の構造が違うから・・。」と匙を投げさせてたりする超天才。

でも社交的で人に好かれる人物だったらしい。ここは、ヘンリーとは違うね〜。

 (3)で書かれた次の時代の本なので、続けて読むと、核物理学の誕生から応用の歴史まで網羅できます。

 ちなみに、考え始めると周りのことを忘れて集中しちゃうので、車の運転はさせられない(新婚旅行でも

樹に正面衝突してる)ってのが、天才のエピソードぽくって笑える。(^^)

 

関連人物

・マックスウェル ・ラザフォード ・ガウス ・ジュール

 

 

戻る